©Ricky All Rights Reserved.

2019年5月26日、東京競馬場で東京優駿・日本ダービー(GⅠ/芝2400m)が行われる。JRAは開催に際し、出走馬と枠順を確定した。

今回は発表された出走馬と枠順・馬番の一覧を見ていく。また、過去のデータを振り返り、有利な枠や不利な枠の傾向を探っていこう。

果たしていい枠を引いたのは? 枠順に泣く有力馬はいるのか? 枠順発表の結果、浮上してくる穴馬とは?

なお、特別な注釈がない限り、データは過去10年のものとする。


2019年:日本ダービーの出走馬・枠順

1枠1番 ロジャーバローズ 牡3 / 57kg 浜中俊騎手 角居勝彦厩舎
1枠2番 ヴィント 牡3 / 57kg 竹之下智昭騎手 千田輝彦厩舎
2枠3番 エメラルファイト 牡3 / 57kg 石川裕紀人騎手 相沢郁厩舎
2枠4番 サトノルークス 牡3 / 57kg 池添謙一騎手 池江泰寿厩舎
3枠5番 マイネルサーパス 牡3 / 57kg 丹内祐次騎手 高木登厩舎
3枠6番 サートゥルナーリア 牡3 / 57kg D.レーン騎手 角居勝彦厩舎
4枠7番 ダノンキングリー 牡3 / 57kg 戸崎圭太騎手 萩原清厩舎
4枠8番 メイショウテンゲン 牡3 / 57kg 武豊騎手 池添兼雄厩舎
5枠9番 ニシノデイジー 牡3 / 57kg 勝浦正樹騎手 高木登厩舎
5枠10番 クラージュゲリエ 牡3 / 57kg 三浦皇成騎手 池江泰寿厩舎
6枠11番 レッドジェニアル 牡3 / 57kg 酒井学騎手 高橋義忠厩舎
6枠12番 アドマイヤジャスタ 牡3 / 57kg M.デムーロ騎手 須貝尚介厩舎
7枠13番 ヴェロックス 牡3 / 57kg 川田将雅騎手 中内田充正厩舎
7枠14番 ランフォザローゼス 牡3 / 57kg 福永祐一騎手 藤沢和雄厩舎
7枠15番 リオンリオン 牡3 / 57kg 横山武史騎手 松永幹夫厩舎
8枠16番 タガノディアマンテ 牡3 / 57kg 田辺裕信騎手 鮫島一歩厩舎
8枠17番 ナイママ 牡3 / 57kg 柴田大知騎手 武藤善則厩舎
8枠18番 シュヴァルツリーゼ 牡3 / 57kg 石橋脩騎手 堀宣行厩舎

過去の枠順傾向は?

1枠 ( 4- 2- 1-13/20 )
勝率 20.00% │ 単勝回収値 240
複勝率 35.00% │ 複勝回収値 117

2枠 ( 1- 1- 2-16/20 )
勝率 5.00% │ 単勝回収値 20
複勝率 20.00% │ 複勝回収値 125

3枠 ( 1- 0- 0-19/20 )
勝率 5.00% │ 単勝回収値 15
複勝率 5.00% │ 複勝回収値 7

4枠 ( 0- 2- 3-14/19 )
勝率 0.00% │ 単勝回収値 0
複勝率 26.30% │ 複勝回収値 254

5枠 ( 1- 1- 1-17/20 )
勝率 5.00% │ 単勝回収値 42
複勝率 15.00% │ 複勝回収値 58

6枠 ( 1- 3- 1-15/20 )
勝率 5.00% │ 単勝回収値 26
複勝率 25.00% │ 複勝回収値 80

7枠 ( 1- 1- 1-27/30 )
勝率 3.30% │ 単勝回収値 6
複勝率 10.00% │ 複勝回収値 23

8枠 ( 1- 0- 1-27/29 )
勝率 3.40% │ 単勝回収値 43
複勝率 6.90% │ 複勝回収値 19

2019年のレース展望

注目のサートゥルナーリアは3枠6番、ヴェロックスは7枠13番、ダノンキングリーは4枠7番に入った。

サートゥルナーリアにとって懸念点となり得た枠順だが、6番枠という絶好枠に入った。これで外枠という大きなリスクは回避したことになる。

日本ダービー2019の枠順確定へ!発表前徹底検証で導く好走ラインとは?

能力面や血統面の裏付けのあるサートゥルナーリアにとって、2冠への可能性がまた一歩近づいたと言えそうだ。

ダノンキングリーはサートゥルナーリアの隣。こちらも枠順は申し分ないと言えそうだ。

一方、ヴェロックスは3強の中では一番厳しい枠順を引いた。過去10年で7枠から好走したのは3頭のみ。7、8枠に入った有力馬の多くが期待を裏切っているだけに、ヴェロックスが苦境をはねのけられるか注目される。

なお、内枠有利が定説となっているダービーにおいて、今年1〜5番枠を引いたのはいずれも二桁人気が予想される馬たちだった。

この枠順がどんな結果とドラマを生むのか。世代の頂点を決める戦いは、着実に近づいてきている。

おすすめの記事