©Ricky All Rights Reserved.

2019年5月26日、東京競馬場で東京優駿・日本ダービー(GⅠ/芝2400m)が行われる。今回は過去のデータやレース傾向を振り返り、当レースの勝ち馬候補を予想していく。

レースを楽しむ上でも馬券を買う上でも、勝ち馬の予想は欠かせない要素だ。明らかな傾向や注目のデータから、主役候補を導き出していこう。

人気が想定されるサートゥルナーリア、ヴェロックス、ダノンキングリー、ランフォザローゼス、リオンリオンなどは過去の好走馬のデータと合致しているのだろうか?

なお、特に明記していない場合は過去10年のデータを対象とする。


日本ダービーの勝ち馬傾向

過去10年のデータを見ると、1番人気が3勝、2番人気が2勝、3番人気が3勝と上位人気が強い。

ではここからは注目のデータをピックアップして紹介していこう。

予想参考データ① 芝2000m以上で重賞勝ちの実績が必要

まず重賞実績に目を向けると、勝ち馬全10頭が重賞勝ち馬で、うち9頭が芝2000m以上の重賞を勝っていた。

予想参考データ② キャリア4~6戦が理想

キャリアは以下の通り。

キャリア3戦(0-0-0-4)
勝率 0.0% │ 連対率0.0% │ 複勝率0.0%

キャリア4戦(2-1-2-18)
勝率 8.3% │ 連対率12.5% │ 複勝率20.8%

キャリア5戦(4-5-2-27)
勝率 10.5% │ 連対率23.7% │ 複勝率28.9%

キャリア6戦(2-3-5-41)
勝率 3.9% │ 連対率9.8% │ 複勝率19.6%

キャリア7戦(1-0-1-31)
勝率 3.0% │ 連対率3.0% │ 複勝率6.1%

キャリア8戦(1-0-0-9)
勝率 10.0% │ 連対率10.0% │ 複勝率10.0%

キャリア9戦以上(0-1-0-17)
勝率 0.0% │ 連対率5.6% │ 複勝率5.6%

予想参考データ③ 皐月賞で5着以内か1番人気だった馬が中心

前走のクラス別成績は以下の通り。

オープン特別(0-0-2-9)
勝率 0.0% │ 連対率0.0% │ 複勝率18.2%

GⅢ(0-0-0-3)
勝率 0.0% │ 連対率0.0% │ 複勝率0.0%

GⅡ(1-3-4-41)
勝率 2.0% │ 連対率8.2% │ 複勝率16.3%

GⅠ(9-7-4-92)
勝率 8.0% │ 連対率14.3% │ 複勝率17.9%

また、前走着順は以下の通り。

前走1着(3-5-5-32)
勝率 6.7% │ 連対率17.8% │ 複勝率28.9%

前走2着(1-1-2-30)
勝率 2.9% │ 連対率5.9% │ 複勝率11.8%

前走3着(2-1-0-13)
勝率 12.5% │ 連対率18.8% │ 複勝率18.8%

前走4着(1-1-0-8)
勝率 10.0% │ 連対率20.0% │ 複勝率20.0%

前走5着(1-0-0-7)
勝率 12.5% │ 連対率12.5% │ 複勝率12.5%

前走6~9着(1-1-2-25)
勝率 3.4% │ 連対率6.9% │ 複勝率13.8%

前走10着以下(1-1-1-33)
勝率 2.8% │ 連対率5.6% │ 複勝率8.3%

勝ち馬10頭中9頭の前走が皐月賞。うち7頭がそこで5着以内、残る2頭は1番人気に支持されていた。

予想参考データ④ 東西ほぼ互角

美浦(3-2-5-45)
勝率 5.5% │ 連対率9.1% │ 複勝率18.2%

栗東(7-8-5-103)
勝率 5.7% │ 連対率12.2% │ 複勝率16.3%

2019年の主役候補は?

堂々の主役となるのはサートゥルナーリア。前走の皐月賞を1番人気で制し、4戦無敗。2冠制覇に向けて、死角らしい死角は見当たらない。気になる点を挙げるとすれば、ダミアン・レーン騎手がテン乗りになるということ。乗り替わりでのダービー制覇は史上わずか2例(1954年ゴールデンウエーブ、1985年シリウスシンボリ)しかない。

逆転候補の筆頭は、皐月賞3着のダノンキングリー。共同通信杯を含めて2戦2勝の東京に替わって前進が可能だ。

皐月賞5着のクラージュゲリエは、芝2000mの京都2歳Sを勝っている。今回もあまり人気はなさそうだが、一発の可能性を秘める。

皐月賞でハナ差の2着だったヴェロックスは、重賞未勝利という点で割り引きが必要。それでも、オープン特別2勝、GⅠ2着の実績があれば見劣りはしない。

別路線組では、京都新聞杯を制したレッドジェニアルが有力になる。

おすすめの記事