日本ダービー2018の競馬予想分析…飛躍へ?ブラストワンピースの3つの好材料


(C)n.hiroto

無敗のダービー馬か――。

2018年5月27日、東京競馬場で日本ダービー(GⅠ/芝2400m)が行われる。三冠の権利を持つエポカドーロ、万全を期するダノンプレミアム、皐月賞で巻き返しを誓うキタノコマンドール、ステルヴィオなども参戦を予定している。その中で皐月賞に目もくれず、ダービー一本でやってきたのがブラストワンピースだ。

ブラストワンピースの前走は毎日杯だったが、平均ペースで流れ、最後の3ハロンでは全く息が入らない厳しい流れながら2番手追走のブラストワンピースは最後の直線で抜け出すと、後続の馬たちを抑え込み、2馬身差をつける完勝だった。毎日杯から皐月賞というローテーションだと先日亡くなったテイエムオペラオーと同じだったが、最初からダービーを狙っており、それに向けた調整をしてきた。

元々体質的に使い詰めができないことを見越して、毎日杯からダービーというローテーションとなった。ここまで実は予定通りということだ。ダノンプレミアムとの勝負付けはすでに終わったようなムードも広がる中、伏兵ブラストワンピースがここで一発を狙う。


ポイント① ゆりかもめ賞の完勝劇

ゆりかもめ賞は日本ダービーと同じ舞台、芝2400メートルで行われる。2月の時期は長距離のレースが少ないため、完全に未知なる距離の中で行われる。そんな中、ブラストワンピースは稍重で2分27秒6、2着に4馬身差の圧勝という衝撃的なレースをしてみせた。

2分27秒6というタイムは稍重の中ではもちろん、良馬場でも好時計と言える。ブラストワンピースは中団やや後方でレースを進め、最後の直線に入ると、鞍上の池添謙一騎手が空いたスペースをスルスルと通っていき、残り200メートルで先団に追いつくと、一気に抜け出し、ラスト100メートルで2着以下を突き放した。

上がり3ハロンのタイムは34秒0だったが、2位のタイムが34秒9、3位が35秒2だったことを考えると次元の違う末脚を見せたことは言うまでもない。まさに完勝だった。少なくとも距離はこなせることは間違いなく、末脚の面でも心配はいらない。

ポイント② 毎日杯のレベルの高さ

ゆりかもめ賞の完勝を受けて、毎日杯では1番人気に支持された。結論から言えば2着に2馬身差の余裕の勝利だったが、2番手からぴったり内ラチを走り、直線に出た段階で内から抜け出し、あとは多少追い出して加速し他の馬を寄せ付けなかった。

タイムがこちらも優秀で、勝ちタイムは1分46秒5だった。これは前年の勝ち馬であり皐月賞を制したアルアインと同タイムだ。2007年から芝1800メートルの外回りで行われているが、これよりも速かったのが2頭おり、それがディープスカイとキズナである。ご存知の通り、2頭とも日本ダービーを制している。

もっと言えば、キズナは13頭立て、ディープスカイは14頭立てとペースが速くなりやすい要素があるが、アルアインは8頭立て、今年の毎日杯は10頭立てと少頭数だった。少頭数でもそれなりのタイムで駆け抜けたというのはレベルとしては高いと言える。3戦ともに中身が濃いが、クラシックを制覇した馬と同レベルにある可能性があり、外せない部分だ。

ポイント③ 池添謙一騎手のアシスト

池添謙一騎手と言えば栗東所属のイメージだが、今年の1月から美浦で調教を行うなど、一時期拠点が美浦になっていた。そのため、今年は美浦所属の馬に多く乗る機会がある。今回騎乗するブラストワンピースを管理するのは大竹正博調教師だが、調教でも大竹厩舎のサポートを行っていた。

池添騎手はオルフェーヴルで日本ダービーを勝ち、三冠ジョッキーにもなっている。何といっても大舞台での腹の括り方は外国人騎手顔負けであり、ここまでにGⅠは23勝している。この数字は歴代の騎手の中でも7番目の成績だ。大舞台で勝ち切れない騎手は多くいるが、大舞台で勝ち切る騎手は貴重だ。その1人が池添騎手だ。

勝ち方を分かっているだけでなく、こう乗ると決めたらその通りに乗る胆力がある。ブラストワンピースとはすべてのレースでコンビを組んできた。この馬の強さを分かっている池添騎手が勝たせる可能性は十分にある。

まとめ

異色のローテと言われ、毎日杯からダービーという過程に疑問を持つ人が多い。しかし、これまでの勝ち方やゆりかもめ賞を勝利した時点でこのローテで行くと決めた陣営の思い切りの良さなどを見れば、あくまでも想定内であることは言うまでもない。

スケールの大きい勝ち方をし、それでいて一線級の馬との対戦がない。これはダノンプレミアムという抜けた馬がいる中では逆転候補の一頭として注目しなくてはならない。皐月賞があまりに特殊だっただけに勝ち馬や上位馬をそのまま支持するかは微妙だが、少なくとも数頭からマークをされるようなことにはならないだろう。無敗のダービー馬が美浦から出るとなれば、1984年のシンボリルドルフ以来となる。34年ぶりに美浦から無敗のダービー馬が登場するか。そのあたりにも注目だ。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る