日本ダービー2017の予想データ分析…2つの好走血統と不振種牡馬とは?


今週は東京競馬場で牡馬クラシック第2戦の東京優駿・日本ダービー(GI/芝2400m)が行われる。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

なお、好走血統は過去10年、コース種牡馬成績は2014年以降(精度を高めるために1、2番人気の人気馬、および単勝100倍以上の人気薄、新馬戦、長期休み明けなどの不確定要素が多いレース=血統意外の要因で決着した可能性が高いレースは、集計から除外)を参考に考察していく。


過去10年好走馬血統

着順種牡馬母父馬
ディープインパクトフレンチデピュティ
ディープインパクトOrpen
ディープインパクトブライアンズタイム
キングカメハメハサンデーサイレンス
ディープインパクトIntikhab
MarjuRossini
ハーツクライタイキシャトル
フジキセキCozzene
ブラックタイドグラスワンダー
ディープインパクトStorm Cat
シンボリクリスエススペシャルウィーク
Big BrownPure Prize
ディープインパクトLoup Sauvage
ステイゴールドDanehill
ディープインパクトノーザンテースト
ステイゴールドメジロマックイーン
ハーツクライStorm Bird
キングカメハメハサンデーサイレンス
King’s BestPlatini
キングカメハメハサンデーサイレンス
ネオユニヴァースMachiavellian
ネオユニヴァースCape Cross
スペシャルウィークSeattle Slew
マンハッタンカフェKingmambo
アグネスタキオンChief’s Crown
タニノギムレットサンデーサイレンス
クロフネウイニングチケット
タニノギムレットルション
ホワイトマズルサンデーサイレンス
アグネスタキオンCaerleon

集計期間:2007. 5.27 ~ 2016. 5.29

解説・分析:注目血統は?

近年の日本ダービーの注目血統を挙げるとするなら……

・ディープインパクト産駒
・ノーザンダンサー系
・特にダンジグ系

この3つだろう。ディープインパクト産駒は2012年以来、1年を除く全ての年で馬券に絡んでいる。勝ち星も最多の3勝。THEクラシック血統だけあって、ダービーの舞台で無類の強さを発揮しているわけだ。

そして見逃せないのがノーザンダンサー系、特にダンジグである。

もともとこの血脈はダービーと関わりが深い。底力が問われるレースであるため、底力が豊富なノーザンダンサー系との相性が抜群なのだ。


中でも注目されるのがダンジグ系だろう。2008、2009年は母父ダンジグ系のディープスカイとロジユニヴァースが連覇を成し遂げたし、昨年のサトノダイヤモンドも母系にダンジグの血が流れていた。

そして何といっても今年のオークスは1着のソウルスターリングから4着のディアドラまで、すべての馬が3代以内にダンジグのラインを持っていた。

1着 ソウルスターリング 父母父デインヒル(ダンジグ系)
2着 モズカッチャン 父ハービンジャー(ダンジグ系)
3着 アドマイヤミヤビ 母母父デインヒル
4着 ディアドラ 父ハービンジャー

今年も見逃すことのできない血統と言えそうだ。

コース種牡馬別集計

種牡馬着別度数
ディープインパクト7- 3- 6-43/59
ハーツクライ5- 4- 6-28/43
ステイゴールド3- 4- 4-50/61
ハービンジャー2- 1- 2-23/28
キングカメハメハ2- 0- 1-25/28
マンハッタンカフェ0- 2- 2-19/23
New Approach0- 1- 0- 0/ 1
スクリーンヒーロー0- 0- 0- 4/ 4
ルーラーシップ0- 0- 0- 1/ 1
ディープスカイ0- 0- 0- 1/ 1
種牡馬勝率複勝率単回値複回値
ディープインパクト11.9%27.1%11678
ハーツクライ11.6%34.9%11193
ステイゴールド4.9%18.0%3838
ハービンジャー7.1%17.9%5843
キングカメハメハ7.1%10.7%4420
マンハッタンカフェ0.0%17.4%048
New Approach0.0%100.0%0210
スクリーンヒーロー0.0%0.0%00
ルーラーシップ0.0%0.0%00
ディープスカイ0.0%0.0%00

集計期間:2014. 2. 1 ~ 2017. 5.21

解説・分析:注目種牡馬は?

最も注目されるのはハーツクライ産駒だろう。

オークスでは不発だったものの、それでもアドマイヤミヤビが3着に食い込んできた。

1、2番人気を集計に含めていないにも関わらず、複勝率は34%にのぼる。単勝回収値は100を超えていて、得意さがうかがえる。

もともとハーツクライはJRAの種牡馬の中で屈指のスタミナを誇っている。そして競走馬時代の自身がダービーで上がり最速を叩き出したように、瞬発力も兼ね揃えた馬だ。「瞬発力が問われる長丁場」という舞台設定が一番得意なため、ここで強調できるわけである。

ダービーでは2011年にウインバリアシオンが大穴をあけ、2014年にワンアンドオンリーが栄光を手にしている。今年も注目されるところだ。


ディープインパクト産駒も悪くない。特に勝ち切る傾向にあり、単勝回収値の高さは特筆すべきところだ。

一方、ステイゴールドやキングカメハメハ、マンハッタンカフェ産駒あたりは苦戦を強いられている。

なお、以下が今回出走するメンバーの血統だ。考察を参考に、どの馬が当てはまるのか考えてみよう。

出走馬血統

アドミラブル
ディープインパクト
系統ディープ系
スカーレット
母父シンボリクリスエス
系統ロベルト系
アメリカズカップ
マンハッタンカフェ
系統サンデー系
ベガスナイト
母父Coronado’s Quest
系統ミスプロ系
アルアイン
ディープインパクト
系統ディープ系
ドバイマジェスティ
母父Essence of Dubai
系統ボールドL系
ウインブライト
ステイゴールド
系統サンデー系
サマーエタニティ
母父アドマイヤコジーン
系統グレイS系
カデナ
ディープインパクト
系統ディープ系
フレンチリヴィエラ
母父French Deputy
系統ヴァイス系
キョウヘイ
リーチザクラウン
系統サンデー系
ショウナンアネーロ
母父ダンスインザダーク
系統サンデー系
クリンチャー
ディープスカイ
系統サンデー系
ザフェイツ
母父ブライアンズタイム
系統ロベルト系
サトノアーサー
ディープインパクト
系統ディープ系
キングスローズ
母父Redoute’s Choice
系統ダンジグ系
サトノクロニクル
ハーツクライ
系統サンデー系
トゥーピー
母父Intikhab
系統ロベルト系
ジョーストリクトリ
ジョーカプチーノ
系統サンデー系
ジョーアラマート
母父キングヘイロー
系統リファール系
スワーヴリチャード
ハーツクライ
系統サンデー系
ピラミマ
母父Unbridled’s Song
系統ミスプロ系
ダイワキャグニー
キングカメハメハ
系統キングM系
トリプレックス
母父サンデーサイレンス
系統サンデー系
ダンビュライト
ルーラーシップ
系統キングM系
タンザナイト
母父サンデーサイレンス
系統サンデー系
トラスト
スクリーンヒーロー
系統ロベルト系
グローリサンディ
母父エイシンサンディ
系統サンデー系
ベストアプローチ
New Approach
系統サドラーズ系
Sant Elena
母父Efisio
系統ハンプトン系
ペルシアンナイト
ハービンジャー
系統ダンジグ系
オリエントチャーム
母父サンデーサイレンス
系統サンデー系
マイスタイル
ハーツクライ
系統サンデー系
ファーストナイナー
母父フォーティナイナー
系統ミスプロ系
マイネルスフェーン
ステイゴールド
系統サンデー系
マイネジャーダ
母父Jade Robbery
系統ミスプロ系
レイデオロ
キングカメハメハ
系統キングM系
ラドラーダ
母父シンボリクリスエス
系統ロベルト系

この著者の最新の記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る