(C)MAZIMICKEY

2017年11月26日、東京競馬場でジャパンカップ(GI/芝2400m)が行われる。

キタサンブラック、レイデオロ、サトノクラウン、シュヴァルグランらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

以下が出走予定馬と、週中時点での予想オッズの傾向、そして過去のジャパンカップ馬の一覧だ。


日程・概要

2017年11月26日(日) 5回東京8日目 19頭 [仮想出馬表] 【11R】  第37回ジャパンカップ
3歳以上・オープン・G1(定量)(国際)(指定) 芝2400m (C)

出走予定馬・登録馬

最も注目されるのがキタサンブラックだ。GI6勝の現役最強馬。2走前の宝塚記念ではよもやの惨敗を喫したが、前走の天皇賞秋では不良馬場をもろともしない圧巻のパフォーマンスで復活を果たした。年内の引退を表明しているため、現役生活は残り2走のみ。昨年制しているジャパンカップでどんな走りを見せるのか、注目される。

そしてキタサンブラックと双璧をなすのが、今年のダービー馬レイデオロだ。藤沢和雄調教師の悲願を成し遂げた3歳馬は、秋初戦の神戸新聞杯でも強さを示した。今年の3歳牡馬世代はレベルが疑問視されているが、その中で頭一つ抜けた存在であることは間違いない。ダービー馬が世代の意地を示すことができるのか。

他にも宝塚記念を制し、天皇賞秋でもキタサンブラックに肉薄したサトノクラウン、天皇賞秋6着からの巻き返しを狙うオークス馬ソウルスターリング、昨年のダービー馬マカヒキ、そして悲願のGI初制覇を目指す昨年の3着馬シュヴァルグランらが出走する。

登録馬は以下のとおりだ。

アイダホ 牡 4
イキートス 牡 5 [外] グリュー
キタサンブラック 牡 5 (栗) 清水久詞
ギニョール 牡 5
サウンズオブアース 牡 6 (栗) 藤岡健一
サトノクラウン 牡 5 (美) 堀宣行
シャケトラ 牡 4 (栗) 角居勝彦
シュヴァルグラン 牡 5 (栗) 友道康夫
ソウルスターリング 牝 3 (美) 藤沢和雄
タンタアレグリア 牡 5 (美) 国枝栄
ディサイファ 牡 8 (美) 小島太
トーセンバジル 牡 5 (栗) 藤原英昭
ブームタイム 牡 6
マカヒキ 牡 4 (栗) 友道康夫
ヤマカツエース 牡 5 (栗) 池添兼雄
ラストインパクト 牡 7 (栗) 角居勝彦
レイデオロ 牡 3 (美) 藤沢和雄
レインボーライン 牡 4 (栗) 浅見秀一
ワンアンドオンリー 牡 6 (栗) 橋口慎介

想定人気・予想オッズ

1 キタサンブラック 1.8
2 レイデオロ 2.7
3 サトノクラウン 6
4 ソウルスターリング 10.4
5 シュヴァルグラン 11.1
6 マカヒキ 12.1
7 レインボーライン 30.9
8 シャケトラ 38.4
9 サウンズオブアース 45.4
10 アイダホ 57.9
11 ギニョール 89.9
12 ヤマカツエース 100.4
13 イキートス 141
14 トーセンバジル 147.7
15 タンタアレグリア 223.5
16 ラストインパクト 337.9
17 ワンアンドオンリー 373.6
18 ブームタイム 624.1
19 ディサイファ 860.7

過去のジャパンカップ馬たち

2016.11.27 キタサンブラック
2015.11.29 ショウナンパンドラ
2014.11.30 エピファネイア
2013.11.24 ジェンティルドンナ
2012.11.25 ジェンティルドンナ
2011.11.27 ブエナビスタ
2010.11.28 ローズキングダム
2009.11.29 ウオッカ
2008.11.30 スクリーンヒーロー
2007.11.25 アドマイヤムーン

おすすめの記事