(C)yusukekeiba

2018年12月28日、中山競馬場でホープフルステークス(GⅠ/芝2000m)が行われる。

ヴァンドギャルドはデビュー戦で1番人気に応えて初陣を飾ると、続く東京スポーツ杯2歳Sで勝ったニシノデイジーからタイム差なしの3着と好走。非凡な能力を示している。

GⅠに昇格した昨年にタイムフライヤーで勝ったクリスチャン・デムーロ騎手を背に、戴冠を果たすか。優勝へのポイントを探っていく。


ポイント① コーナー4回のコース

過去の2戦はいずれもワンターンのコースで、中団で脚を溜めて決め手を生かす競馬をしていた。今回の舞台はコーナー4回のコースとなって、レースセンスや器用さが求められるようになるだけに、対応できるかがカギになる。

また、デビュー戦から1Fの距離延長となった前走は、道中で力んで走るシーンが見られた。今回はさらに1Fの延長となるだけに、道中でいかにスムーズに走れるかがポイントになる。連続騎乗となるC・デムーロ騎手がどのような戦略を立てるか注目される。

ポイント② 厩舎の2歳戦成績

今年、年明けからリーディングを快走している藤原英昭厩舎は、JRA重賞を49勝しているが、2歳重賞は【0・2・3・17】と未勝利。6歳以降にGⅠを3勝したストレイトガールなど、馬が若い頃には決して無理をさせず、成長に合わせてじっくりと育てていくことが多い。

陣営が「まだトモの緩い面がある」と話し、前走のパドックでは2人引きでうるさい面を見せるなど、心身ともに完成にはまだまだ遠い現状。厩舎の育成方針からも、ここでハードに仕上げて勝ちにいくとは考えづらい。

ポイント③ 中山の重い馬場

先週の有馬記念は、メンバー中で最重量の馬体重534kgだったブラストワンピースが優勝。当時は稍重の馬場も影響したが、厳冬期の中山らしく、開催を経るにつれて力の要る馬場状態になってきている。

ヴァンドギャルドは前走時が460kgと、有力馬に大型馬が多いメンバーの中にあっては比較的小柄だ。初戦で重馬場をこなしているが、馬体や走りを見ても決してパワー型ではないだろう。馬体重500kgを超える大型馬のアドマイヤジャスタや、ブラストワンピースと同じハービンジャー産駒のニシノデイジーなどと比べると、少々分が悪いかも知れない。

まとめ

所属は今年リーディングを快走中の藤原英厩舎、父は7年連続のリーディングが確実なディープインパクト。エリートのヴァンドギャルドが、2018年の最後を締め括るか。

おすすめの記事