(C)MAZIMICKEY

2018年12月9日、シャティン競馬場で香港マイル(GⅠ/芝1600m)が行われる。ヴィブロス、ビューティオンリー、モズアスコット、ペルシアンナイト、ビューティジェネレーションらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

当コーナーでは、過去のデータやレース傾向から勝ち馬を導き出していく。なお、特に明記していない場合、過去10年を対象とする。


データ① 実績

勝ち馬10頭中8頭がシャティン芝1600mの重賞を勝っていた。

データ② 前走

地元のステップレースであるジョッキークラブマイル(前身の国際マイルトライアルを含む)から参戦した馬が8勝と圧倒的。残る2頭の前走は日本のマイルGⅠだった。

データ③ 年齢

5歳が4勝2着5回で、勝率、連対率ともに世代別で見てトップ。勝利数では、6歳が3勝で続く。

データ④ 所属

香港馬が9勝と圧倒的。2、3着馬を見ても、3着以内に入った30頭中25頭が香港馬。

日本馬は【1・0・1・14】。優勝したのは、同年の安田記念とマイルチャンピオンシップを制したモーリス(2015年)。

データ⑤ 人気

1番人気【1・3・2・4】
2番人気【4・1・1・4】

昨年は4番人気、11番人気で決着するなど、香港国際競走4レースの中でも最も波乱傾向が強い。

結論

連覇を狙う香港のビューティージェネレーションが不動の中心になる。昨年のこのレースからGⅠを3勝し、2017/2018シーズンの香港年度代表馬に輝いた。今シーズンも負けなしの重賞3連勝で、最重要ステップであるジョッキークラブマイルを制覇。実績、臨戦過程ともに申し分ない。

ジョッキークラブマイルで2着だったサザンレジェンドは、シンガポールGⅠクランジマイルの優勝馬で、シャティン芝1600mでもクラス1のレースを勝ち、今年のチャンピオンズマイルで3着と実績がある。

ジョッキークラブマイル3着のビューティーオンリーは、一昨年のこのレースの覇者。シャティン芝1600mでは、香港ローカルGⅠを含めると重賞5勝を挙げており、実績は上位だ。7歳となった今年も、その底力は侮れない。

日本馬の3頭は、マイルGⅠ勝ちの実績があるペルシアンナイトモズアスコット、海外でドバイターフを勝っているヴィブロスと、いずれも実績は引けを取らない。チャンスは十分にある。

他の国では、仏GⅠフォレ賞を勝っているイギリスのワンマスターが期待できそうだが、香港勢、日本勢と比べると分が悪い。

おすすめの記事