阪神カップ2017の競馬予想分析…過去の血統と種牡馬、明確な共通点とは?


(C)arima0208

2017年12月23日、阪神競馬場で阪神カップ(GII/芝内回り1400m)が行われる。サングレーザー、イスラボニータ、レーヌミノル、モズアスコット、シャイニングレイらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

なお、好走血統は過去10年、コース種牡馬成績は2014年以降(精度を高めるために1、2番人気の人気馬、および単勝100倍以上の人気薄、新馬戦、長期休み明けなどの不確定要素が多いレース=血統意外の要因で決着した可能性が高いレースは、集計から除外)を参考に考察していく。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
7キンシャサノキセキKingmambo
2フジキセキCozzene
5ディープインパクトDanehill
3フジキセキBig Shuffle
5アルデバラン2サンデーサイレンス
1サクラバクシンオーKingmambo
8ディープインパクトMeadowlake
3ダイワメジャートニービン
5ダイワメジャーLaw Society
8ディープインパクトMeadowlake
10マンハッタンカフェジェネラス
7ダンスインザダークダンシングブレーヴ
3シンボリクリスエスCrafty Prospector
14マンハッタンカフェジェネラス
2ディープインパクトO’Reilly
4シンボリクリスエスCrafty Prospector
5サクラバクシンオーサンデーサイレンス
13デュランダルトニービン
2Fuji KisekiPleasant Colony
5タイキシャトルStorm Cat
15スターオブコジーンBe My Guest
1Fuji KisekiPleasant Colony
7アドマイヤベガターゴワイス
11シンボリクリスエスCrafty Prospector
8ダンスインザダークMiswaki
1KingmamboSunday Silence
7サクラバクシンオーBering
1サンデーサイレンスFairy King
10ダンスインザダークPeterhof
5アドマイヤベガTopsider

集計期間:2007.12.16 ~ 2016.12.24

解説・分析:注目血統は?

フジキセキ、キンシャサノキセキ、ダイワメジャー、そしてデュランダルといったサンデーサイレンス系の短距離血統の台頭が目立つ。

ただし、面白いのはほとんどの好走馬が短距離に特化した戦績ではなかったという点だ。

例えばイスラボニータは御存知の通り、皐月賞馬だ。ロサギガンティアはスプリングステークスの、コパノリチャードはアーリントンカップの勝ち馬。ダイワマッジョーレはマイルチャンピオンシップの2着馬である。

阪神の芝はタフであり、12月末の開催ならなおさら厳しい環境で行われる。このため、短距離に特化しすぎている馬に関しては、スタミナ不足で台頭できないのだ。

一方、見逃してはならないのがディープインパクトやマンハッタンカフェ、そしてシンボリクリスエスといった中長距離血統の産駒が台頭しているということ。

彼らに関してはスタミナの裏付けがあるため、短距離血統とは反対にスピードの裏付けがほしい。実際、多くの馬が1400m以下での実績があった。リアルインパクトは京王杯2歳ステークスの2着馬、ガルボとサンカルロに関しては短距離実績が豊富だった。

つまり……

・短距離血統の場合はスタミナの裏付けとなるマイル以上での実績
・中長距離血統の場合はスピードの裏付けとなる短距離実績

これが求められてくると言っていいだろう。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数
ダイワメジャー6- 5- 8-70/89
ディープインパクト6- 5- 4-58/73
アドマイヤムーン4- 4- 7-43/58
ステイゴールド4- 3- 5-27/39
ハーツクライ1- 2- 4-19/26
フジキセキ1- 2- 1-27/31
サクラバクシンオー1- 1- 2-15/19
キンシャサノキセキ0- 2- 3-18/23
ファルブラヴ0- 1- 1-11/13
ヨハネスブルグ0- 0- 0-11/11
アルデバラン20- 0- 0- 7/ 7

種牡馬勝率複勝率単回値複回値
ダイワメジャー6.7%21.3%174103
ディープインパクト8.2%20.5%10170
アドマイヤムーン6.9%25.9%114146
ステイゴールド10.3%30.8%7596
ハーツクライ3.8%26.9%77116
フジキセキ3.2%12.9%2440
サクラバクシンオー5.3%21.1%2560
キンシャサノキセキ0.0%21.7%0116
ファルブラヴ0.0%15.4%057
ヨハネスブルグ0.0%0.0%00
アルデバラン20.0%0.0%00

集計期間:2013. 2.24 ~ 2017.12.17
※良馬場開催が対象
※3番人気〜単勝100倍未満が対象
※長期休み明けなど、明らかなマイナス要素を持つ馬は除外

解説・分析:注目血統は?

サンデーサイレンス系の中距離血統が軒並み好成績なのに対し、サクラバクシンオーやヨハネスブルグ、アルデバランIIといった非サンデー系の短距離血統は目も当てられない数字となっている。

これが、当コースの本質を表していると言っていいだろう。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る