フローラS2018の競馬予想データ分析…5つの注目点から浮上する激走馬は?


(C)MAZIMICKEY

2018年4月22日、東京競馬場でフローラS(GⅡ/芝2000m)が行われる。オハナ、サトノワルキューレ、ディアジラソル、デュッセルドルフ、ノームコア、レッドベルローズ、レーツェルらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

樫の女王決定戦GⅠ・オークスに向けて長きにわたって、この時期に行われている重要なステップレースがフローラSだ(距離が2000mとなったのは1987年から、レース名がフローラSとなったのは2001年から)。

ただし、GⅠ・桜花賞出走馬がオークスで好走することも多く、フローラSの出走馬でオークスを勝った例は過去10年では2010年のサンテミリオンのみとなっている(昨年2017年のフローラS勝馬モズカッチャンはオークスで2着)。

また、オークスで好走できる馬はフローラSでは1着か2着馬に限られる傾向にある。

そのため、昨年までは1着から3着馬にオークスへの優先出走権が与えられていたが、実績のある桜花賞上位馬に優先出走権を譲る形で今年から2着までに優先出走権を与えるようにルール変更が行われた。

配当傾向を過去10年で見てみると、2010年を除き三連単はすべて万馬券、2011年と2014年は100万円を超える配当、昨年も単勝12番人気→10番人気→2番人気の組み合わせで397,370円と高配当になっている。

2018年も従来の傾向通りの荒れた決着となるのか、2010年のように一転して人気サイドの決着となるのか。

今回は過去10年のフローラSの結果を元としてデータ分析するが、特に過去の穴馬の共通項から激走馬を探っていく。


過去10年の該当馬(2008年以降・単勝6番人気以下で3着以内)

着順馬名
20171モズカッチャン
20172ヤマカツグレース
20163アウェイク
20142ブランネージュ
20143マイネオーラム
20133ブリュネット
20123ダイワデッセー
20111バウンシーチューン
20112マイネソルシエール
20082カレイジャスミン
20083キュートエンブレム

注目点① 人気薄は人気に関係なく検討を

該当馬のリストを見てもわかるように、過去10年で馬券圏内に入った延べ30頭のうち単勝6番人気以下が11頭と4割近くに達していて高配当を裏付ける結果となっている。

しかも、過去10年の内2頭がリストアップされる年が4回もあり積極的に人気薄を狙うことも考えなければならないが、1頭も該当しない年も3回あり極端な結果となっていることがフローラSの大きな特徴となっている。

なお、今回の該当馬を人気別や単勝オッズで見ると、高配当になる場合の人気を気にする必要はないものの単勝万馬券になるような極端な人気薄を狙うのは得策でないことがわかる。

人気別集計 フローラS 過去10年

人気着別度数勝率複勝率
1番人気4- 1- 0- 5/ 1040.0%50.0%
2番人気2- 3- 2- 3/ 1020.0%70.0%
3番人気1- 1- 2- 6/ 1010.0%40.0%
4番人気1- 1- 1- 7/ 1010.0%30.0%
5番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
6番人気0- 2- 0- 8/ 100.0%20.0%
7番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
8番人気0- 0- 1- 9/ 100.0%10.0%
9番人気1- 0- 1- 8/ 1010.0%20.0%
10番人気0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%
11番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
12番人気1- 0- 0- 9/ 1010.0%10.0%
13番人気0- 0- 2- 8/ 100.0%20.0%
14番人気0- 0- 0- 10/ 100.0%0.0%
15番人気0- 1- 0- 9/ 100.0%10.0%
16番人気0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%
17番人気0- 0- 0- 9/ 90.0%0.0%
18番人気0- 0- 1- 6/ 70.0%14.3%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名人気単勝オッズ
2017モズカッチャン1237.2
2017ヤマカツグレース1032.2
2016アウェイク1363.4
2014ブランネージュ610.1
2014マイネオーラム1391.9
2013ブリュネット925.4
2012ダイワデッセー18156
2011バウンシーチューン926.9
2011マイネソルシエール15199.1
2008カレイジャスミン615.1
2008キュートエンブレム817.7

注目点② 父・ロイヤルチャージャー系に注目

過去10年単勝6番人気以下で3着以内に入った11頭中8頭がロイヤルチャージャー系種牡馬となっている。

ディープインパクトやステイゴールド、オルフェーヴルに代表されるように現在の日本種牡馬界の王道とも言えるロイヤルチャージャー系の成績は、クラシックで活躍するような距離での活躍が特に目立ち、フローラSはまさに十八番と言える条件だ。

種牡馬系統別集計 フローラS 過去10年

種牡馬系統別着別度数勝率複勝率
ロイヤルチャージャー系7- 9- 7- 91/1146.1%20.2%
ニアークティック系1- 1- 0- 29/ 313.2%6.5%
ネイティヴダンサー系1- 0- 2- 17/ 205.0%15.0%
トゥルビヨン系1- 0- 0- 0/ 1100.0%100.0%
その他のエクリプス系0- 0- 1- 1/ 20.0%50.0%
ナスルーラ系0- 0- 0- 7/ 70.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年
ソート:着別度数順

馬名父系統種牡馬
モズカッチャンニアークティック系ハービンジャー
ヤマカツグレースニアークティック系ハービンジャー
アウェイクロイヤルチャージャー系ディープインパクト
ブランネージュロイヤルチャージャー系シンボリクリスエス
マイネオーラムロイヤルチャージャー系ステイゴールド
ブリュネットロイヤルチャージャー系ダイワメジャー
ダイワデッセーロイヤルチャージャー系スペシャルウィーク
バウンシーチューンロイヤルチャージャー系ステイゴールド
マイネソルシエールロイヤルチャージャー系ロージズインメイ
カレイジャスミンロイヤルチャージャー系タヤスツヨシ
キュートエンブレムネイティヴダンサー系ウォーエンブレム

注目点③ 前走は先行か中団待機馬が活躍!

過去10年単勝6番人気以下で3着以内に入った11頭中9頭が前走で先行か中団からのレースをしていた。

脚質がまだまだ定まりきれない時期であるとは言え、逃げや追込みなどの極端な戦法を取っている馬の巻き返しはなかなかできていないことがわかる。


前走脚質別集計 フローラS 過去10年

前走脚質着別度数勝率複勝率
逃げ0- 1- 0- 10/ 110.0%9.1%
先行4- 5- 6- 46/ 616.6%24.6%
中団3- 3- 4- 58/ 684.4%14.7%
後方3- 1- 0- 30/ 348.8%11.8%
マクリ0- 0- 0- 1/ 10.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名前走脚質
モズカッチャン中団
ヤマカツグレース先行
アウェイク中団
ブランネージュ先行
マイネオーラム中団
ブリュネット中団
ダイワデッセー先行
バウンシーチューン後方
マイネソルシエール中団
カレイジャスミン逃げ
キュートエンブレム中団

注目点④ 前走は未勝利戦・500万下もしくはGⅢ・フラワーC!

今回の該当馬11頭すべてが前走は未勝利戦を勝利しした馬、500万下から挑戦してきた馬、もしくはフローラS似たような条件で行われたGⅢ・フラワーCを走った馬となった。

樫の女王決定戦GⅠ・オークスに向けては先日行われたGⅠ・桜花賞から直行する馬が多い中で、桜花賞には何らかの理由で間に合わなかったもののオークスに向けて調整を進めてきた実力を秘めた馬が前評判を覆して馬券圏内に入ってきていると言える。

前走クラス別集計 フローラS 過去10年

前走クラス着別度数勝率複勝率
新馬0- 0- 0- 4/ 40.0%0.0%
未勝利2- 0- 2- 27/ 316.5%12.9%
500万下4- 6- 5- 55/ 705.7%21.4%
OPEN特別1- 0- 0- 18/ 195.3%5.3%
GⅢ3- 4- 3- 35/ 456.7%22.2%
GⅡ0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%
GⅠ0- 0- 0- 3/ 30.0%0.0%

集計期間:2008年 ~ 2017年

馬名前走クラスレース名
モズカッチャン500万下
ヤマカツグレース500万下君子蘭賞
アウェイク500万下フリージア賞
ブランネージュ500万下君子蘭賞
マイネオーラムGⅢフラワーC
ブリュネット未勝利
ダイワデッセー500万下梅花賞
バウンシーチューン未勝利
マイネソルシエール500万下
カレイジャスミンGⅢフラワーC
キュートエンブレム未勝利

注目点⑤ 前走は1800m以上に出走

最後に前走の距離から見た時に、今回の該当馬11頭すべてが前走で1800m以上の距離を走っていて、そのうち8頭は1800m戦を使われていた。

マイルや短距離適性のある馬ではなく、中距離適性があると陣営も考えてここまで調整を進めてこれた馬が、他馬との比較で仮に人気を落としていても活躍できることがわかる。

前走距離別集計 フローラS 過去10年

前走距離着別度数勝率複勝率
1400m0- 0- 0- 6/ 60.0%0.0%
1600m1- 1- 2- 37/ 412.4%9.8%
1700m0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%
1800m7- 7- 4- 53/ 719.9%25.4%
2000m2- 2- 2- 44/ 504.0%12.0%
2200m0- 0- 0- 2/ 20.0%0.0%
2400m0- 0- 2- 1/ 30.0%66.7%

集計期間:2008年 ~ 2017年


馬名前走距離
モズカッチャン1800
ヤマカツグレース1800
アウェイク2000
ブランネージュ1800
マイネオーラム1800
ブリュネット1800
ダイワデッセー2400
バウンシーチューン1800
マイネソルシエール1800
カレイジャスミン1800
キュートエンブレム2000

まとめ

ここまでの5つの注目点から、人気薄で激走する可能性のある馬を選定すると次の4頭が該当する。

ウスベニノキミ
ノームコア
ファストライフ
レーツェル

なお、本原稿は特別登録の段階で執筆しているが、今年のフローラSの登録頭数は21頭(出走可能頭数18頭)となっていて賞金順により抽選対象となっている馬が多数いるので注意が必要だ。

今回の激走馬4頭の内、ウスベニノキミとファストライフは抽選対象となっている。

後は予想時点での単勝人気やオッズも確認の上、検討を加えていくのも、面白いのではないだろうか。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る