(C)Ko-Mei

2018年8月12日、札幌競馬場でエルムS(GⅢ/ダート1700m)が行われる。昨年はロンドンタウンがこのレースを制した後に韓国での初GⅠ制覇へと飛躍を遂げた。今年はそのロンドンタウンに加えて、ミツバ、ハイランドピーク、リッカルド、ドリームキラリなどが出走を予定している。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去8年(他場で開催された2009年と2013年を除く)、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
14カネヒキリHonor and Glory
21クロフネフォーティナイナー
38Giant’s CausewayGone West
17フサイチリシャールオペラハウス
24アドマイヤボスジェイドロバリー
31アグネスデジタルラグビーボール
12アグネスタキオンロックオブジブラルタル
25マンハッタンカフェジャッジアンジェルーチ
37マンハッタンカフェRubiano
13スペシャルウィークAwesome Again
25アドマイヤボスジェイドロバリー
310シニスターミニスターMachiavellian
11スペシャルウィークAwesome Again
22ゴールドアリュールブライアンズタイム
36キングカメハメハブライアンズタイム
11シンボリクリスエスMachiavellian
28ゴールドアリュールLear Fan
33マンハッタンカフェRubiano
12ワイルドラッシュトニービン
24ゴールドアリュールLear Fan
31マンハッタンカフェRubiano
13Touch GoldCapote
27ブライアンズタイムジェイドロバリー
38エアダブリンKnown Fact

解析・分析:注目血統は?

昨年・一昨年と二アークティック系種牡馬産駒の活躍が目立ったが、それ以外はフジキセキ・アドマイヤボス・アグネスタキオン・マンハッタンカフェなどのサンデーサイレンス系種牡馬産駒の活躍が目立つ。いずれの系統にも共通する点として母父ミスタープロスペクター系の活躍が目立つ点である。

2017年 テイエムジンソク(母父フォーティナイナー)/ドリームキラリ(母父Gone West)
2016年 クリノスターオー(母父ジェイドロバリー)
2015年 エーシンモアオバー(母父Rubiano)
2014年 クリノスターオー
2011年 エーシンモアオバー
2010年 エーシンモアオバー
今年も出走を予定しているドリームキラリの他にアルタイル・モルトベーネが該当しており、激走に期待したい。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数勝率複勝率
カネヒキリ3-5-2-268.5%24.4%
ディープインパクト7-3-3-4512.1%22.4%
キングカメハメハ16-11-18-179.9%27.8%
Giant’s Causeway2-1-2-422.2%55.6%
カジノドライヴ2-0-1-1213.3%20.0%
トーセンブライト1-0-2-220.0%60.0%
ノボジャック0-0-0-00.0%0.0%
ゴールドアリュール10-12-11-838.6%28.4%
ディープスカイ0-3-3-360.0%14.3%
アグネスデジタル7-6-4-3314.0%34.0%
ダイワメジャー3-6-8-484.6%26.2%
フサイチリシャール1-0-0-420.0%20.0%

集計期間:2013.1. 1 ~ 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

勝率・複勝率共に高い数字を残しているのがアグネスデジタルだ。これにキングカメハメハやゴールドアリュールが続く形となっている。

出走頭数が少ない中ではGiant’s Causewayが優秀な成績を残している。前走は掲示板外い終わったドリームキラリだが、今回巻き返しに期待したい。

おすすめの記事