ドバイゴールデンシャヒーン2019の競馬予想!出走予定馬は?海外重賞展望
(C)MAZIMICKEY

2019年3月30日、ドバイのメイダン競馬場でドバイゴールデンシャヒーン(GⅠ/ダート1200m)が行われる。今回は日程や出走時間などのレース概要、注目の出走馬(出走予定登録馬)を紹介する。

マテラスカイ、ロイエイチ、インペリアルヒント、エックスワイジェットらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

なお、競馬TIMESでは今後、当重賞を徹底的に検証していく。データ分析、有力馬の強調材料と不安要素の検証など、多角的な視点から当レースの見どころや注目点を解き明かしていく予定だ。

まずは出走予定馬の一覧と、勢力図(想定オッズ・人気)を確認していこう。


ドバイゴールデンシャヒーン2019の日程・時間

日本時間 3月30日 23:40発走

※主催者発表のものとご確認下さい

注目の出走予定馬(登録馬)

世界の快速ダートスプリンターが集う一線。昨年は準オープンを勝ち上がったばかりの挑戦で少差の5着と健闘した日本のマテラスカイが、引き続き武豊騎手の手綱で2年連続の挑戦となる。

昨年のこのレース5着後には、プロキオンSを驚異的な日本レコードで逃げ切り、京都競馬場で行われたJBCスプリントでも僅差の2着と国内でも実績を残している。反面、地方の深いダートコース(東京盃、兵庫GT)や前走のようなパサついたダート(根岸S)ではテンから行きっぷりが今一つで結果が出ていない。

血統的にも日本の砂ダートよりはアメリカ、そしてこのレースの行なわれるメイダン競馬場のような土ダートに向いている可能性があり、ベストの1200mで快速っぷりを活かせれば昨年同様あわやのシーンがあっても不思議ではないだろう。

馬券的に人気を集めそうなのは昨年のBCスプリント馬ロイエイチだろう。

昨年のこのレースでは名手、K・デザーモには珍しく弱気の待機策で折り合いを欠いてしまい、そのスピードを生かせずの3着。しかし、昨秋はサンタアニタスプリント(GⅠ)、そしてBCスプリントを共に連覇する強みを見せた。そのサンタアニタスプリント新たにコンビを組んだP.ロペス騎手が騎乗してからは3連勝と勢いに乗っており、まともなら昨年の雪辱を果たす可能性は十分だ。

そのロイエイチとレーディング(120)で並ぶのは同じくアメリカのインペリアルヒント。

こちらも一昨年のBCスプリント2着、昨年のBCスプリント3着とアメリカのスプリント戦線でトップクラスの走りを見せつけている。ともにロイエイチの後塵を拝してはいるものの、昨夏のヴォスバーグS(GⅠ)の勝ち時計(1.08.27)はロイエイチがBCスプリントで記録した時計とほぼ変わらず、能力全開なら十分に通用する余地がありそうだ。

このレースで2年連続2着としているエックスワイジェットもスピードは健在。純粋な時計勝負になるとロイエイチ、インペリアルヒントとの比較では分が悪いものの、アメリカのスプリント戦よりは若干時計のかかるこのメイダンのD1200mコースなら互角の勝負ができそう。

他にはアメリカのプロミシズフルフィルド、地元ドバイのドラフテッドまでが勝負圏内の模様だ。

現時点での出走予定馬(レーティングと馬名)

111 ドラフテッド
104 ファイトヒーロー
120 インペリアルヒント
111 マテラスカイ
110 ナインビローゼロ
117 プロミシズフルフィルド
120 ロイエイチ
106 スイッツァランド
109 テイトーキー
115 エックスワイジェット

文=場末太郎(競馬TIMES編集部)

おすすめの記事