(C)MAZIMICKEY

2018年11月10日、京都競馬場でデイリー杯2歳S(GⅡ/芝1600m)が行われる。暮れの朝日杯やホープフルSを視野に素質馬が集まるレースとして注目される一戦だ。今年は中京2歳Sを圧勝したアドマイヤマーズ、新馬戦を快勝したダノンジャスティス、ドナウブルーの娘ドナルデルタなどが出走を予定している。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去10年、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った(2018年デビューの新種牡馬を除く)。


過去10年好走馬血統

<着順/馬名/種牡馬/母父馬/母母父馬>

2017年

1着(Kitten's Joy/サンデーサイレンス/Danzig)
2着(ディープインパクト/ホワイトマズル/トニービン)
3着(ディープインパクト/Smarty Jones/Danzig)

2016年

1着(クロフネ/アグネスタキオン/Machiavellian)
2着(ダイワメジャー/サクラローレル/トニービン)
3着(ディープインパクト/Deputy Minister/Lord Avie)

2015年

1着(キングカメハメハ/サンデーサイレンス/ノーザンテースト)
2着(キンシャサノキセキ/Kingmambo/Silver Hawk)
3着(ジャングルポケット/Silver Hawk/Table Play)

2014年

1着(ブラックタイド/キングカメハメハ/トニービン)
2着(ステイゴールド/メジロマックイーン/ノーザンテースト)
3着(ハーツクライ/ラストタイクーン/レジェンドテイオー)

2013年

1着(ヨハネスブルグ/サンデーサイレンス/Woodman)
2着(ディープインパクト/Rahy/Lycius)
3着(チチカステナンゴ/スペシャルウィーク/Mr.Prospector)

2012年

1着(ブラックタイド/Danzig/Majestic Light)
2着(グラスワンダー/エンドスウィープ/パドスール)
3着(Tamayuz/Piccolo/Hallgate)

2011年

1着(ダンスインザダーク/ダンシングブレーヴ/テスコボーイ)
2着(ダイワメジャー/ホワイトマズル/キタノカチドキ)
3着(Bernardini/Numerous/Farnesio)

2010年

1着(アグネスタキオン/Highest Honor/バイアモン)
2着(フジキセキ/Gone West/Slewpy)
3着(ハーツクライ/カーネギー/マルゼンスキー)

2009年

1着(アグネスタキオン/ダンシングブレーヴ/テスコボーイ)
2着(Giant's Causeway/Sadler's Wells/Lyphard)
3着(アグネスタキオン/Woodman/Alzao)

2008年

1着(ジャングルポケット/エリシオ/Caro)
2着(アグネスタキオン/バンブーアトラス/マルゼンスキー)
3着(キングカメハメハ/ジェイドロバリー/ミスターシービー)

(血統の分類:ヘイロー系・・・サンデーサイレンス系非サンデーサイレンス系ロベルト系;ニアークティック系・・・欧州型、 米国型豪州型;ミスタープロスペクター系; ナスルーラ系;他系統)

解析・分析:注目血統は?

ディープインパクト、アグネスタキオンを筆頭としたサンデーサイレンス系、次いで米国型ニアークティック系種牡馬の活躍が目立つのが分かる。今年は父米国型ニアークティック系の産駒は出走しない。

サンデー系との相性が良いのがナスルーラの血を持つ母系だろう。

2017年 カツジ(父サンデーサイレンス系×母母父ナスルーラ系)
2016年 ボンセルヴィーソ(父サンデーサイレンス×母父ナスルーラ系×母母父ナスルーラ系)
2014年 タガノエスプレッソ(父サンデーサイレンス系×母母父ナスルーラ系)
2011年 クラレント(父サンデーサイレンス系×母母父ナスルーラ系)/ダローネガ(父サンデーサイレンス系×母母父ナスルーラ系)
2010年 レーヴディソール(父サンデーサイレンス系×母父ナスルーラ系×母母父ナスルーラ系)/アドマイヤサガス(父サンデーサイレンス系×母母父ナスルーラ系)
2009年 リディル(父サンデーサイレンス系×母母父ナスルーラ系)

今年はアドマイヤマーズ、メイショウショウブ、マイネルフラップが該当する。特にアドマイヤマーズ、メイショウショウブは母系にミスタープロスペクター系の血を持つ。母系にミスタープロスペクター系の血を持つ馬は過去5年でみるとケイアイノーテック、ジューヌエコール、シュウジ、タガノエスプレッソ、ホウライアキコ、ピークトラムと数多く好走馬がおり、こちらも相性の良さを強調する材料となりうるだろう。

出走予定馬・種牡馬コース成績

<種牡馬/着別度数(1着-2着-3着-着外)/勝率/複勝率>
ダイワメジャー  16-16-18-167 / 7.4% / 23.0%
ロードカナロア  1- 0- 2- 5 / 12.5% / 37.5%
ハービンジャー  6- 8- 9- 65 / 6.8% / 26.1%
ヴィクトワールピサ  3- 6- 2- 28 / 7.7% / 28.2%
ディープインパクト 57-57-55-264 / 13.2% / 39.0%

集計期間:2013.1. 1 〜 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

勝率・複勝率共にディープインパクト産駒が抜けている。ロードカナロア産駒は出走回数が少ないが現時点の成績では同条件でも比較的安定した走りができていると言えるだろう。

おすすめの記事