チャンピオンズカップ2017の予想分析、結果発表!回収率380超のデータ該当馬は?


(C)Ko-Mei

2017年12月3日、中京競馬場でチャンピオンズカップ(GI/ダート1800m)が行われる。

サウンドトゥルー、アウォーディー、ケイティブレイブ、テイエムジンソク、コパノリッキーらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップした。では、人気、血統、枠順、ローテーションなどから導き出したデータに合致するのはどの馬なのか?

5つの消しフィルターを通したとき、残る馬を探っていくことにしよう。


消しデータまとめ

今回、ピックアップしたデータは以下だ。

ポイント1 3、4歳&高齢馬は消し!
ポイント2 大外枠は消し!
ポイント3 前走マイル以下は消し!
ポイント4 前走後方待機組は消し!
ポイント5 前走6着以下は消し!

※詳細は過去の記事を参照

一つずつ、見ていくことにしよう。

ポイント1 3、4歳&高齢馬は消し!

すでに検証したように、チャンピオンズカップは3、4歳馬の成績が良くない。ダートは脚に掛かる負担が少ないため、長く活躍できるのだ。

もっとも、だからといって歳を重ねすぎていると、どうしても衰えてくる。よって、5、6歳がベストと考えられる。

馬名馬齢
コパノリッキー7
ケイティブレイブ4
ミツバ5
ノンコノユメ5
メイショウスミトモ6
モルトベーネ5
ロンドンタウン4
グレンツェント4
ゴールドドリーム4
キングズガード6
アウォーディー7
カフジテイク5
テイエムジンソク5
サウンドトゥルー7
アポロケンタッキー5
ローズプリンスダム3

3、4歳と高齢馬は……

コパノリッキー
ケイティブレイブ
ロンドンタウン
グレンツェント
ゴールドドリーム
アウォーディー
サウンドトゥルー
ローズプリンスダム

まずはこの馬たちが消える。

ポイント2 大外枠は消し!

チャンピオンズカップの傾向を見ていくと、明らかに内枠の馬が好走し、外に行くにつれて成績が下がっていることが分かる。

馬名S
11コパノリッキー
12ケイティブレイブ
B23ミツバ
24ノンコノユメ
35メイショウスミトモ
36モルトベーネ
47ロンドンタウン
48グレンツェント
59ゴールドドリーム
510キングズガード
B611アウォーディー
612カフジテイク
713テイエムジンソク
714サウンドトゥルー
815アポロケンタッキー
816ローズプリンスダム

8枠に入ったのは……

アポロケンタッキー
ローズプリンスダム

ここではこの馬たちが消える。

ポイント3 前走マイル以下は消し!

前走の傾向を見ていくと、まずはマイル以下を使った馬たちの成績が良くないことが分かる。基本的には1700m以上を使っていることが好ましい。

馬名前走距離
コパノリッキー1200
ケイティブレイブ2000
ミツバ2000
ノンコノユメ1600
メイショウスミトモ2000
モルトベーネ1800
ロンドンタウン1800
グレンツェント2000
ゴールドドリーム1600
キングズガード1800
アウォーディー2000
カフジテイク1600
テイエムジンソク1800
サウンドトゥルー2000
アポロケンタッキー2000
ローズプリンスダム1800

前走マイル以下だったのは……


コパノリッキー
ノンコノユメ
ゴールドドリーム
カフジテイク

ここではこの馬たちが消える。

ポイント4 前走後方待機組は消し!

中京コースは直線が長いとはいえ、ダートGIということで先行馬のほうが有利な傾向にある。反面、差し馬は成績が芳しくない。

馬名前走脚質
コパノリッキー
ケイティブレイブ
ミツバ
ノンコノユメ
メイショウスミトモ
モルトベーネ
ロンドンタウン
グレンツェント
ゴールドドリーム
キングズガード
アウォーディー
カフジテイク
テイエムジンソク
サウンドトゥルー
アポロケンタッキー
ローズプリンスダム

前走、後方待機だったのは……

キングズガード
カフジテイク
アポロケンタッキー
ローズプリンスダム

ここではこの馬たちが消える。

ポイント5 前走6着以下は消し!

ダート頂上決戦ということで、前走で大敗しているような馬はなかなかここで復活できない。基本的には最低でも掲示板に乗った馬を選んでいくべきだろう。

馬名前走着順
コパノリッキー2
ケイティブレイブ2
ミツバ3
ノンコノユメ4
メイショウスミトモ1
モルトベーネ5
ロンドンタウン1
グレンツェント5
ゴールドドリーム5
キングズガード3
アウォーディー4
カフジテイク5
テイエムジンソク1
サウンドトゥルー1
アポロケンタッキー8
ローズプリンスダム7

前走、掲示板に載れなかったのは……

アポロケンタッキー
ローズプリンスダム

ここではこの馬たちが消える。


残った激走馬候補とは?

さて、ではいくつかの消しフィルターをくぐり抜け、ここまで残った馬はいるのだろうか? それは……

ミツバ
メイショウスミトモ
モルトベーネ
テイエムジンソク

今回の激走馬候補は4頭。

馬券の軸にするもよし、相手に加えるもよし。どんな扱いにするにせよ、気にかけてみるのがいいのではないだろうか。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る