(C)MAZIMICKEY

期待通りの活躍で2歳マイル王の座を勝ち取れるか——

2017年12月17日、阪神競馬場で朝日杯フューチュリティステークス(GI/芝 1600m)が行われる。タワーオブロンドン、ステルヴィオ、ダノンスマッシュなど強豪の犇めき合う一戦となるが、どのような展開になるのだろうか?

前走でレコード勝ちを収めたダノンプレミアムについて考察していきたい。


期待① 前走の好内容

前走のサウジアラビアRCではダノンプレミアムが他の追随を許さずレコード勝ちを収めた。ある程度流れたペースにも関わらず、2番手から抜け出し、押し切ったあの走りは評価せざるを得ない。

ペースはこの馬が握っていると言っても過言ではなく、川田騎手の手綱捌きに全てが掛かっている。序盤からペースを緩めることなく後ろに脚を使わせること、つまりはスローに落とし過ぎず、前走のような走りをすることができれば勝ち負けは必至だろう。

逆に変にペースを落ち着かせてしまった場合、脚を余したステルヴィオやタワーオブロンドンが飛んでくる可能性もあるため注意が必要だ。

期待② 阪神の舞台

阪神芝はダノンプレミアムにとってデビュー戦を走った舞台である。距離は違うが、しっかりこの芝コースで勝っていることは評価に値する。阪神なら前走の東京のように長距離輸送も必要なく、美浦から臨戦してくる有力馬と比べてアドバンテージとなる。

阪神JFで期待されていたロックディスタウンは出走前の消耗が激しかったように、2歳馬は特に管理が難しい。その点、同じく人気に推されていたラッキーライラックは長距離輸送なしの地元開催で見事優勝した。

ダノンプレミアムにとっても、新馬を勝った阪神に長距離輸送なしで臨めることは有利に働く可能性が高く、その力を十二分に発揮することが期待される。

期待③ 対戦成績からの物差し

2歳戦ともあって対戦経験がなく比較することが難しい。ここでは1つのポイントとして、そこまで単純ではないのを承知でサウジアラビアRCに出走した組を始点として物差しで測ってみたい。

サウジアラビアRCに出走し、朝日杯FSにも登録しているのはステルヴィオ、ダノンプレミアム、ダブルシャープの3頭である。ここでダノンプレミアムはステルヴィオに0.3秒、ダブルシャープに0.6秒差をつけて勝っている。

そのダブルシャープは札幌2歳でロックディスタウンに0.0秒差、クローバーOPでタワーオブロンドンに0.1秒差で勝利している。

単純にこれだけで勝ち負けが決まることはあり得ないが、対戦成績をリンクさせていくとダノンプレミアムの強さがより顕在化してくる。枠・展開で結果が大きく変わるのも事実だが、この物差しも1つの指標としてみるのも面白い。

不安① サンデーレーシングの強さ

近年力のあるクラブ馬が上位を占めるレースがよく見られる。今年の阪神JFも連対した2頭はサンデーレーシングの所属馬だった。朝日杯FSでもサンデーRの馬が掲示板に食い込んでくる可能性が高く注意が必要だ。

朝日杯FSに登録しているサンデーR所属馬は、ステルヴィオとフロンティアの2頭である。特に注意したいのはロードカナロア産駒のステルヴィオだ。

前走でダノンプレミアムとの決着がついたようにも見えるが、内容を見てみるとダノンプレミアムが好位から抜け出していい脚で押し切ろうという流れの中、後方から外を回って上がり最速で追い込んできたステルヴィオの能力は計り知れない。

C. デムーロ騎手に導かれ、虎視眈々と逆転でのGIタイトルを狙うステルヴィオ。ダノンプレミアムとしても無視できる存在ではなく、不安材料となる可能性が高い。

まとめ

現在予想オッズでは1番人気に推されているダノンプレミアム、前走の好内容から評価されていることが分かる。新馬戦を勝った阪神でGIタイトルを手にすることができるのか注目が集まる。

メンバーの中では上位の能力を有するのは間違いないが、前走抜群の切れ味で後方から追い込んできたステルヴィオをはじめとして、強豪揃いの難しい1戦となる。

ダノンプレミアムは3連勝でGIを獲れるのか、今年も目の離せない朝日杯FSは12月17日15時40分にゲートが開かれる。

おすすめの記事