朝日杯FS2017の競馬予想分析...ステルヴィオに注目すべき3つの理由とは?
(C)MAZIMICKEY

新種牡馬ロードアナロア産駒、初のGIタイトル奪取へ——。

2017年12月17日、阪神競馬場で朝日杯フューチュリティステークス(GI/芝 1600m)が行われる。タワーオブロンドン、ダノンプレミアム、ダノンスマッシュなど粒揃いの一戦となるが、どのような展開でレースが進むのだろうか?

ここでは躍進の止まらないロードカナロア産駒の一角、ステルヴィオに注目していく。前走は惜しくもダノンプレミアムに届かず2着となったが、その能力の高さは揺らぐことなく、GIの大舞台でも決して劣らない。

オルフェーブル産駒のGI制覇に続いて、ここでも新種牡馬産駒の勝利となるのか?


前走ダノンプレミアムとの戦い

前走のダノンプレミアムの走りに衝撃を受けた人も少なくないだろう。休み明けでのサウジアラビアRCレコード勝ち。この結果を受け、朝日杯FSではタワーオブロンドンとダノンプレミアムの一騎討ちムードが漂っている。

しかし、まだまだステルヴィオも忘れられない存在だ。

前走は外枠からのスタートとなり、後ろからの競馬となったにも関わらず上がり最速で追い上げて2着で入線した。まだまだこの結果で勝負が決したと考えるのは時期尚早、むしろ枠や展開が変われば逆転可能なことを顕示した一戦だった。

これでダノンプレミアムが人気を背負うことになるようであればステルヴィオの逆転GIタイトルに賭けるのも面白いだろう。

C. デムーロ騎手への乗り替わり

新馬戦、OP戦、サウジアラビアRCと継続騎乗していたC. ルメール騎手はタワーオブロンドンに騎乗することが発表されており、ステルヴィオにはC. デムーロ騎手が乗ることになりそうだ。

この乗り替わりが1つのポイントになるのは間違いないが、C. デムーロ騎手もファンタジーSのベルーガをはじめとして今年のJRA重賞で3勝している。

過去3年の2歳重賞に絞るとC. デム騎手は複勝率50.0%(1-1-1-3)という成績であり、C. ルメ騎手の63.6%(7-5-2-8)という数字には及ばないが、十分勝機のあるデータである。

今年もベルーガで2歳重賞を勝利しており、悲観するような乗り替わりでないのは確かだ。C. デムーロ騎手に騎乗も1つポイントとなる。

ロードカナロア産駒の躍進

新種牡馬としてデビューしたロードカナロアだが、その産駒の成績は圧倒的な活躍を見せている。

芝1600mの産駒成績は(14-6-5-22)であり、勝率29.8%、連対率42.6%は驚異的な数字と言っていいだろう。また、阪神の芝に絞っても(4-2-3-7)という成績を叩き出しており、勝率25.0%、連対率37.5%である。

数字的に見てもロードカナロア産駒の強さは明確で、朝日杯FSでも買い要因となるのは間違いない。ロードカナロア産駒で出走が予定されているのはステルヴィオとダノンスマッシュである。

まとめ

新種牡馬ロードカナロア産駒の最有力としてステルヴィオが朝日杯FSに出走する。

C. ルメ騎手がタワーオブロンドンに騎乗することが発表されており、C. デム騎手へと乗り替わりとなった。また、これに加えて前走でダノンプレミアムに惜敗している。

しかし、これらは決して悲観する内容ではなく、むしろこれで少しでも人気落ちするのであれば美味しい馬券になるかもしれない。騎手、枠、展開が変わる今回のレースで本領発揮を見てみたい。

2歳牡馬のマイル王を決める一戦、ステルヴィオは強敵相手の再戦でどんな力を魅せるのか、注目が集まる。

おすすめの記事