(C)yusukekeiba

2019年4月13日、阪神競馬場でアーリントンカップ(GⅢ/芝1600m)が行われる。今回は過去のデータやレース傾向を振り返り、当レースの危険な人気馬を予想していく。

馬券を買う上で特に重要なのは「どの馬を買うか」ではなく「どの馬が消しか」を見極めることだ。

人気馬を「買わない」と判断できれば、余った資金を軸馬の買い足しや穴馬の追加購入に回すことができる。そして人気馬が馬券圏外になれば配当が跳ね上がる。

「人気だから押さえようかな」と毎回人気馬を買ってしまうと回収率は落ちていく。だからこそ「買わない人気馬」を見つけることがカギになってくるのだ。

果たして、人気が想定されるフォッサマグナ、ヴァンドギャルド、ヴァルディゼール、ミッキーブリランテ、カテドラル、ユニコーンライオンらの中で危険なのはどの馬か。しっかり考察していこう。

去年からアーリントンカップはNHKマイルカップのトライアルレースとなったため、去年の結果を参考にしていく。


アーリントンカップの人気馬成績

去年は1番人気タワーオブロンドンが勝利、人気サイドで決着したが、2月など早めに行われていた一昨年まで、1番人気の信頼度はさほど高くない。

上位人気も同様で、人気サイドで決まったのは少ない。時期も変わり、トライアルレースになったことで傾向が大きく変わった可能性がある。

ではここからは注目のデータをピックアップして紹介していこう。

予想参考データ① 出世した馬は前走重賞で好走

過去の優勝馬は軒並み出世しており、ペルシアンナイト、レインボーライン、ミッキーアイル、コパノリチャード、ジャスタウェイと有力どころばかり。

過去10年でこれだけ輩出すれば十分だろう。コパノリチャードを除く4頭に共通するのは、前走重賞で好走をしていたという点だ。

時期的にシンザン記念もしくはきさらぎ賞だが、ミッキーアイルのように勝つ馬、レインボーラインのように6着だけどコンマ4秒負けにとどめた馬など様々だ。

条件としては、前走重賞で掲示板以内もしくはコンマ4秒負けまで。コパノリチャードは500万特別をコンマ8秒差をつけて快勝している。

将来的に古馬戦線を引っ張っていくかもしれない馬を予想する以上、それだけの器にあるかどうかは見ておきたいところだ。

予想参考データ② 最後方でもどうにかなる

去年のレースを振り返ると4コーナー9番手のタワーオブロンドンが上がり3ハロン2位の脚で1着、ほぼ最後方にいたレッドヴェイロンが上がり1位の脚で3着に入った。

過去のアーリントンカップを見ても最後方にいた馬が3着などに入るケースが多く、2014年ミッキーアイルが逃げ切った際には道中シンガリのフェルメッツァが上がり1位の脚で3着。

前に行った馬が逃げ残るようなレースでも、末脚さえあればいくらでも差し切れる。阪神外回りならではの光景はアーリントンカップでも見られる。

逃げ馬はノーチャンスとは言えないが、ペースを落として逃げることが条件。それが可能な馬かどうかで判断するのがいいだろう。

予想参考データ③ 美浦所属馬の取り扱い

近年美浦所属の馬が関西に挑戦する機会が増えている。西高東低、トレセン環境の問題もあって、関西馬が強い状態が長らく続き、関東馬の立場は弱い。

しかし、先週の桜花賞グランアレグリアのように関東馬でも関西で再び勝つようになり、美浦所属馬に注目する人も多いだろう。

去年は関東馬タワーオブロンドンが勝利したが、朝日杯3着と輸送を経験しており、その強みもあった。

また中山のジュニアカップでの好走経験など前走中山競馬場で結果を出した馬を狙うのが面白いか。

2019年の危険な人気馬は?

カテドラルは人気に支持される見込みだが、京成杯が1秒負け、東スポ杯組が今のところ強さを見せられておらず、厳しい。アーリントンカップの好走条件に合致せず、危険な人気馬の一頭になりそうだ。

また、ユニコーンライオンは1つ目の消しデータに合致している。前目でレースをしそうだが、目立った脚がなく、割引で十分だろう。

反対にフォッサマグナは危険なデータに一つも当てはまらない。新馬戦では毎日杯を制したランスオブプラーナにコンマ4秒差をつけて勝利。共同通信杯は切れ味負けに終わったが、中山のマイルで大外ながら前目につけてここでもコンマ4秒差で1着。藤沢和雄厩舎とルメール騎手の組み合わせは桜花賞と同じ。もう1回再現はなるか。人気馬の中で最も不安要素が少ないのが、フォッサマグナと言えそうだ。

おすすめの記事