アーリントンカップ2018の競馬予想分析…過去の血統と種牡馬、明確な共通点とは?


(C)MAZIMICKEY

2018年4月14日、阪神競馬場でアーリントンC(GⅢ/芝1600m)が行われる。昨年はペルシアンナイトがここをステップに皐月賞で2着に健闘した他に4年前にはミッキーアイルがここからNHKマイルC制覇に繋げた。GⅠ前哨戦として重要なレースだが、今年から日程が変更となり、よりNHKマイルCへのステップレースとしての意味合いが強くなったと言えよう。

今年はタワーオブロンドン・ダノンスマッシュ・インディチャンプなどが出走を予定している。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

今回、好走血統は過去10年(阪神開催の2011年を除く)、コース・距離別種牡馬成績は2013年以降のレースより集計を行った。


過去10年好走馬血統

着順人気種牡馬母父馬
11ハービンジャーサンデーサイレンス
26マンハッタンカフェStorm Cat
33マツリゴッホヘクタープロテクター
14ステイゴールドフレンチデピュティ
29ブライアンズタイムマンハッタンカフェ
37ゼンノロブロイSouvenir Copy
19スニッツェルサンデーサイレンス
25マツリダゴッホピルサドスキー
37ダイワメジャーモンジュー
11ディープインパクトロックオブジブラルタル
23キングカメハメハスペシャルウィーク
36ディープインパクトトニービン
11ダイワメジャートニービン
22マイネルラヴファルブラヴ
34アグネスタキオンダンシングブレーヴ
12ハーツクライWild Again
23ダイワメジャーZilzal
36アドマイヤムーンSeeking the Gold
14アグネスタキオンMachiavellian
211Aussie RulesCozzene
35ホワイトマズルネヴァーダンス
15キングカメハメハリヴリア
21アグネスタキオントニービン
38ザカリヤコマンダーインチーフ
16マイネルラヴSilver Hawk
212シンボリクリスエスRahy
33ダンスインザダークAlzao
15シンボリクリスエスタイキシャトル
29Forest WildcatCure the Blues
310アグネスタキオンChief’s Crown

解析・分析:注目血統は?

サンデーサイレンス系ではダイワメジャーがコンスタントに活躍馬を出している印象を受けるが、他のサンデー系種牡馬も絡んでいるのが分かる。非サンデー系では二アークティック系・ミスタープロスペクター系も活躍している。

活躍しているサンデー系種牡馬産駒の多くはニアークティック系の血を含む傾向にある。

2017年 レッドアンシャル(母父Storm Cat)/ディバインコード(母母父ダンシングブレーヴ)
2016年 レインボーライン(母父フレンチデピュティ)
2015年 アルマイオリ(母父ピルサドスキー)/マテンロウハピネス(母父モンジュー)
2014年 ミッキーアイル(母父ロックオブジブラルタル)/フェルメッツァ(母母父Nureyev)
2013年 コパノリチャード(母母父Caerleon)/レッドアリオン(母父ダンシングブレーヴ)

今年はサンデー系種牡馬産駒の登録自体少ないが、その中で該当馬はアドマイヤアルバ・アリアの2頭となる。

一方で二アークティック系やミスタープロスペクター系種牡馬産駒の傾向としては近年は3代前までにサンデー系の血を持つ馬の好走が目立つ。

2017年 ペルシアンナイト(母父サンデーサイレンス)
2015年 ヤングマンパワー(母父サンデーサイレンス)
2014年 タガノグランパ(母父スペシャルウィーク)
2013年 カオスモス(母母父サンデーサイレンス)

今年の該当馬はウォーターパルフェ・パクスアメリカーナ・ラセットが該当し、激走なるか注目したい。

出走予定馬・種牡馬コース成績

種牡馬着別度数勝率複勝率
ハーツクライ9-11-11-1036.7%23.1%
ダイワメジャー16-18-18-1368.5%27.7%
エイシンフラッシュ1-1-0-225.0%50.0%
ステイゴールド12-9-12-1038.8%24.3%
ルーラーシップ0-4-3-150.0%31.8%
マジェスティックウォリアー1-0-0-0100.0%100.0%
Raven’s Pass0-0-1-00.0%100.0%
ロードカナロア4-3-0-340.0%70.0%
ノヴェリスト0-1-1-50.0%28.6%
クロフネ4-3-4-595.7%15.7%
ロジユニヴァース0-0-0-00.0%0.0%
モンテロッソ0-0-0-20.0%0.0%
ショウナンカンプ0-0-0-70.0%0.0%
ヴァーミリアン0-0-0-60.0%0.0%
キングカメハメハ13-13-14-1377.3%22.6%

集計期間:2013.1. 1 ~ 2017. 12. 28

解説・分析:注目血統は?

過去に複数の活躍馬を出しているダイワメジャーの成績が優れていることがわかるが、ステイゴールド・ハーツクライも差はなく、いずれの種牡馬も数少ないサンデー系として注意が必要だろう。

非サンデー系ではいずれも出走頭数が少ないが、中でもロードカナロア産駒の成績が非常に良く、ダノンスマッシュがコース替わりで巻き返しとなるか注目したい。


この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る