(C)masakin0712‏

2017年12月24日、中山競馬場で有馬記念(GI/芝2500m)が行われる。

キタサンブラック、シュヴァルグラン、スワーヴリチャード、サトノクラウンらが出走するが、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

今回は一年を締め括るグランプリレースの出走予定馬を紹介するとともに、展望や見所について解説していく。


有馬記念 日程・概要

2017年12月24日(日) 中山競馬場 芝2500m 15時25分発走
1着賞金:3億円 2着:1億2000万円 3着:7500万円 4着:4500万円 5着:3000万円

枠順抽選会 日程

12月21日(木曜)17時00分から18時30分

放送局:BSフジ

出走予定馬 想定騎手

キタサンブラック ファン投票1位

牡5 戦績(11.2.4.2) 武豊 前走:ジャパンカップ3着

天皇賞(秋)、JCに続く有馬記念というローテーションで現役を引退することが発表されている。昨年サトノダイヤモンドに破れた舞台だが、引退レースを勝利で締めくくることができるのか、注目が集まる。

前走のJCでは、死闘となった天皇賞(秋)の疲労や落鉄、他馬による徹底マークによって3着に破れた。しかし、”負けてなお強し”の好内容だったのは間違いない。3度目の正直、有馬記念初制覇で引退レースに花を飾れるか。

サトノクラウン ファン投票3位

牡5 戦績(7.1.1.7) ムーア 前走:ジャパンカップ10着

天皇賞(秋)でキタサンブラックと壮絶な叩き合いを演じた。前走のJCでは直線で伸びを欠いて10着での入線となった。天皇賞(秋)での疲労か馬場が渋らなかったことが原因か。

有馬記念でもう一度キタサンブラックとの叩き合いに期待したいが、現時点でまだ今後の予定は明言されていない。

ミッキークイーン ファン投票8位

牝5 戦績(5.5.3.3) 浜中俊 前走:エリザベス女王杯3着

宝塚記念以来のエリザベス女王杯で3着。休み明けながら見事な追い込みで内の2頭に襲いかかるも僅差で届かなかった。休み明け2走目でパフォーマンスを上げてくることが予想される。

昨年の有馬記念でも強豪牡馬相手に善戦したと言える。今年は馬券内に食い込むことができるだろうか。

シュヴァルグラン ファン投票9位

牡5 戦績(7.5.5.5) ボウマン 前走:ジャパンカップ1着

天皇賞(春)でキタサンブラックに続く2着だったシュヴァルグランは、天皇賞(秋)をパスして完全にJCを目標にしたローテーションを取った。そのJCでは直線でキタサンブラックを捉え見事優勝した。

京都大賞典からJCへ直行したローテーションが吉と出た今、有馬記念ではこの馬の真価が問われる。友道師は秋3戦目、大きな自信を持って臨めるとコメントしており、ここからさらに上積みがあるかも知れない。

レインボーライン ファン投票13位

牡4 戦績(3.3.4.9) 岩田康誠 前走:ジャパンカップ6着

天皇賞(秋)の重馬場で怪物級2頭に続いて3着で入線した。JCでは最後方からの競馬となったが最後は上がり最速で追い込んで6着入線に終わった。

スタートでダッシュがつかず後方からとなった前走だが、上がりでいい脚を使っているだけにもう少し前目での競馬が期待される。

シャケトラ ファン投票14位

牡4 戦績(4.1.1.4) 福永祐一 前走:ジャパンカップ11着

宝塚記念で4着だったものの、今年の秋は15着、11着と結果が出せていないのが現状である。中山は日経賞を勝った舞台でもあり、期待が持てるが乗り替わりが多いことは不安材料である。今回は前走から継続で福永騎手の騎乗が想定されている。

ヤマカツエース ファン投票15位

牡5 戦績(7.1.4.15) 池添謙一 前走:ジャパンカップ8着

前走のJCは直線で内から伸びているが大外枠が痛かった。ヤマカツエースは東京より直線の短い中山が合う。これは中山の成績(2.0.0.1)にも現れている。唯一の負けは昨年の有馬記念4着であり、今年も期待が持てるのではないか。

スワーヴリチャード ファン投票17位

牡3 戦績(3.3.0.1) M. デムーロ 前走:アルゼンチン共和国杯1着

日本ダービー2着から休み明けアルゼンチン共和国杯を使って有馬記念に臨戦してきた。

古馬相手に堂々の競馬を見せている今年の3歳世代だが、スワーヴリチャードもAR共和国杯では余力残しの完勝だった。モズカッチャンやレイデオロに続いて、3歳馬の力強い走りが期待される。

サウンズオブアース ファン投票18位

牡6 戦績(2.8.1.12) C. デムーロ 前走:ジャパンカップ12着

秋2戦は京都大賞典13着、JC12着と厳しい戦いが続いている。海外遠征から思い通りの走りができず、近2走は負けすぎとさえ感じられる。これを衰えと取るか、有馬での復活を望むか意見が別れるところである。

ルージュバック ファン投票20位

牝5 戦績(6.2.0.9) 北村宏司 前走:エリザベス女王杯9着

休み明けのオールカマーを勝利してエリザベス女王杯では2番人気に推されたが9着。ルージュバックの位置取りに言及されるが、同じようなポジションからミッキークイーンは3着まで食い込んでいることから力の差を感じざるを得ない。

クイーンズリング ファン投票42位

牝5 戦績(6.2.0.10) C. ルメール 前走:エリザベス女王杯7着

今秋はアイルランド府中牝馬4着、エリザベス女王杯7着と結果が出せていない。主戦のM.デム騎手はスワーヴリチャードに騎乗するためC. ルメール騎手で想定されている。

今年は牝馬限定戦でも馬券に絡めていないだけに、強豪牡馬相手の有馬記念も難しい戦いになることが予想される。

サクラアンプルール ファン投票49位

牡6 戦績(6.3.1.11) 蛯名正義 前走:天皇賞(秋)8着

今年8月に札幌記念を制したのは記憶に新しい。その後天皇賞(秋)で8着から有馬記念への臨戦となる。馬場にうまく対応できず不完全燃焼だったのではないか。

中山の成績も(3.1.1.2)と決して悪くなく、疲労の残る死闘だった天皇賞(秋)からゆとりのあるローテーションで臨むことも期待できるのではないか。

カレンミロティック ファン投票57位

セ9 戦績(6.6.6.22) 川田将雅 前走:アルゼンチン共和国杯5着

アルゼンチン共和国杯から有馬記念への臨戦となる。想定騎手は川田騎手と発表されており、ここにきて新コンビ結成となる。今年は馬券に絡んでいないものの、人気薄で穴を開けることがあり、注意が必要な1頭である。

ブレスジャーニー ファン投票72位

牡3 戦績(3.0.2.1) 柴田善臣 前走:チャレンジカップ3着

骨折休み明け雨の菊花賞では大敗、2走目のチャレンジカップでは3着という臨戦過程で有馬記念へと向かう。

2歳時にはスワーヴリチャードを負かしていたことから、完全復活なら通用してもおかしくない。デビューから変わらず柴田善臣騎手とコンビを組んでグランプリを狙う。

トーセンビクトリー ファン投票81位

牝5 戦績(6.2.3.10) 田辺裕信 前走:エリザベス女王杯10着

エリザベス女王杯10着からの臨戦となる。田辺騎手が想定騎手として挙げられており、有馬記念で新コンビ結成となる。

サトノクロニクル ファン投票—

牡3 戦績(3.3.1.2) 戸崎圭太 前走:チャレンジカップ1着

雨の菊花賞での大敗から良馬場のチャレンジカップで好位から抜け出して勝利した。M. デム騎手はスワーヴリチャードに騎乗するため、乗り替わりは必至であり、想定騎手には戸崎圭太騎手が挙げられている。

戸崎騎手がどのような騎乗を見せるのか注目される。

おすすめの記事