(C)tr_qasysh15

2018年4月28日、東京競馬場で青葉賞(GⅡ/芝2400m)が行われる。オブセッション、サトノソルタス、スーパーフェザー、ダノンマジェスティ、ゴーフォザサミット、カフジバンガードらが出走するが、どんなレースが展開されるのか?台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

牡馬クラシックレースの頂点とも言えるGⅠ・日本ダービーに向けて長きにわたって、この時期に日本ダービーと同じ競馬場・距離で行われている重要なステップレースが青葉賞だ(はじめはOPEN特別、GⅢとなったのは1994年、GⅡとなったのは2001年から)。ただし、日本ダービーで好走できる馬は青葉賞では1着か2着馬に限られる傾向にある。2018年はどのような決着となるのか。

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップした。では、人気、血統、枠順、ローテーションなどから導き出したデータに合致するのはどの馬なのか?

6つの消しフィルターを通したとき、残る馬を探っていくことにしよう。

対象データ:2008年~2017年に行われた青葉賞


消しデータまとめ

今回、ピックアップしたデータは以下だ。

ポイント1 極端な人気薄は消し!
ポイント2 父・ロイヤルチャージャー系以外は消し!
ポイント3 レース間隔4-9週以外は消し!
ポイント4 前走3番人気以下は消し!
ポイント5 前走上がり3F4位以下は消し!
ポイント6 前走平場戦は消し!

※詳細は過去の記事を参照

一つずつ、見ていくことにしよう。

ポイント1 極端な人気薄は消し!

クラシックの頂点GⅠ・日本ダービーに向けて、皐月賞組が有力視される中で挑戦者を決める意味合いの強いレースである青葉賞。やはり、前評判も高く実力を発揮した馬が掲示板を確保することが多く、極端な人気薄を検討の対象とすることは得策と言えない。

馬名人気予想オッズ
エタリオウ514.7
オブセッション13.0
カフジバンガード1070.0
クレディブル16371.8
ゴーフォザサミット717.9
サトノソルタス23.4
スーパーフェザー34.1
スズカテイオー1172.3
ダノンマジェスティ44.7
ダブルフラット836.7
テトラルキア17439.3
ディープインラヴ617.6
トラストケンシン12141.4
ノストラダムス948.2
マイネルサリューエ181208.2
ミッキーポジション13232.0
モンテグロッソ14311.8
ユウセイフラッシュ15311.8

人気薄・単勝11番人気以下の出走馬は……

クレディブル
スズカテイオー
テトラルキア
トラストケンシン
マイネルサリューエ
ミッキーポジション
モンテグロッソ
ユウセイフラッシュ

まずはこの馬たちが消える。

ポイント2 父・ロイヤルチャージャー系以外は消し

血統からポイントを探すと父・ロイヤルチャージャー系のみが活躍しているといっても過言ではない。ディープインパクトやステイゴールド、オルフェーヴルに代表されるように現在の日本種牡馬界の王道とも言えるロイヤルチャージャー系の成績は、クラシックで活躍するようなマイルから中距離で特に目立っていて青葉賞は絶好の舞台と言える。

馬名父・血統分類
エタリオウロイヤルチャージャー系
オブセッションロイヤルチャージャー系
カフジバンガードニアークティック系
クレディブルロイヤルチャージャー系
ゴーフォザサミットロイヤルチャージャー系
サトノソルタスロイヤルチャージャー系
スーパーフェザーロイヤルチャージャー系
スズカテイオーロイヤルチャージャー系
ダノンマジェスティロイヤルチャージャー系
ダブルフラットロイヤルチャージャー系
テトラルキアロイヤルチャージャー系
ディープインラヴロイヤルチャージャー系
トラストケンシンロイヤルチャージャー系
ノストラダムスニアークティック系
マイネルサリューエロイヤルチャージャー系
ミッキーポジションロイヤルチャージャー系
モンテグロッソネイティヴダンサー系
ユウセイフラッシュネイティヴダンサー系

父・ロイヤルチャージャー系以外の馬は……

カフジバンガード
ノストラダムス
モンテグロッソ
ユウセイフラッシュ

ここではこの馬たちが消える。

ポイント3 レース間隔4-9週以外は消し!

最近は、重賞クラスになってくると連闘や中1週のようにレース間隔を詰める調整法で出走してくるケース自体が以前に比べれば少なくなり、調整を万全に進めてきた馬が結果を残せる傾向にあるが、クラシックへ向けてはその傾向は更に強くなる。また、逆に休み明け初戦でも青葉賞での好走は難しいことをデータは示している。

馬名レース間隔
エタリオウ7
オブセッション8
カフジバンガード6
クレディブル9
ゴーフォザサミット6
サトノソルタス11
スーパーフェザー4
スズカテイオー5
ダノンマジェスティ5
ダブルフラット4
テトラルキア8
ディープインラヴ7
トラストケンシン8
ノストラダムス5
マイネルサリューエ3
ミッキーポジション8
モンテグロッソ3
ユウセイフラッシュ4

レース間隔4-9週以外の馬は……

サトノソルタス
マイネルサリューエ
モンテグロッソ

ここではこの馬たちが消える。

ポイント4 前走3番人気以下は消し!

勝ち抜き戦の様相が強いクラシック戦線では前走でも前評判が高く上位人気に支持されていた馬が、青葉賞でも活躍できている。

馬名前走人気
エタリオウ2
オブセッション3
カフジバンガード9
クレディブル4
ゴーフォザサミット4
サトノソルタス3
スーパーフェザー1
スズカテイオー4
ダノンマジェスティ1
ダブルフラット1
テトラルキア2
ディープインラヴ1
トラストケンシン7
ノストラダムス8
マイネルサリューエ9
ミッキーポジション4
モンテグロッソ1
ユウセイフラッシュ2

前走3番人気以下の馬は……

オブセッション
カフジバンガード
クレディブル
ゴーフォザサミット
サトノソルタス
スズカテイオー
トラストケンシン
ノストラダムス
マイネルサリューエ
ミッキーポジション

ここではこの馬たちが消える。

ポイント5 前走上がり3F4位以下は消し!

芝2400m戦と比較的長距離のレースだと近年ではスローペースでレースが進むこともあって上がり勝負になることも多く、青葉賞では前走で最後の600m/上がり3Fが3位以内だった馬が確実に活躍できる傾向にある。

馬名上がり3F順位
エタリオウ4
オブセッション7
カフジバンガード2
クレディブル1
ゴーフォザサミット2
サトノソルタス2
スーパーフェザー1
スズカテイオー1
ダノンマジェスティ2
ダブルフラット2
テトラルキア3
ディープインラヴ1
トラストケンシン2
ノストラダムス3
マイネルサリューエ6
ミッキーポジション1
モンテグロッソ1
ユウセイフラッシュ1

前走上がり3F4位以下の馬は……

エタリオウ
オブセッション
マイネルサリューエ

ここではこの馬たちが消える。

ポイント6 前走平場戦は消し!

最後に前走の出走レースの視点から見た場合、能力のある馬は平場戦ではなく特別戦で能力に加えて実力もつけた上で青葉賞に出走した馬が活躍できていることがわかる。

馬名前走クラスレース名
エタリオウ500万ゆきやなぎ賞
オブセッションGⅡ弥生賞
カフジバンガードGⅡスプリングS
クレディブル500万
ゴーフォザサミットGⅡスプリングS
サトノソルタスGⅢ共同通信杯
スーパーフェザー500万アザレア賞
スズカテイオー500万大寒桜賞
ダノンマジェスティ500万大寒桜賞
ダブルフラット500万山吹賞
テトラルキア500万
ディープインラヴ未勝利
トラストケンシンGⅡ弥生賞
ノストラダムスGⅢ毎日杯
マイネルサリューエ500万
ミッキーポジション500万
モンテグロッソ未勝利
ユウセイフラッシュ未勝利

前走平場戦出走の馬は……

クレディブル
テトラルキア
ディープインラヴ
マイネルサリューエ
ミッキーポジション
モンテグロッソ
ユウセイフラッシュ

ここではこの馬たちが消える。

残った激走馬候補とは?

さて、ではいくつかの消しフィルターをくぐり抜け、ここまで残った馬はいるのだろうか? それは……

スーパーフェザー
ダノンマジェスティ
ダブルフラット

今回の激走馬候補は3頭。

馬券の軸にするもよし、相手に加えるもよし。どんな扱いにするにせよ、気にかけてみるのがいいのではないだろうか。

おすすめの記事