種牡馬トワイニングが死亡…フサイチアソートやノンコノユメを輩出

(C)阪神サラブレッドクラブ

種牡馬のトワイニングが6月28日、繋養されていたブリーダーズスタリオンステーションで死亡したとサラブレッドブリーダーズクラブが発表した。同日の午後に馬房内で倒れていた。解剖の結果、死因は大動脈破裂だと判明した。

トワイニングは米国産で通算成績は6戦5勝。重賞を2勝している。2001年から2年間、浦河町のイーストスタッドで供用された後、アメリカへ。しかし、2004年から再び日本で種牡馬生活を送っていた。

今年は24歳と高齢だったが、種牡馬として4頭に種付けしていた。代表産駒は東京スポーツ杯2歳ステークスを勝ったフサイチアソート、今年のユニコーンステークスを勝ったノンコノユメなど。

【関連記事】
スウィフトカレントの可能性を探る!産駒に幻のクラシックホースが!?
ハーツクライ産駒の特徴と買い時って?マジェスティハーツから学べ
フェノーメノに待ち受ける熾烈なステイゴールド後継種牡馬争いって?
“隠れダート馬”ハーツクライ産駒が熱い!芝種牡馬なのに砂が得意!?
影の最強種牡馬ブラックタイド!ディープインパクトの兄は脇役じゃない



この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る