タグ:ドゥラメンテ

ドゥラメンテの血統や菊花賞適正は?日本ダービーの覇者を徹底分析

(C)masakin0712

5月31日に東京競馬場で行われた日本ダービー(GI/芝2400m)は、1番人気のドゥラメンテが期待に応える圧勝で皐月賞に続く2冠を手にした。

今後は3冠を目指して菊花賞へ駒を進めるのか、得意の府中で古馬に挑戦するのか、あるいは凱旋門賞という夢をつかみにいくのか、注目される。

ドゥラメンテの血統背景や将来性はどんなものなのだろうか? 徹底分析を行っていこう。

血統評価は?

ドゥラメンテは父キングカメハメハ、母アドマイヤグルーヴ、その父サンデーサイレンスという血統。祖母エアグルーヴ、曾祖母ダイナカールで、言わずと知れた超良血牝系である。

キングカメハメハ産駒によるダービー制覇は今回が初で、これまで12頭が出走して最高着順は10年のローズキングダムの2着だった。ダイナカールの一族にとってはエアグルーヴ以来となるクラシック制覇となった。

エアグルーヴの仔ルーラーシップをはじめとして、仕上がりの遅い血統として知られ、管理する堀調教師も「完成するのはまだ先」と語っている。視点を変えると、未完成にもかかわらず春のクラシック2戦でこのパフォーマンスを披露したことになる。実に末恐ろしい馬だ。

菊花賞はキンカメの鬼門?

気になるのは今後のローテーションだ。

父キングカメハメハを考慮すると3000mの菊花賞は距離が長い可能性が高い。過去に菊花賞や天皇賞春といった3000m超のGIに出走したキングカメハメハ産駒の成績は(0-1-0-12)。断然人気ながら、菊花賞後、平地で1度も馬券に絡めなかったビッグウィークに敗れた10年菊花賞2着のローズキングダム以外は全て圏外に沈んでいる。

トゥザグローリー、トゥザワールドの兄弟も3000mでは距離の壁にぶち当たり、母系にダンスインザダークとトニービンとリアルシャダイという長距離に強い血を持つラブリーデイでさえ、距離の限界を露呈してきた。

このあたりはキングカメハメハの父であるキングマンボの血が遺伝しているのかもしれない。キングマンボは現役時代3つのGIを勝っているが、距離は全てマイルだった。そうなると、仮に菊花賞に進む場合は大きな鬼門を突破しなければ3冠を達成できないことになる。

ともかく現代日本競馬の結晶といっても差し支えのない超良血馬だ。今後の更なる成長と、レース振りから目が離せない。

【関連記事】
ドゥラメンテの血統表=日本競馬の歴史!名牝エアグルーヴの血
ドゥラメンテの凱旋門賞遠征に「NO」!2冠馬のベストローテとは?
怪物ドゥラメンテが2冠達成!ダービーを勝てた3つの勝因と将来性とは?
リアルスティールがダービー馬の栄光に届かなかった理由とは?敗因を探る
サトノクラウンがダービーで巻き返せた要因とは?上がり最速馬の将来性


ドゥラメンテの凱旋門賞遠征に「NO」!2冠馬のベストローテとは?

(C)masakin0712

すべての3歳馬が目指す春の最大目標である日本ダービー(GI/東京芝2400m)を制して、ドゥラメンテ(牡3)は2冠馬となった。

圧倒的なパフォーマンスで称賛を集めるのと同時に、早くも秋の凱旋門賞遠征に期待する声が挙がっている。

しかし、今回はあえて凱旋門賞遠征に関して、反対の声を挙げたい。様々な事情を加味していくと、凱旋門賞遠征が“怪物”にとってベストローテと言えないことは明白だからだ。

日本人は凱旋門賞に盲目的すぎる

そもそも日本のホースマンやファンは凱旋門賞に盲目的すぎる。凱旋門賞は「世界ナンバーワンホース決定戦」と謳われているが、実際には「欧州3冠の一つ」、「欧州の秋中距離路線の総決算」という位置づけに過ぎない。

日本で凱旋門賞が「世界ナンバーワンホース決定戦」と言われるのは、競馬の本場である欧州に対するコンプレックスから来ているのだろう。

ただ、欧州馬が世界最強を誇ったのは昔の話だ。

今や日本の芝中距離馬は世界トップクラスの実力がある。実際、2014年の世界レーティング1、2位は日本馬のジャスタウェイとエピファネイアだった。また近年はジャパンカップで外国馬が日本馬に歯が立たない状況が続いている。

「凱旋門賞を勝てなければ日本が世界一になれない」というのは盲目的な考え方なのだ。

それでも凱旋門賞を勝ちたいというホースマンの夢を否定するつもりはない。私自身、いつの日か日本馬が凱旋門賞を勝つシーンを見たいと思っている。

しかし、何か大レースを勝ったり、衝撃的な勝ち方をしたりした時に「凱旋門賞」という選択肢が真っ先に浮かぶのは「盲目的」と言わざるを得ない。

2冠を達成したからといって、ドゥラメンテが凱旋門賞へ挑戦しなければならない理由など、どこにもないのだ。

3歳馬の海外遠征はリスクが大きい

これが最も凱旋門賞遠征を反対する理由だ。

近年、「斤量の軽い3歳馬でないと凱旋門賞を勝てない」という風潮が蔓延している。実際、13年はキズナが、14年はハープスターが3歳にして凱旋門賞遠征を敢行している。

しかし、3歳馬は成長途上にある。輸送に何十時間もかかり、環境が全く異なる海外への遠征は3歳馬にとって大きな負担となる。事実、3歳で海外遠征を経験した馬は、故障したり謎の不振に陥ったりするケースが多い。

シックスセンス
香港ヴァーズ後、1戦を挟んで屈腱炎となり引退

ソングオブウインド
香港ヴァーズ後、屈腱炎が判明して引退

シーザリオ
アメリカンオークス後、繋靭帯炎を発症して引退

ディープブリランテ
キングジョージ後、屈腱炎となり引退

キズナ
凱旋門賞後、2走後に骨折

ハープスター
凱旋門賞後、3走後に負傷して引退

前述のキズナやハープスターも故障を経験し、後者は引退に追い込まれている。すべての理由が海外遠征にあるとは思わないが、さすがに故障する確率の高さに目をつぶることはできない。

また、日本馬と凱旋門賞の歴史を振り返ると、2着に好走したエルコンドルパサー、ナカヤマフェスタ、そしてオルフェーヴルは古馬として挑戦していた。3歳馬のキズナは4着に、ハープスターは6着に負けている。

凱旋門賞が牝馬や3歳馬に有利というのは、あくまでも欧州馬に当てはまる話だ。日本馬は古馬が結果を出しているのだから「斤量の軽い3歳馬でないと凱旋門賞を勝てない」というのもまた盲目的な考えといえるかもしれない。

古馬になってからでも遅くない

ドゥラメンテはダイナカールやエアグルーヴの一族だ。近親にはルーラーシップやフォゲッタブルがいる。

この一族は基本的に晩成傾向にある。母アドマイヤグルーヴは牝馬クラシックを勝てず、初GIは3歳秋のエリザベス女王杯だった。エアグルーヴは古馬になってから秋の天皇賞を制し、年度代表馬に輝いた。

さらにルーラーシップは才能だけでダービー出走にこぎつけたが、完成したのは古馬になってから。初GIは5歳春の香港(クイーンエリザベス2世カップ)だった。フォゲッタブルにしても春のクラシックに間に合わず、開花したのは3歳秋の菊花賞(2着)だった。

つまり、ドゥラメンテもまだまだ伸びしろがあるのだ。むしろ血統的には古馬になってから楽しみなタイプである。

成長途上にある3歳の秋に負担の大きい海外遠征を行うと、馬の才能を潰してしまいかねない。秋は国内に専念し、馬体が完成してから海外遠征を行えばいい。ドゥラメンテほどの才能を持っていれば古馬まで待っても「斤量が重すぎて勝負にならない」なんてことはないはずなのだから。

ベストローテって?

では、ドゥラメンテにとって最高のローテーションとは何なのだろうか?

ずばり、秋古馬3冠への挑戦を期待したい。

2冠馬ということで、通常なら3冠を目指して菊花賞へ進むところだ。

ただし、菊花賞はキングカメハメハ産駒にとって“鬼門”といえるレースだ。キングカメハメハ産駒は長距離レースをめっぽう苦手として、菊花賞や天皇賞春は未勝利。ローズキングダムやトゥザグローリーが1番人気に支持されたが、どちらも人気を裏切っている。

そもそも近年は長距離GIの権威が下がってきているため、菊花賞を勝っても種牡馬としての価値が上がるわけではない。

そうなると、得意の東京競馬場で開催される天皇賞秋、ジャパンカップへと歩みを進め、余力があれば有馬記念へ向かうのがベストではないだろうか。

菊花賞に進むと天皇賞秋はもちろん、間隔の問題でジャパンカップに使えない可能性が高い(というかローテが厳しいため、馬の将来を考えると使うべきではない)。さらに古馬になってから凱旋門賞に挑戦する場合、同じように府中の古馬GIを使えないことが考えられる。

ドゥラメンテにとってベスト条件といえる天皇賞秋とジャパンカップを使わないというのは、あまりにももったいなさすぎる。

凱旋門賞への挑戦は古馬になってからでいい。その前に得意の東京で古馬に挑み、さらなるタイトルの獲得を狙うのが最高の選択と言えるのではないだろうか。

陣営は最良の選択を

今から秋のローテーションの話が持ち上がるというのは、それだけ期待されているということだ。実際、皐月賞とダービーの走りを見れば期待は膨らむ一方だろう。

だからこそ、ローテーションの選択は慎重に行ってほしい。

ドゥラメンテを競馬史に残る怪物にするのか、“ただの2冠馬”で終わらせるのか。すべては人間が正しい選択を行えるかどうかにかかっている。オーナーや陣営の判断に期待したい。

【関連記事】
怪物ドゥラメンテが2冠達成!ダービーを勝てた3つの勝因と将来性とは?
リアルスティールがダービー馬の栄光に届かなかった理由とは?敗因を探る
サトノクラウンがダービーで巻き返せた要因とは?上がり最速馬の将来性
堀厩舎旋風!ドゥラメンテを管理する敏腕調教師の“狙い目”とは?
“武豊血統”ポルトドートウィユに凝縮された競馬の魅力


怪物ドゥラメンテが2冠達成!ダービーを勝てた3つの勝因と将来性とは?

(C)Yusuke Tsutaya

圧巻のパフォーマンスを見せた皐月賞から一転、王道の競馬で世代の頂点に立った。

5月31日に行われた第82回東京優駿・日本ダービー(GI/東京芝2400m)でドゥラメンテ(牡3)が勝利し、2冠を達成した。オルフェーヴル以来、史上23頭目の2冠馬となった。

ドゥラメンテはなぜダービーを制すことができたのか? 要因を探っていこう。

超一流の血統背景

まず世代の頂点に立つにふさわしい血統背景を持っていたことが大きい。

母アドマイヤグルーヴはエリザベス女王杯を連覇した名牝。3歳春のクラシックでは桜花賞で3着となっている。母母エアグルーヴはオークス馬、さらに母母母ダイナカールもオークス馬という超一流の血統背景を持っていた。

詳しくは以下のコラムを参照してほしい。

ドゥラメンテの血統表=日本競馬の歴史!名牝エアグルーヴやダイナカールの血

日本で屈指の超名門牝系の血が流れていたからこそ、世代の頂点に立つことができたのだ。

皐月賞以上の圧巻のパフォーマンス

ドゥラメンテといえば皐月賞での圧巻のパフォーマンスが思い出される。4コーナーで外に振られながら、33秒9の末脚で前の馬たちをゴボウ抜きにしたのだから、印象に残るはずだ。

ただし、ドゥラメンテが驚異的な走りを見せたのは皐月賞だけではない。

むしろ、注目したいのは未勝利戦と500万条件のセントポーリア賞だった。

いずれも舞台は東京芝1800m。ドゥラメンテは未勝利戦で2着に1秒差をつける1分47秒5で快勝すると、セントポーリア賞では驚異の1分46秒9で5馬身差の圧勝劇を演じた。

1分46秒9は現3歳世代が2歳〜3歳3月までの間に記録した1800mのレコードに0.1秒差に迫る秀逸なタイムだ。ちなみにレコードホルダーはクラリティスカイ。ご存知の通り、NHKマイルカップを制したGIホースである。

●詳細→クラリティスカイ、NHKマイルカップ制覇の背景にある3つの勝因とは?

皐月賞のパフォーマンスばかりに焦点が当てられるが、未勝利や500万条件の時から破格の走りを見せていたのだ。

王道の競馬、ハマった展開

レース展開もドゥラメンテに味方した。

ミルコ・デムーロ騎手はスタートからある程度前の位置取りを取りに行き、1コーナーで8番手につけた。リアルスティールは同13番手、サトノクラウンは同14番手、レーヴミストラルが同10番手だったため、有力馬の中で最も前にポジションを取ったことになる。

最後の直線では満を持して追い出されると、ぐんぐん加速。上がり2位の末脚でサトノラーゼン以下をねじ伏せた。

中団より前の位置取りにつけて最後の直線で上がり5位以内の末脚を使ってまとめるのが現代における“王道の競馬”だ。ドゥラメンテはまさに王道の競馬でダービーをとったことになる。

ペースも彼に味方した。

12.7 – 10.9 – 11.8 – 11.7 – 11.7 – 12.5 – 12.5 – 12.4 – 12.4 – 11.9 – 11.0 – 11.7

ご覧のとおり、スタートしてから2〜5ハロン目まで11秒台のラップを刻んだ。1000m通過は58秒台。これだけペースが流れると、前に行く馬は厳しい。

一方、6ハロン目から9ハロン目までは12秒台中盤で推移している。途中からペースが緩んだわけだから、後ろからいって末脚にかける馬にとっても厳しい展開となった。

つまり、好位につけた馬が最も有利な展開となったわけだ。実際、ドゥラメンテは4角7番手、サトノラーゼンも同じく4角7番手だった。

抜きに出た実力に加えて展開も向いたのだから、彼が2冠目を制したのは“必然”だったのだ。

いざ、秋の飛躍へ

2冠馬となったドゥラメンテだが、決して早熟馬というわけではない。

むしろダイナカールの系統は古馬になってから力をつける傾向にある。エアグルーヴはご存知の通り天皇賞秋で牡馬たちを一蹴し、年度代表馬に輝いた名牝だ。

近親のルーラーシップは古馬になってから本格化したし、フォゲッタブルも力をつけたのは3歳の夏を超えてからだ。

つまり、ドゥラメンテにはまだまだ伸びしろがある。むしろポテンシャルの高さだけで2冠を制したようなものなのだから、どんな馬になっていくのか、計り知れない部分が大きい。

秋は凱旋門賞に挑戦するのか、3冠を目指すのか、それとも古馬の王道路線を歩むのか、興味は尽きない。

どんな道を歩むにしても、これからしばらく、日本の競馬界がドゥラメンテを中心に回っていくことは間違いないだろう。

【関連記事】
ドゥラメンテの血統表=日本競馬の歴史!名牝エアグルーヴやダイナカールの血
堀厩舎旋風!ドゥラメンテを管理する敏腕調教師の“狙い目”とは?
英紙「ドゥラメンテはオルフェーヴルに次ぐ日本のスターになれる」
サトノアラジンの血統や将来性は?エプソムカップでエイシンヒカリと対戦へ
“武豊血統”ポルトドートウィユに凝縮された競馬の魅力


日本ダービー(2015年)の人気馬は?勢力図と予想オッズを展望

(C)Yusuke Tsutaya

今年の3歳馬の頂点を決する日本ダービー(GI/芝2400m)が5月30日に東京競馬場で行われる。

主役は、爆発的な末脚で皐月賞を制したドゥラメンテだ。皐月賞で見せたパフォーマンスをここでも発揮できれば、2冠も確実に思える。対するは皐月賞2着のリアルスティールや皐月賞3着のキタサンブラックらが逆転をはかる。

予想される人気と、出走を予定している主な有力馬はを見ていこう。

人気予想

1番人気 ドゥラメンテ
2番人気 リアルスティール
3番人気 キタサンブラック
4番人気 レーヴミストラル
5番人気 サトノクラウン

中穴人気…サトノラーゼン、ポルトドートウィユ、タンタアレグリア、ミュゼスルタンなど

※独自のアルゴリズムを用いて集計しています

勢力図を予想

ドゥラメンテ
適正:★★★★☆
能力:★★★★★
安定感:★★★★☆

やはり皐月賞で見せた衝撃的な末脚は記憶に新しい。東京競馬場は直線が中山競馬場より広く長いため、さらに末脚を生かせそうだ。父キングカメハメハはダービー馬、母アドマイヤグルーヴはエリザベス女王杯の勝ち馬という血統面から2400mは適距離と言えそうだ。ダービーという最高の舞台で良血の血が覚醒し、世代の頂点に君臨する2冠馬が誕生する。

リアルスティール
適正:★★★★★
能力:★★★★☆
安定感:★★★★★

皐月賞ではそつのない競馬で2着に健闘した。この馬は競馬が上手で折り合い面に関する不安もないので、距離延長はプラスに働きそうだ。東京競馬場で行われた共同通信杯ではドゥラメンテに競り勝っており、東京コースへの適性も十分ある。決め手ではドゥラメンテに劣るが、展開1つで逆転も十分考えられそうだ。

キタサンブラック
適正:★★★☆☆
能力:★★★★☆
安定感:★★★★★

皐月賞では積極的な先行策から3着に粘りこんだ。この馬のしぶとさは相当なもので、前々走のスプリングステークスではリアルスティールの猛追をクビ差凌いで勝利している。今回のダービーでは皐月賞でハナを切ったクラリティスカイが出走しないことから、単騎で逃げられるかもしれない。スローペースに持ち込めればチャンスはあるだろう。

サトノクラウン
適正:★★★★☆
能力:★★★★☆
安定感:★★★☆☆

皐月賞は6着に終わったが、出負けと4コーナーで受けた不利という明確な敗因があった。元々弥生賞を無傷の3連勝で制した素質馬で、潜在能力を秘めている。直線の広い東京コースでスムーズな競馬ができれば、この馬の能力をフルに発揮できるかもしれない。

その他、京都新聞杯を制したサトノラーゼン、3連勝で青葉賞を制したレーヴミストラルやNHKマイルカップで3着に追い込んだミュゼスルタンなども圏内か。平成のダービー男武豊騎手が手綱をとるポルトドートウィユも侮れない。

【関連記事】
日本ダービーに届かなかった馬たち〜シャイニングレイ、キロハナら〜
日本ダービーとオークスの黄金配合と“血統連動説”って?
日本ダービー(2015年)の出走予定・登録馬が発表!ドゥラメンテら
サトノラーゼンとポルトドートウィユは日本ダービーで通用するのか?
ドゥラメンテの血統表=日本競馬の歴史!名牝エアグルーヴやダイナカールの血


堀厩舎旋風!ドゥラメンテやカフェブリリアントを管理する敏腕調教師の“狙い目”とは?

(C)minafl

堀宣行厩舎の勢いが止まらない。4月に入ると、モーリスが圧倒的な力差でダービー卿チャレンジトロフィーを制し、翌週にはカフェブリリアントで阪神牝馬ステークスに勝利。そしてドゥラメンテが衝撃的な末脚で皐月賞を制したのは記憶に新しい。

4月だけで3つのタイトルを取り、関東リーディング1位、全国リーディングでも2位につける堀厩舎。今回はその成績から読み取れる、厩舎の特徴を探っていく。

狙いは外さない徹底した仕上げ

開業以来重賞35勝。優秀調教師賞を受賞するなど、今や関東をけん引するトレーナーとなっている。そんな堀厩舎の成績を見てまず目につくのが、出走数の少なさだ。

以下は2010年以降の通算勝利数トップ10調教師の出走数である。※5月7日現在

矢作芳人調教師 2497回 231勝(5位)
音無秀孝調教師 1919回 215勝(8位)
角居勝彦調教師 1858回 282勝(1位)
松田博資調教師 1763回 214勝(9位)
池江泰寿調教師 1745回 264勝(2位)
安田隆行調教師 1691回 223勝(6位)
藤沢和雄調教師 1688回 247勝(3位)
国枝栄調教師 1687回 194勝(10位)
藤原英昭調教師 1459回 237勝(4位)
堀宣行調教師 1282回 217勝(7位)

数を使うことで有名な矢作厩舎は例外として、他のトップトレーナーに比べても堀厩舎の出走数は明らかに少ない。

2011年には年間の複勝率5割という驚異的な数字を残した。馬の適性を見極め、無駄なレース選択をせず狙ったレースに向けてきっちり仕上げることが出来るからこその数字だろう。

象徴的だったのは5月3日に行われた東京メイン、オアシスステークスに出走したサトノプライマシーだった。約5カ月の休み明けだったが、5戦3勝と相性の良い東京ダート1600mを使い、6番人気ながら2着ときっちり走らせてきた。

勝率の高さに見る、勝負強さ

リーディング上位に名を連ねながら、出走回数が少ないということは、自ずと勝率の高さも浮かび上がってくる。

今年の勝率は22%で、2位の昆調教師(19%)、3位の木村調教師(19%)に大きな差をつけ全国トップ。

2010年以降の堀厩舎の勝率は……

10年 15%(5位)
11年 20%(1位)
12年 16%(4位)
13年 16%(2位)
14年 16%(2位)

と、抜群の安定感を見せている。カフェブリリアントが象徴的だが、昇級戦や重賞初挑戦、関西への遠征という、なかなか勝ちきることが難しい条件で勝ちきるのはさすがといったところだ。

脅威の複勝率、福永騎手とのコンビ

起用する騎手に偏りがあるのも堀厩舎の特徴で、普段は戸崎圭太騎手、石橋脩騎手の起用が多い。(ただ最近は戸崎騎手への騎乗依頼が減少気味。もっとも、モーリスとのコンビでダービー卿CTを制したように、疎遠となっているわけではない)

重賞において堀厩舎とのコンビ成績が目立つのが福永騎手で、10年以降92回騎乗し(23-12-15-42)と、複勝率は50%超え。サトノクラウンで制した弥生賞、阪神牝馬Sのカフェブリリアントも福永騎手騎乗だった。関西所属の騎手だけに、騎乗するのは限られた機会しかないが、福永騎手に騎乗以来してきたときの堀厩舎の馬には要注意だ。

忘れてはいけないのが外国人騎手とのコンビ。ミルコ・デムーロ騎手とのコンビで皐月賞を制したように、勝負を懸けたレースでは外国人騎手を起用してくる。10年以降、堀厩舎と外国人騎手のコンビは(41-35-15-121)で勝率は19%、複勝率も43%と好成績(M・デムーロ騎手、ルメール騎手の成績も含む)。

今年からJRA所属となったM・デムーロ騎手、ルメール騎手。ともに栗東所属ではあるが、今後堀厩舎との関係がどう変化していくのか注目していきたい。

おすすめコラム

ハープスターの軌跡と“その後”…豪脚と狂った歯車、産駒へ引き継がれる夢
横山典弘騎手の“ポツン騎乗”は本当に多いのか?天才の気まぐれの真相
ウインバリアシオンが種牡馬になれなかった“事情”…経営方針と血の飽和
ポルトドートウィユと武豊騎手をつなぐ“絆”!日本ダービーへ必勝体制
注目記事満載!競馬の魅力を語り尽くす最新コラム一覧へ


Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る