タグ:ダイワメジャー産駒

エプソムカップ2017の予想データ分析…アストラエンブレムらの優勝が困難な3つの理由

(C)Y.Noda

今週は東京競馬場でエプソムカップ(GIII/芝1800m)が行われる。

上位人気に支持されることが確実なのが、4歳のダイワメジャー産駒アストラエンブレムとタイセイサミットだ。前走は2頭ともメイステークスに出走し、ワンツーフィニッシュ。同じ東京芝1800mで行われたレースで好成績を残したことで、「重賞でも」と期待されている。

しかし、アストラエンブレムとタイセイサミットがエプソムカップを制するためには、いくつかの障害をクリアしなければならない。しかも、そのハードルは決して低くない。

今回はアストラエンブレムとタイセイサミットがエプソムカップを優勝する上でパスしなければならない理由に迫っていこう。

アストラエンブレムのプロフィール
〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者〜

ダイワメジャー
ブラックエンブレム
母の父ウォーエンブレム
母の母ヴァンドノワール
性別
馬齢4 歳
生年月日2013年4月6日
毛色鹿毛
馬主(有)シルクレーシング
調教師小島茂之(美浦)
生産牧場ノーザンファーム
産地安平町
馬名意味矢(サンスクリット)+母名の一部

タイセイサミットのプロフィール
〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者〜

ダイワメジャー
ヴァインドレッサー
母の父エンドスウィープ
母の母ヴァイオレットラブ
性別
馬齢4 歳
生年月日2013年5月18日
毛色栗毛
馬主田中成奉
調教師矢作芳人(栗東)
生産牧場社台ファーム
産地千歳市
馬名意味冠名+頂上

困難な理由1 ローテーション

まずは2頭の共通点から探っていこう。アストラエンブレムもタイセイサミットも、前走は同じメイSを使っている。

しかし、エプソムカップとメイSの相性は非常に良くない。

というのも、過去10年におけるこのローテーションの成績を見てみると……

前走メイS(0−0−0−10)

なんと、1頭も好走していないのだ。キングストリートやロジチャリスが2番人気に支持されるなど、10頭の中には人気馬もいた。しかし、馬券圏内に入ったことは一度もない。ベタではあるが、好ましい要素でないことは確かだろう。

困難な理由2 ダイワメジャー産駒その1

そして2頭ともダイワメジャー産駒という点で共通している。もともとダイワメジャー産駒は東京芝1800mが得意だった。特に下級条件では穴を開けることが多かった。

しかし、こと重賞になると話は変わってくる。

ダイワメジャー産駒はディープインパクト産駒やキングカメハメハ産駒に比べて切れ味がない。直線の長い東京コースだと、どうしても切れ負けしてしまう。特に中距離に近づけば近づくほど、この傾向は顕著になってくる。

実際に東京で行われた芝重賞におけるダイワメジャー産駒の成績を見てみよう。

距離着別度数
1400m2- 2- 2-10/16
1500m0- 0- 0- 0/ 0
1600m4- 2- 6-36/48
1700m0- 0- 0- 0/ 0
1800m1- 0- 0- 8/ 9
1900m0- 0- 0- 0/ 0
2000m0- 0- 1- 4/ 5
2100m0- 0- 0- 0/ 0
2200m0- 0- 0- 0/ 0
2300m0- 0- 0- 0/ 0
2400m0- 0- 0-12/12
2500m0- 1- 0- 3/ 4
2600m0- 0- 0- 0/ 0
2800m0- 0- 0- 0/ 0
3000m0- 0- 0- 0/ 0
3200m0- 0- 0- 0/ 0
3400m0- 0- 1- 2/ 3

ご覧の通り、1400、1600mで活躍しているのがほとんど。1800m以上で勝ったのは、毎日王冠のカレンブラックヒルのみだ。ダイワメジャー産駒は東京の中距離重賞を得意としているわけではない、というわけである。

困難な理由2 ダイワメジャー産駒その2

前述の通り、ダイワメジャー産駒は東京の上位条件になると、なかなか結果を残せない。

その最大の理由は、他の上位種牡馬に比べてスピード面で劣ることだ。

そしてスピードは年齢とともに衰えてくる。実際、年齢別の成績を見てみると……

年齢着別度数
2歳2- 2- 4-11/19
3歳4- 0- 5-28/37
4歳1- 1- 1- 8/11
5歳0- 0- 0-14/14
6歳0- 1- 0-12/13
7歳0- 1- 0- 0/ 1
8歳0- 0- 0- 2/ 2

重賞制覇は2、3歳に偏っている。古馬になると、41頭走ってわずか1頭しか勝っていない。

しかも勝ったのは京王杯スプリングカップにおけるダイワマッジョーレ。この時、馬場状態は「やや重」だった。つまり、普段よりスピードを問われない状況だったわけだ。

上記のデータを良馬場に限定してみると……

年齢着別度数
2歳2- 2- 3-10/17
3歳4- 0- 4-28/36
4歳0- 1- 1- 6/ 8
5歳0- 0- 0-13/13
6歳0- 0- 0-11/11
7歳0- 1- 0- 0/ 1
8歳0- 0- 0- 2/ 2

ご覧の通り、古馬の勝ち馬はゼロになる。もしエプソムカップが良馬場開催になれば、アストラエンブレムとタイセイサミットは史上初の制覇に挑むことになるのだ。

勝てれば快挙である。ただし、それほどハードルの高いミッションであるということなのだ。

まとめ

いかがだっただろうか? アストラエンブレムとタイセイサミットが有力馬であることは間違いないが、勝ち切るためにクリアしなければならないハードルは決して低くない。

果たして2頭のダイワメジャー産駒は今までの傾向を打ち破れるのか? そういった観点から出走のときを待つのも面白いだろう。


ダイワメジャー産駒の特徴は?血統の傾向や距離適性、買い方ガイド


ここではダイワメジャー産駒(子ども)の特徴について書いていきます。

種牡馬としてどのような特徴を持っているのか?血統や実際の産駒の成績、性別(牡馬/牝馬)、馬場適性(重馬場、道悪)、距離適性(長距離/中距離/短距離)、ダート適性など、様々なデータから“買い時”を紐解いていきます。

プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者〜

サンデーサイレンス
スカーレットブーケ
母の父ノーザンテースト
母の母スカーレツトインク
性別
馬齢6歳
生年月日2001年4月8日
毛色栗毛
馬主大城敬三
調教師上原博之(美浦)
生産牧場社台ファーム
産地千歳市
馬名意味冠名+最高の

賞金

総賞金1,002,230,000
内付加賞56,830,000
収得賞金(平地)320,000,000
収得賞金(障害)0

能力分析

能力値評価
絶対能力B
スピードB
パワーB
スタミナB

ダイワメジャー解説 ~隠れ妙味なし種牡馬!消して重宝せよ~

血統予想をする上で大事なことの一つとして、「一般のファンが持っている漠然としたイメージ」と「実際の能力、得意条件」の差異にどれだけ気づけるか、ということがあります。

イメージと実際の適性が合っていれば、無難に活躍しますし、イメージと適正に差があれば、そこに妙味が生まれることがあります。例えばサクラバクシンオーやデュランダルはスプリンターでした。産駒もスピードに優れているため、無難に活躍しますよね?

そういう意味でダイワメジャーは、大変残念な種牡馬といえるでしょう。

現役時代のダイワメジャーはマイル〜2000mで活躍しました。特にマイラーのイメージが強く、種牡馬になってからも短距離戦で人気になる産駒が目立ちます。しかし、実際には皐月賞と天皇賞秋を勝ち、有馬記念で3着になっています。完全なマイラーではなく、むしろ万能タイプに近いんです。(もちろん、スピード寄りなので重賞レベルではマイル前後が一番合っていますが)

平均的な能力は高いため短距離戦をこなしますが、スピードの能力が突出しているわけではありません。しかし、短距離のイメージが強いので人気になります。よって、どういう現象が起きるかというと、妙味のない馬が多くなってしまうんですね。

一方、イメージほどスタミナがないわけではないので、長距離戦に出てきた馬は妙味大。ただ、陣営も短距離のイメージを持っているため、なかなか2400m以上のレースに使ってきません。

また、ディープインパクトやキングカメハメハは差し馬のイメージが強いため、先行馬に妙味が生まれます。一方、ダイワメジャーはモロに逃げ、先行馬のイメージが有りますよね? よって、先行馬は人気になって妙味がないんです。

じゃあ、差し馬に妙味があるかというと、そこまで瞬発力がないので期待値は高くない。

まとめると、距離ではイメージと実際の能力に悪い意味でギャップがあるため、妙味が生まれない。一方、脚質ではイメージと能力がモロにかぶっているため、ここでも妙味が生まれない。

要するに妙味が生まれる条件が極めて限定されているので、穴予想をする上ではあまり軸馬に向いていません。どちらかと言えば消すタイミングを見極めたい種牡馬ですね。

産駒の特徴

・「短距離」、「逃げ、先行」などイメージが確立されているため、その条件で人気になりやすく妙味がない
・意外とスタミナがあるため、長距離戦で狙える
・本命には向かない。相手筆頭、ヒモに置くのが妥当

“買い時”

・2000m以上
・重馬場の重賞

※考察で使用するデータは特別な注釈がない限り、以下が対象

・過去3年の芝レース(良馬場)
・3番人気以下、かつ単勝100倍未満の穴馬
・2〜5歳
・初出走、およびキャリア26戦以上を除外
・連闘、および半年以上の休み明けを除外

買い時① 2000m以上

短距離のイメージが強すぎて中・長距離戦では軽視されがち。しかし、ダイワメジャーの現役時代を振り返ってください。皐月賞と天皇賞秋を勝ち、有馬記念で3着になっています。一般的なイメージよりはるかにスタミナがあるんです。

おそらく「ダイワメジャー+長距離=消し」という方程式を持っているファンが多いので、ここが狙い目になります。ダイワメジャーで唯一買える条件といっても過言ではありません。

距離勝率複勝率単回値複回値
2000m~15.2%41.1%9097

集計期間:2014. 1.12 ~ 2016.12.25

なお、さすがに重賞レベルになるとダイワメジャーよりスタミナがある種牡馬はたくさんいますから、妙味はなくなります。あくまでも条件戦で狙うようにしましょう。(重賞でも全く人気がないなら抑えてOKですが)

買い時② 重馬場の重賞

ダイワメジャー産駒は上位条件になると、瞬発力の部分でディープインパクトやキングカメハメハに劣ります。純粋なスピード勝負だと分が悪い。よって、重馬場のほうが期待値が高くなります。

馬場状態勝率複勝率単回値複回値
芝・ 良6.1%18.3%6659
芝・稍重4.8%33.3%32110
芝・ 重
芝・不良20.0%20.0%15452

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.18

重馬場がいいという以上に、良馬場の期待値が低すぎますよね。

上記の条件に当てはまれば買いですが、それ以外の時は基本的に嫌ったほうがいいでしょう。

予想に役立つデータ一覧(芝編)

ここではこの種牡馬に関わる産駒のデータ、傾向を一挙公開しています。予想の参考にお使いください。

※データは2014年1月1日〜2016年12月31日まで
※単勝100倍未満の穴馬は対象外
※新馬戦は対象外
※キャリア26戦以上の消耗した馬は対象外
※連闘、および半年以上の休み明けを対象外

年齢別集計

年齢勝率複勝率単回値複回値
2歳11.7%37.6%6984
3歳10.1%30.2%9081
4歳8.6%27.4%7287
5歳7.6%22.4%4164
6歳12.1%24.2%121123
7歳0.0%0.0%00
8歳

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

馬体重別集計

馬体重勝率複勝率単回値複回値
~399kg0.0%0.0%00
400~419kg7.9%28.9%8385
420~439kg3.0%24.6%3768
440~459kg10.6%27.7%8690
460~479kg9.7%30.2%8081
480~499kg11.2%32.1%8080
500~519kg8.6%28.2%5972
520~539kg12.2%32.8%72101
540~13.6%22.7%7149

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

枠番別集計

枠番勝率複勝率単回値複回値
1枠13.7%31.9%9073
2枠13.1%35.0%92100
3枠9.1%26.8%4578
4枠10.2%29.8%10988
5枠7.4%27.3%6983
6枠10.2%33.8%4785
7枠6.1%22.0%7160
8枠9.5%30.2%8184

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

馬番別集計

馬番勝率複勝率単回値複回値
1番12.6%32.3%7265
2番15.0%33.1%9782
3番11.9%33.6%9992
4番14.5%37.5%93106
5番7.1%27.8%3577
6番12.9%32.0%5869
7番6.7%24.7%5073
8番8.0%34.5%10797
9番11.1%28.2%11671
10番7.8%27.9%5184
11番9.3%33.9%2878
12番5.1%34.2%27125
13番7.5%15.1%8755
14番4.5%14.8%12845
15番6.8%23.7%4158
16番12.7%31.7%115101
17番0.0%7.7%015
18番12.5%29.2%217155

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

人気別集計

人気勝率複勝率単回値複回値
1番人気29.8%59.6%7378
2番人気16.0%53.0%6787
3番人気13.5%39.9%8279
4番人気8.6%31.0%6877
5番人気7.3%24.8%7372
6番人気4.8%22.4%6976
7番人気3.9%15.5%6664
8番人気2.7%17.4%5790
9番人気2.7%14.3%6399
10番人気1.2%7.4%3456
11番人気5.2%13.0%290129
12番人気3.0%9.0%11487
13番人気0.0%4.2%046
14番人気0.0%6.5%080
15番人気0.0%6.3%0136
16番人気0.0%14.3%0238
17番人気
18番人気

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

クラス別集計

クラス勝率複勝率単回値複回値
新馬
未勝利11.8%35.7%9790
500万下8.3%26.8%6277
1000万下11.4%32.0%7990
1600万下8.4%23.2%5864
OPEN特別9.5%29.5%6560
G37.7%22.0%7586
G24.1%20.4%6767
G18.8%17.6%3668

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

場所別集計

場所勝率複勝率単回値複回値
札幌9.6%31.5%7473
函館5.0%30.0%7579
福島8.1%21.6%4146
新潟8.6%25.7%3771
東京13.1%30.5%7480
中山7.9%27.3%4566
中京8.7%31.1%5086
京都8.3%31.3%6488
阪神11.1%31.5%12897
小倉11.4%31.4%123101

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

距離別集計

距離勝率複勝率単回値複回値
1800m9.6%30.1%8369
1900m
2000m11.4%37.6%5396
2100m
2200m9.4%21.9%9152
2300m0.0%100.0%0430
2400m23.8%38.1%20791
2500m12.5%37.5%163157
2600m14.3%28.6%6050
2800m
3000m0.0%0.0%00
3200m
3400m0.0%0.0%00
3600m

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

馬場状態別集計

馬場状態勝率複勝率単回値複回値
芝・ 良10.2%29.9%7582
芝・稍重6.9%27.1%4170
芝・ 重9.5%27.4%17397
芝・不良16.7%38.9%10275

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

間隔別集計

間隔勝率複勝率単回値複回値
連闘
2週7.9%31.1%6775
3週12.5%36.3%8089
4週12.6%31.8%7780
5~ 9週10.0%25.9%8575
10~25週6.4%24.8%6284
半年以上
初出走他
不明・他
明け2戦12.2%29.0%8068
明け3戦8.4%25.9%6273
明け4戦13.5%29.1%10470
明け5戦7.7%29.7%4389
明け6~6.0%28.8%3984

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

前走脚質別集計

前走脚質勝率複勝率単回値複回値
平地・逃げ12.5%27.2%10582
平地・先行10.8%36.4%6582
平地・中団9.3%26.9%8579
平地・後方6.3%20.9%5877
平地・マクリ14.3%14.3%4820
3F 1位11.1%33.3%4472
3F 2位19.0%42.9%7189
3F 3位13.6%35.2%7786
3F ~5位9.7%33.4%6786
3F 6位~7.6%24.9%8378

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

前走クラス別集計

前走クラス勝率複勝率単回値複回値
同クラス9.7%28.7%7981
昇級戦9.9%29.6%6075
降級戦10.8%43.0%3499

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

前走距離別集計

前走距離勝率複勝率単回値複回値
同距離10.2%31.0%5770
±200以内10.5%30.6%7380
±400以内9.9%30.0%7682
±600以内9.8%29.5%7481
今回延長8.9%28.5%114100
今回短縮9.9%27.7%6581
500m以上延長3.4%13.8%4575
500m以上短縮3.7%7.4%1920

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

前走馬場状態別集計

前走馬場状態勝率複勝率単回値複回値
ダ→芝5.9%18.3%16490

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25


レーヌミノルの血統や次走、将来性は?桜花賞馬になれた理由

Horse Race Photo Studio

4月9日に行われた3歳牝馬クラシック第1戦の桜花賞(芝外回り1600m)でダイワメジャー産駒のレーヌミノル(牝3)がGI初制覇を果たした。

圧倒的な1番人気にソウルスターリングが支持されたレースだったが、早めに先頭へ抜け出すと二枚腰で後続を振り切り、1着でゴール板を駆け抜けた。

レーヌミノルの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。

プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者〜

ダイワメジャー
ダイワエンジェル
母の父タイキシャトル
母の母プリンセススキー
性別
馬齢3 歳
生年月日2014年4月24日
毛色栗毛
馬主吉岡實
調教師本田優(栗東)
生産牧場フジワラフアーム
産地新ひだか町
馬名意味女王(仏)+冠名

血統評価は?

ダイワメジャー産駒は2歳の短距離重賞に強いものの、3歳になると期待値が下がります。これはダイワメジャー産駒の仕上がりが早いため、その時期に周りと差をつけられることが一つ。そして3歳になるとディープインパクト産駒やハーツクライ産駒といったクラシックで活躍するタイプの馬たちが力をつけてくるため、という2つの理由が大きい。

この馬も小倉2歳ステークスを圧勝しているように、仕上がりが早かった。ということで、本来なら尻すぼみになっていきそうな馬だっただけに、桜花賞馬になったという結果はかなり意外だった。

メジャーエンブレムのように母系が重厚で成長力のある血統ならまだ分かるが、レーヌミノルはそうではない。母父タイキシャトルは、ダイワメジャーと同じような特性を持っていて、基本的には仕上がりの早いスプリンタータイプ。基本的には1200〜1400mがベストというタイプに見える。

ということで、今後は徐々に短距離にシフトしていくと考えられる。

なぜ桜花賞を勝てたのか?

では、なぜベスト条件ではない桜花賞を勝てたのかというと、一番大きな要因はメンバー構成だったと考えられる。

春の牝馬クラシックと言えばディープインパクト産駒とキングカメハメハ産駒だが、前者は1頭しか、後者に至っては1頭も出走がなかった。唯一のディープインパクト産駒カワキタエンカにしても10番人気。しかも非社台馬で“エリート・ディープ産駒”とはいえない馬だ。

では人気になったのは何かといえば、フランケル産駒のソウルスターリング、ハーツクライ産駒のアドマイヤミヤビとリスグラシューだった。

フランケル産駒は当然ながらクラシックでは未知数。ハーツクライに関してはマイル以下のGIで勝ったのはジャスタウェイのみ。そのジャスタウェイにしても、不良馬場というスタミナが問われる条件(=適正距離が長い馬が有利な条件)だった。牝馬で区切れば2000mまで伸ばしても、GIは未勝利という状況にある。

要するに、桜花賞に適性がある馬が例年より少なかったわけだ。その感は、どうしても否めないだろう。

将来性や次走は?

前述の通り、血統的にはあまり伸びしろを見込むのは難しいという気がしてならない。近親にGI実績のある馬はほとんどいないし、ダイワメジャー×タイキシャトルという血統構成を見ても、なかなか難しそう。

あるとすれば、適正距離が短距離にシフトしていったときにどうか、といったところだ。

今後はオークスよりNHKマイルに向かったほうが良さそうだが、陣営はどのような決断を下すのか、注目される。


カレンブラックヒルが引退!NHKマイルカップを制したダイワメジャー産駒

(C)masakin0712

2012年のNHKマイルカップ(GI/芝1600m)を制したダイワメジャー産駒のカレンブラックヒル(牡6)が競走馬登録を抹消した。引退後は北海道新冠郡新冠町の優駿スタリオンステーションで種牡馬となる予定となっている。

カレンブラックヒルは父ダイワメジャー、母チャールストンハーバー、その父Grindstoneという血統。

3歳の1月にデビューを迎えたカレンブラックヒルは破竹の勢いで連戦連勝。3戦目でニュージーランドトロフィーを勝って重賞初制覇を果たすと、次走となったNHKマイルカップでは1番人気に応えてGIを制した。秋の始動戦、毎日王冠では古馬を一蹴し、天皇賞秋でも5着と健闘した。

古馬になってからはダービー卿チャレンジトロフィー、小倉大賞典と重賞2勝。ただし、GIでは3歳時の天皇賞秋の5着が最高と、GIの舞台では輝けなかった。今後は種牡馬となり、次の世代へ夢を託すことになる。

【関連記事】
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
ゴールドシップは引退レースのために壮大な前振りをしたに違いない
「昔の競馬は熱かった。今はクソ」なんていう老害にならないために僕らがすべきこと
3連複の買い方!1、2、3番人気が全頭馬券から消える確率を知っていますか?
初心者が3連複で万馬券を当てるための最良のフォーメーションとは?


ボールライトニングの血統や将来性は?京王杯2歳S1着馬を徹底分析

(C)Ko-mei

11月7日に東京競馬場で行われた京王杯2歳ステークス(GII/芝1400m)でダイワメジャー産駒のボールライトニング(牡2)が重賞初制覇を達成した。

不利と言われる大外枠から出走したものの、スタートから好位をキープ。直線ではバテることなくしっかりと伸びてゴール。アドマイヤラモールとシャドウアプローチを退けた。

ボールライトニングの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。

血統評価は?

ボールライトニングは父ダイワメジャー、母デフィニット、その父デヒアという血統。

ダイワメジャー産駒の2歳重賞制覇は13年のマーブルカテドラル(アルテミスステークス)以来となった。同産駒は1400m〜マイルを得意としていて、1400mではこれで4勝目。

母父のデヒアはエクリプス賞最優秀2歳牡馬を受賞した2歳GI馬。母のデフィニットは小倉2歳ステークスの覇者デグラーティアを輩出している。近親には昨年の当レースで好走したニシノラッシュの名前も。

父が1400m巧者、母系が早熟血統ということで、重賞制覇の背景には血統が大きく関係していたと判断していいだろう。

【次のページヘ】ボールライトニングの将来性は?

ページ:

1

2

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る