タグ:ステイゴールド産駒

なぜステイインシアトルと武豊騎手は鳴尾記念を勝てたのか?3つの理由

(C)@dawasaphoto

6月3日に阪神競馬場で開催された宝塚記念の前哨戦・鳴尾記念(GIII/芝2000m)で、3番人気のステイゴールド産駒ステイインシアトルが武豊騎手の手綱で優勝して、重賞初制覇を飾った。

ステイインシアトルと武豊騎手が勝利した要因を探るとともに、将来性についても考えてみよう。

プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者〜

ステイゴールド
シアトルサンセット
母の父 BelongtoMe
母の母 WeekendinSeattle
性別
馬齢 6 歳
生年月日 2011年1月11日
毛色 黒鹿毛
馬主 青芝商事(株)
調教師 池江泰寿(栗東)
生産牧場 ノーザンファーム
産地 安平町
馬名意味 父名、母系より連想

血統評価は?

まずは、ステイインシアトルの基本的な情報として、血統を考察しよう。

父ステイゴールド(サンデーサイレンス系)×母父Belong to Me(ダンチヒ系)という血統の6歳牡馬。

あまり知られていないが、この組み合わせは非常に期待値の高い。

母父 着別度数
ダンチヒ系 30- 14- 22-219/285
勝率 複勝率 単回値 複回値
10.5% 23.2% 138 92

単回収値はベタ買いでも138円の回収値、複勝回収値も92円と水準以上だ。

ただし、重賞勝ち馬はG3までで、ステイインシアトルを含めて延べ4勝。

馬名 レース名
ステイインシアトル 鳴尾記念G3
マイネルミラノ 函館記念HG3
ココロノアイ チューリG3
ココロノアイ アルテミG3

好走率の割に、重賞勝ち馬数が少ないことを踏まえると、平場で期待値のある血統と言えそう。

また、重賞勝ち馬に関しては、どの馬も展開に恵まれての勝利という印象が強く、地力で突き抜けて勝つというタイプではない。

G3クラスで、何かしらの恩恵があれば勝てる水準の馬を出す血統と言えるだろうか。

鳴尾記念における勝利の3つのポイント

では、より具体的に鳴尾記念での勝因を探っていくことにしよう。

1.小頭数

ステイインシアトルは14頭立て以上では[1-1-0-3]に対して、13頭立て以下のレースでは今回も含めて[4-1-0-0]と連対率100%を誇る。

とにかく揉まれない競馬になることが好走の条件。今回は10頭立てだった。

2.位置取り

4角先頭で回れた時には今回も含めて[5-0-0-0]と勝率100%。逆に、それ以外の時には[0-2-0-3]と一度も勝てていなかった。

スムーズにハナを切れたことが、大きな要因の一つだったわけだ。

3.鞍上武豊

そして何といっても武豊騎手の存在が大きかった。ステイインシアトルにとって絶妙のペースを作り出し、周囲にとって追い上げが厳しい展開を作った。

武豊騎手がハナを切ると、他の騎手が競りかけてこない傾向にある。他の騎手であれば、今回のようなスローペースでは、道中で捲りが入ったり、早めにプレッシャーをかけられたりと、かなり苦しい競馬になっていたことも考えられる。

1と2の要因を満たすために、最も重要な役割を果たしたのが『武豊騎手が騎乗していた』という点だったわけだ。

次走・将来性は?

次走は宝塚記念ではなく、函館記念(7月16日)と小倉記念(8月6日)の両にらみとのこと。

デビュー2戦目のGⅡ京都新聞杯の後に、脚部不安の影響で約2年近い休養期間があったことから、6歳にしてここまでのキャリアは僅か9戦。伸びしろは十分にあると言えるだろう。

鳴尾記念の内容自体は、かなり恵まれての勝利という印象が強く、次走以降、そのまま信用することが適切かどうかは微妙なところだ。

しかしながら、これからの上昇度もまた未知数であることは確かで、秋のG1戦線に向けて最大の上り馬となる可能性は十分に考えられるだろう。


ステイゴールド産駒の特徴は?血統の傾向や距離適性、買い方ガイド


ここではステイゴールド産駒(子ども)の特徴について書いていきます。

種牡馬としてどのような特徴を持っているのか?血統や実際の産駒の成績、性別(牡馬/牝馬)、馬場適性(重馬場、道悪)、距離適性(長距離/中距離/短距離)、ダート適性など、様々なデータから“買い時”を紐解いていきます。

プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者〜

サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
母の父 デイクタス
母の母 ダイナサツシユ
性別
馬齢 8歳
生年月日 1994年3月24日
毛色 黒鹿毛
馬主 (有)社台レースホース
調教師 池江泰郎(栗東)
生産牧場 白老ファーム
産地 白老町
馬名意味  「いつまでも輝く」「輝き続ける」

賞金

総賞金 762,993,000
内付加賞 8,693,000
収得賞金(平地) 346,200,000
収得賞金(障害) 0

能力分析

能力値 評価
絶対能力 B
スピード B
パワー D
スタミナ A

ステイゴールド解説 ~ホームランか三振か、タフな条件に強い長距離砲~

現役時代は「なかなか勝てない馬」でした。「主な勝ち鞍:阿寒湖特別」とやゆされた時期もありました。

しかし、勝ちきれなかっただけで能力が低かったわけではありません。抜群の闘争心を武器にGI戦線で活躍しました。その闘争心は種牡馬となってからも産駒に確実に受け継がれています。

種牡馬としての特徴といえば、とにかくタフな条件に強いこと。

ディープインパクトやキングカメハメハのような“エリート種牡馬”の産駒は疲労に弱かったり、飽きやすかったり、エリートっぽい弱点があります。一方、ステイゴールドはいわば叩き上げの成り上がり種牡馬です。昇級戦で相手が強くなると負けん気の強さを発揮し、馬群を苦にせず、重馬場で期待値を挙げます。

どんなに悪い条件でも諦めない。だから人々に愛されたのでしょうね。

そんな“愛さずにはいられない”馬の産駒たちの特徴を見ていきましょう。

産駒の特徴

・闘争心が持ち味。逆境に強い
・個体によって能力差が激しい
・クラシック血統だが、穴馬基質がある
・パワーがないため、ダートはNG

“買い時”

・内枠に入った馬
・距離短縮馬
・重馬場、荒れ馬場(連続開催時)
・叩き3戦目以降

※考察で使用するデータは特別な注釈がない限り、以下が対象

・過去3年の芝レース
・3番人気以下、かつ単勝100倍未満の穴馬
・2〜5歳
・初出走、およびキャリア26戦以上を除外
・連闘、および半年以上の休み明けを除外

買い時① 内枠に入った馬

負けん気の強いステイゴールド産駒は内枠に入った時に真価を発揮します。

馬群に入って揉まれることを苦にしないどころか、「ジャマだ、ボケー!」と言わんばかりに実力以上の力を発揮してきます。

枠番 勝率 複勝率 単回値 複回値
1枠 4.3% 17.9% 126 71
2枠 6.7% 28.1% 77 110
3枠 8.0% 21.5% 99 78
4枠 5.3% 16.0% 39 75
5枠 7.5% 23.0% 101 88
6枠 3.6% 20.7% 52 72
7枠 5.1% 22.6% 54 77
8枠 4.4% 20.3% 54 90

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

内と外で好走率、回収値ともに大きな開きがあることが分かります。1枠の成績が低いですが、これは1枠が苦手というわけではありません。最近の傾向として、1枠は過剰人気になりがち。一方、詰まるリスクというのは常にある。詰まるリスクは変わっていないのに、人気になっているということで、1枠はあまり妙味がなくなっているんです。(ステイゴールドどうこうではなく、全体的な傾向として1枠の成績がよくなくなっている、という意味です)

ステイゴールドの内枠、特に2、3枠くらいに入ったら狙ってみるといいでしょう。

買い時② 距離短縮馬

前走より短い距離を走る場合、前走よりペースが厳しくなることがほとんどです。厳しい条件になってこそ真価を発揮するのがステイゴールド産駒ですから、当然距離短縮は絶好の買い時になります。

前走距離 勝率 複勝率 単回値 複回値
同距離 6.6% 21.7% 84 78
今回延長 4.6% 21.5% 53 82
今回短縮 5.4% 20.5% 84 92

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

複勝回収値は90オーバーと、標準以上の数字を記録しています。特に距離短縮馬が内枠に入った時は狙い目です。

枠番 勝率 複勝率 単回値 複回値
1枠 7.7% 25.6% 228 115
2枠 6.1% 15.2% 41 130
3枠 6.3% 21.9% 98 130
4枠 4.5% 20.5% 28 124
5枠 7.9% 21.1% 152 77
6枠 0.0% 28.0% 0 83
7枠 7.8% 21.6% 91 65
8枠 2.0% 14.0% 26 38

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.17

ご覧のとおりです。「距離短縮のステイゴールドが内枠に入った時は買い」と覚えておきましょう。

買い時③ 重馬場、荒れ馬場(連続開催時)

スタミナの問われる条件になってこそ、ステイゴールドは実力を発揮します。

好走率が上がっていることに加え、回収値が標準より大幅に高い。

良馬場時の成績より明らかに向上しています。さらに開催が進めば進むほど、期待値が上がります。

日次他 勝率 複勝率 単回値 複回値
初開催 5.3% 19.6% 64 77
連開催 6.6% 26.9% 105 101

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

連続開催時のほうが期待値が高いことがわかります。

買い時④ 叩き3戦目以降

もうステイゴールドという馬は本当にドMですね(笑)。エリートたちは休み明けの期待値が高いわけですが、ステゴ産駒は全く当てはまりません。

むしろ休み明けや叩き2戦目は期待値が低いんです。

間隔 勝率 複勝率 単回値 複回値
2週 4.1% 24.9% 48 98
3週 5.0% 19.9% 90 72
4週 9.0% 25.9% 101 91
5~ 9週 5.5% 21.4% 64 84
10~25週 4.9% 16.9% 63 76

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25
レース検索

間隔 勝率 複勝率 単回値 複回値
明け2戦 7.7% 24.8% 99 93
明け3戦 2.8% 20.0% 83 91
明け4戦 8.2% 27.6% 104 81
明け5戦 6.9% 25.9% 119 118
明け6~ 8.2% 22.4% 82 73

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

ご覧の通り、とにかく休み明けの期待値が低く、使われて良くなっていきます。

とにかくステイゴールドは厳しい条件で買い。反対に生ぬるい条件だとやる気が出ないので、嫌ったほうがいいでしょう。

予想に役立つデータ一覧(芝編)

ここではこの種牡馬に関わる産駒のデータ、傾向を一挙公開しています。予想の参考にお使いください。

※データは2014年1月1日〜2016年12月31日まで
※単勝100倍未満の穴馬は対象外
※新馬戦は対象外
※キャリア26戦以上の消耗した馬は対象外
※連闘、および半年以上の休み明けを対象外

年齢別集計

年齢 勝率 複勝率 単回値 複回値
2歳 8.8% 26.6% 57 77
3歳 10.0% 27.9% 77 82
4歳 10.7% 27.7% 89 73
5歳 9.7% 30.8% 90 102
6歳 16.2% 21.6% 101 54
7歳 0.0% 0.0% 0 0
8歳

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

馬体重別集計

馬体重 勝率 複勝率 単回値 複回値
~399kg 0.0% 12.5% 0 47
400~419kg 8.7% 22.6% 94 91
420~439kg 7.7% 25.8% 64 82
440~459kg 10.3% 27.2% 70 76
460~479kg 10.5% 29.7% 87 83
480~499kg 13.5% 31.2% 94 84
500~519kg 14.3% 37.4% 109 73
520~539kg 0.0% 33.3% 0 56
540~

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

枠番別集計

枠番 勝率 複勝率 単回値 複回値
1枠 12.1% 31.4% 104 83
2枠 12.2% 32.2% 83 97
3枠 10.1% 26.2% 92 74
4枠 9.0% 22.0% 52 69
5枠 10.2% 28.0% 93 82
6枠 8.8% 27.2% 57 67
7枠 9.5% 29.6% 57 78
8枠 9.2% 26.6% 93 93

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

馬番別集計

馬番 勝率 複勝率 単回値 複回値
1番 14.1% 31.5% 133 85
2番 10.6% 29.8% 66 75
3番 14.3% 36.0% 104 115
4番 7.7% 29.5% 34 70
5番 9.1% 29.4% 83 85
6番 12.0% 23.2% 110 68
7番 10.9% 27.7% 69 88
8番 8.3% 20.5% 47 49
9番 10.8% 31.8% 81 80
10番 9.3% 29.3% 54 88
11番 10.8% 32.3% 83 87
12番 6.8% 26.3% 60 66
13番 11.2% 24.3% 100 77
14番 6.6% 20.9% 55 60
15番 11.1% 27.8% 106 127
16番 8.5% 18.3% 133 64
17番 3.0% 27.3% 11 115
18番 0.0% 11.1% 0 72

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

人気別集計

人気 勝率 複勝率 単回値 複回値
1番人気 36.7% 72.9% 91 98
2番人気 18.6% 48.6% 72 80
3番人気 13.0% 35.1% 77 67
4番人気 11.2% 35.5% 96 85
5番人気 7.0% 25.1% 76 73
6番人気 7.5% 23.8% 105 89
7番人気 3.2% 16.9% 67 80
8番人気 4.2% 17.5% 119 112
9番人気 5.7% 12.0% 152 79
10番人気 1.4% 7.5% 38 58
11番人気 1.0% 8.7% 18 76
12番人気 0.0% 6.1% 0 45
13番人気 0.0% 8.0% 0 114
14番人気 0.0% 4.0% 0 74
15番人気 0.0% 0.0% 0 0
16番人気 0.0% 0.0% 0 0
17番人気 0.0% 0.0% 0 0
18番人気

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

クラス別集計

クラス 勝率 複勝率 単回値 複回値
新馬
未勝利 9.5% 26.9% 76 79
500万下 10.0% 27.1% 78 76
1000万下 13.2% 32.3% 123 94
1600万下 12.9% 34.7% 67 80
OPEN特別 7.4% 24.1% 31 51
G3 7.8% 23.4% 69 91
G2 4.4% 28.9% 7 124
G1 7.7% 23.1% 48 74

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

場所別集計

場所 勝率 複勝率 単回値 複回値
札幌 9.9% 31.9% 110 80
函館 10.8% 27.7% 89 67
福島 9.9% 27.8% 102 78
新潟 10.6% 28.4% 77 78
東京 12.2% 31.5% 87 88
中山 11.2% 32.6% 72 93
中京 6.9% 20.2% 57 61
京都 10.2% 27.0% 88 81
阪神 8.5% 21.7% 54 67
小倉 7.6% 25.9% 74 93

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

距離別集計

距離 勝率 複勝率 単回値 複回値
1000m 0.0% 0.0% 0 0
1150m
1200m 6.0% 18.8% 55 89
1300m
1400m 9.0% 19.5% 79 82
1500m 14.3% 21.4% 258 75
1600m 9.1% 28.6% 75 87
1700m
1800m 11.0% 29.6% 85 78
1900m
2000m 9.6% 26.7% 74 79
2100m
2200m 9.9% 32.6% 99 99
2300m 0.0% 44.4% 0 133
2400m 13.2% 30.9% 77 59
2500m 11.1% 25.0% 48 43
2600m 11.0% 32.9% 64 78
2800m
3000m 40.0% 60.0% 66 144
3200m 66.7% 66.7% 536 190
3400m
3600m 0.0% 50.0% 0 120

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

馬場状態別集計

馬場状態 勝率 複勝率 単回値 複回値
芝・ 良 10.6% 28.9% 79 83
芝・稍重 7.8% 23.0% 87 70
芝・ 重 8.6% 21.9% 60 65
芝・不良 5.9% 41.2% 14 108

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

間隔別集計

間隔 勝率 複勝率 単回値 複回値
連闘
2週 7.1% 29.6% 50 89
3週 10.5% 28.1% 98 76
4週 13.1% 33.9% 82 84
5~ 9週 10.5% 27.7% 80 85
10~25週 8.5% 22.0% 74 73
半年以上
初出走他
不明・他
明け2戦 8.2% 25.1% 73 78
明け3戦 9.9% 29.3% 103 91
明け4戦 10.8% 31.9% 96 78
明け5戦 9.5% 31.0% 90 103
明け6~ 13.8% 32.7% 81 73

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

前走脚質別集計

前走脚質 勝率 複勝率 単回値 複回値
平地・逃げ 8.8% 23.9% 75 58
平地・先行 12.9% 33.6% 104 102
平地・中団 10.5% 28.5% 74 79
平地・後方 7.4% 22.5% 69 72
平地・マクリ 8.6% 31.4% 23 50
3F 1位 15.3% 38.0% 86 76
3F 2位 14.0% 36.0% 87 82
3F 3位 10.0% 29.7% 62 73
3F ~5位 12.4% 30.3% 94 77
3F 6位~ 7.0% 22.0% 74 86

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

前走クラス別集計

前走クラス 勝率 複勝率 単回値 複回値
同クラス 9.6% 27.3% 73 80
昇級戦 11.8% 29.4% 94 80
降級戦 18.3% 39.4% 167 110

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

前走距離別集計

前走距離 勝率 複勝率 単回値 複回値
同距離 11.0% 29.6% 81 82
±200以内 10.3% 29.6% 78 86
±400以内 10.0% 28.4% 76 83
±600以内 10.0% 28.0% 78 81
今回延長 8.7% 26.1% 73 77
今回短縮 10.3% 27.5% 83 84
500m以上延長 10.0% 21.1% 96 49
500m以上短縮 14.0% 18.6% 152 63

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25

前走馬場状態別集計

前走馬場状態 勝率 複勝率 単回値 複回値
ダ→芝 6.3% 10.7% 100 66

集計期間:2014. 1. 5 ~ 2016.12.25


ゴールドシップがジャパンカップで勝つために必要な“たった1つの条件”とは?

(C)masakin0712

芦毛の勇者を見られる機会も、あと2回となった。

今年の有馬記念を最後に引退を表明しているゴールドシップ(牡6)が、ジャパンカップに参戦する。

「東京が苦手、中山が得意」という見方が一般に定着しているため、「有馬記念への叩き台」という声もあるが、ファンとしては残り少ない競走の両方で勇姿を見たいところ。

そこで今回はゴールドシップがジャパンカップで勝つために必要な要素を考えてみた。

「東京が苦手」は本当か?

まずゴールドシップの東京での戦績を振り返ってみよう。

共同通信杯 2番人気1着
日本ダービー 2番人気5着
ジャパンカップ 2番人気15着

3回走って1勝。ただし、2回は人気を裏切っている。特にジャパンカップでは見せ場を作れなかったため、「東京は苦手」というイメージが定着していると考えられる。

もっとも、ここで一つの疑問が生じる。

今年、同じように「苦手」とされていた京都で天皇賞春を勝ったのだ。京都では菊花賞を除くと(0−0−0−3)と全く走らず、人気を裏切り続けていたが、天皇賞春では豪快なマクリの競馬で天皇盾を手にした。

また、今年の1月には「得意」と言われる中山のアメリカジョッキークラブカップで1番人気7着と惨敗している。

この2つの事実を見ると、一概に「東京と京都が苦手。だから走らない」と結論付けるのは時期尚早に思えてくる。

では、ゴールドシップがジャパンカップで勝つために必要なこととは一体何なのだろうか?

【次のページヘ】実は勝つために必要な要素は一つしかない?

ページ:

1

2 3

ペルソナリテの血統や将来性は?ダリア賞1着馬を徹底検証

(C)kenji

8月8日に新潟競馬場で行われた2歳OPのダリア賞(芝内回り1400m)でステイゴールド産駒のペルソナリテ(牝2)が1着となった。

新馬戦を勝って2番人気に支持された2歳牝馬は道中で中団につけると、直線に入ってから加速を開始。上がり2位の末脚を使ってライバルたちを抜き去った。

ペルソナリテの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。

血統評価は?

ペルソナリテは父ステイゴールド、母マイネアルデュール、その父アドマイヤコジーンという血統。

母のマイネアルデュールは短距離で3勝、母母のコスモハーティネスはダート短距離で1勝と、強調できる実績がない。近親を見ても活躍馬がいないため、母系のスケール感という意味では疑問符がつく。

ただし、ステイゴールドの大物たちと共通する点がある。

母母のコスモハーティネスはタイトスポットを父に持っている。タイトスポットとステイゴールドといえば、思い出されるのはナカヤマフェスタだ。宝塚記念を勝ち、凱旋門賞で2着になったナカヤマフェスタは母父がタイトスポット。

また、天皇賞春連覇を達成したフェノーメノは母父デインヒルで、その母父がタイトスポットと同じリボー系のHis Majestyという血統をしている。(※His Majestyはタイトスポットの父でもある)

母系にリボーの血が流れるステイゴールド産駒は大物になる可能性を秘めているというわけだ。

そういう意味ではペルソナリテの将来が注目される。

【次のページヘ】ペルソナリテの課題って?

ページ:

1

2

レッドリヴェールの血統が面白い2つの理由とは?クイーンステークスで復活なるか

(C)minafl

今週は札幌競馬場でクイーンステークス(GIII)が行われます。中でも注目は唯一のGI馬、レッドリヴェールでしょうか。2歳時に新馬→札幌2歳ステークスと2連勝で挑んだ阪神ジュベナイルフィリーズでは“ライバル”ハープスターに勝利。桜花賞2着以降は体質の弱さなどから不調が続きましたが、今年緒戦の阪神牝馬ステークスでは馬体重+24キロとふっくらした馬体で復帰し、続くヴィクトリアマイルでも4着と復調した姿を見せました。

血統的にはステイゴールド産駒牝馬初のGI馬ということでも注目を集めていますが、それ以外にも知っておくと面白い血統的な特徴が2つあります。

世界的な名牝系に属する

レッドリヴェールは世界的な名牝系に属しています。レッドリヴェールの6代母はアルマームードという有名な牝馬で、この馬の血を持っていない競走馬は世界中ほとんどいないといっても良いほどです。なぜかというと、アルマームードが繁殖牝馬として非常に優秀だったからです。競走馬としては重賞勝ちもあり、まずまずの成績を残したアルマームードは繁殖牝馬として8頭の産駒を送り出しました。その中でもコスマーとナタルマの2頭が歴史的な名種牡馬の母となったのです。その2頭とはヘイローとノーザンダンサーです。

コスマーの仔ヘイローはサンデーサーレンスの父であり、日本競馬を語る上で切っても切れない名種牡馬。また、ナタルマの仔ノーザンダンサーはダンチヒ、サドラーズウェルズ、ヌレイエフなど、○○系と呼ばれるような世界の競馬を支配している馬たちの祖となっている大種牡馬です。このアルマームードの牝系からは他にもデインヒルやバゴなど名馬が続出していて、日本ではグレイスティアラが全日本2歳優駿を制し、ついにレッドリヴェールが中央GI制覇を成し遂げました。

【次のページヘ】もう一つの血統的な特徴って?

ページ:

1

2

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る