マンハッタンカフェが死亡!09年の種牡馬リーディング1位で産駒にレッドディザイアら

天皇賞春などGI3勝を挙げたマンハッタンカフェが、種牡馬として繋養されていた社台スタリオンステーションで13日に死亡したことが分かった。17歳だった。死因は腹腔内腫瘍。JRAが発表している。

マンハッタンカフェは父サンデーサイレンス、母サトルチェンジ、その父ローソサエティという血統。現役時代、菊花賞を勝ってGIウィナーの仲間入りを果たすと、次走の有馬記念では3歳馬ながら古馬を一蹴してみせた。翌年の天皇賞春も制してGIタイトルを3つとし、同年秋には凱旋門賞に挑戦。その後、種牡馬入りを果たしていた。

種牡馬としては天皇賞馬ヒルノダムール、秋華賞馬レッドディザイア、NHKマイルカップの覇者ジョーカプチーノらを輩出。2009年にはリーディングサイアーとなった。

社台スタリオンステーションの徳武英介氏は「サンデーサイレンスの子らしく精悍なインパクトのある馬で、競走成績もすばらしく、種牡馬としてもチャンピオンサイアーに輝くなど非常に優秀な馬だったので、これまでの功績に感謝しています。若くして亡くなったのは残念ですが、ご苦労さまでしたと伝えたいです」とコメントを発表している。

【関連記事】
エピファネイアが引退!種牡馬として成功するのか?5つの期待と不安
ワークフォースを侮るな!配合から見る注目産駒とは?
反撃の狼煙!ハービンジャー産駒が3歳夏に躍進する3つの理由とは?
“隠れダート馬”ハーツクライ産駒が熱い!芝種牡馬なのに砂が得意!?
影の最強種牡馬ブラックタイド!ディープインパクトの兄は脇役じゃない



この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております 写真家一覧 ※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る