アラバスターとプロフィットは危険な人気馬?札幌2歳Sへの血統的不安要素
(C)阪神サラブレッドクラブ

勝ち切れないハービンジャー産駒

この2頭はいずれも父がハービンジャーだ。この点が“足枷“になる可能性が十分にありそうなのである。

ハービンジャーはもととも古馬になってから力をつけた晩成型の競走馬だった。種牡馬としては2歳時から活躍する馬を出しているが、“壁”にぶち当たることもしばしば。

例えば昨年、2歳時に新馬・未勝利を勝ち上がったハービンジャー産駒は22頭もいた。しかし、2勝目を挙げた馬はわずか2頭しかいなかった。2歳のOPクラスには10頭が出走したが、成績は(0−1−1−8)。重賞に限ると(0−0−0−6)と1頭も3着内に着ていなかった。

なお、重賞を勝った馬となると、いまだにベルーフ1頭だけという状況だ。

2世代目となったことで牧場や調教師たちがハービンジャー産駒の傾向をつかみ、前進してくる可能性はあるとはいえ、決して楽観視できないデータといえるだろう。

果たしてアラバスターとプロフィットはハービンジャー産駒のジンクスを打ち破れるのか? 注目されるところだ。

【関連記事】
反撃の狼煙!ハービンジャー産駒が3歳夏に躍進する3つの理由とは?
ハービンジャーは失敗種牡馬なのか?伸び悩む産駒たちと今後への期待
アラバスターの血統や将来性は?素質馬の問題点とは?
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
ゴールドシップは引退レースのために壮大な前振りをしたに違いない

おすすめの記事