ラジオNIKKEI賞(2015年)血統と過去の傾向から導く注目馬って?

ラジオNIKKEI賞の注目馬

アンビシャス

母母カルニオラが凱旋門賞馬ソーマレズの半妹(3/4同血)に加え母父がエルコンドルパサーで、ハイペリオンやテューダーミンストレルやフェアートライアルといった小回り向きのパワースピードが前面に出ている配合だが、同時にナスルーラの血も多く抱えている。ハイペリオンとナスルーラが結びつくとトニービンやテスコボーイのような斬れ味に繋がることもあるため、本馬がプリンシパルステークスで見せつけた瞬発力はそれによるものかもしれない。

しかし共同通信杯で3番手からの競馬をしたように小回り向きのスピードがあることも間違いないので、福島1800mという条件はプラスに出るとみている。枠順も有力どころでは最も内に入ることが出来た。ただ、気性的に今回1800mで先行してしまうと距離延長時の折り合いが不安だ。

アッシュゴールド

オルフェーヴルやドリームジャーニーの全弟で本質的には小回りが得意な血統だ。3歳春に京都で末脚を活かす競馬をして敗れているところはオルフェーヴルと良く似ている。阪神コースで結果が出ていないのは兄同様にトモの筋肉が付き切っていないからで、この血統の特徴といえる。兄たちよりも距離適性は短そうで1800mは良いだろう。

現状での平坦コース替わりはプラスで、4枠7番というやや内目の枠に入ることが出来た。先週の宝塚記念で3着したショウナンパンドラのように内枠から絶妙に捌ける池添騎手も魅力だ。

マイネルシュバリエ

父バトルプランはエンパイアメーカー産駒。エンパイアメーカーはアンブライドルド産駒だ。アンブライドルドはミスタープロスペクター系の中でもパワーやスタミナや底力に優れた血で、母父アンブライドルドだったダノンバラードが時計の掛かる芝が得意で、GI皐月賞3着、宝塚記念2着など大舞台での強さも見せたことからもその特徴は理解できる。その血を受け継いだエンパイアメーカーも時計の掛かる決着だった若葉ステークスでワンダーアツレッタが2着に好走するなどパワーに優れた産駒を輩出している。

バトルプランは母父がパワー満点のシーキングザゴールドでもある。父系の話が長くなったが、本馬の場合は母マイネポリーヌがこれまたパワー満点のマルゼンスキー3×2というクロスを持ち、洋芝の札幌2歳ステークスで2着となり、少しタフなコンディションで、かつハイペースだったプリンシパルステークスで3着に激走したのは当然といえる。「先行して早めに抜け出す」という自分の形に持ち込まないと脆いが、条件替わりや雨予報もプラスで楽しみな1頭だ。

血統的にはグランアルマダ、ミュゼゴースト、ブランドベルグ、ロジチャリスといった面々も舞台適正は高いはずだが皆外枠となってしまった。好騎乗に恵まれないと勝つことはもちろん、3着以内も厳しいだろう。

内枠勢では、ナヴィオンは広いコース向きの血統で、レアリスタは前走も馬群を割る際に幼さを見せていたのでどうか。

【関連記事】
ラジオNIKKEI賞の予想のカギは条件戦にあり!? 過去の激走馬と類似する馬は…
ラジオNIKKEI賞(2015年)レアリスタ良血度診断!半兄アイルラヴァゲイン
ラジオNIKKEI賞(2015年)の人気馬は?勢力図と予想オッズを展望
CBC賞(2015年)血統予想考察!高松宮記念との血統連動説とは?
CBC賞(2015年)の血統データから導く予想のポイントとは?

おすすめの記事