函館記念(2015年)3つの特注血統と過去の傾向から導く注目馬を予想


マイネルミラノ

父ステイゴールドは母母父ノーザンテーストの頑強さをあまり感じさせないため、配合相手にはノーザンテーストをクロスさせたり(オルフェーヴルなど)、ダンチヒやその仔デインヒルのようなパワーあふれる血を持って来て(ナカヤマフェスタやフェノーメノなど)活躍馬が生まれることが多い。そのパワーが前面に出ているから宝塚記念や有馬記念を勝つ産駒が多いというわけだ。

マイネルミラノの母父ポリッシュプレジデントはダンチヒ×バックパサーという組み合わせで極めてパワーに優れている。母母父もロベルト直仔のシルバーホークで、ステイゴールドの成功配合といえる。つまりそれは時計の掛かる小回りがベストということで、前走の巴賞は展開利があったことも確かだが洋芝適性はかなりのものがあるといえるだろう。大外枠でもやはり外せない1頭だ。

ヴァーゲンザイル

父ネユニヴァースは母ポインテッドパスがハイペリオン7×5×4などを持つ重厚な血統で時計の掛かる馬場が合う馬が多い。

ヴァーゲンザイルは母父がノーザンテーストでポインテッドパスと脈絡するし、母母もスタミナに優れるサンインロウや、パワーに優れるバックパサーを持っており函館記念向きの血統といえる。雨で馬場が渋って、昨年のような差し決着になれば台頭する可能性は高いだろう。

サトノプライマシー

こちらもネオユニヴァース産駒で、母母父がヌレイエフでポインテッドパスと脈絡し、サンインロウ血脈を持っており、加えて母父は母父バックパサーであるウッドマン産駒のティンバーカントリーで、ヴァーゲンザイルと同じ血を多くっている。

大型馬で脚元が弱くダートを使われてきたが、芝で新馬勝ちをしているように去勢効果が出た今なら芝の重賞でも十分通用していい。

ホーカーテンペスト

父ホークウイングはエクリプスS、ロッキンジSを制した他、2002年の英2000ギニー、英ダービー、クイーンエリザベス2世S、愛チャンピオンSで全て2着だった馬で、その父ウッドマンは母父がバックパサーだ。また母リッチダンサーがハイペリオン7×5×6×5で、これまでの戦績からも時計の掛かる馬場が合っていることは明白だ。

以前はマイルを中心に使われていたが距離を伸ばしてからオープン入りしたのは母のスタミナを活かせたからだろう。

また、行き脚があまりないことからも前走で1700mを使ったことは今回プラスに出るはずで要注意の1頭だ。

【関連記事】
“ゆとり調教”のレッドレイヴンは危険?函館記念で買いにくい3つの理由
ミスユニバースが日本で人気が出ない理由とディープ産駒が夏に走らないワケ
反撃の狼煙!ハービンジャー産駒が3歳夏に躍進する3つの理由とは?
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
拝啓「競馬はギャンブルだから嫌い」と言って宝くじを買うあなたへ

ページ:
1 2

3


金沢ユウダイ

投稿者プロフィール

新潟県生まれ。中学2年で競馬に出会い、高校時代から競馬場へ通い始める。大学で競馬サークルを立ち上げ、大学の垣根を超えた競馬団体『うまカレ』にも所属。主に若い世代へ向けて「ギャンブルだけでない競馬の面白さ」を伝える活動を行っている。

この著者の最新の記事

おすすめ記事

最新記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る