中京記念(2015年)血統考察!予想のポイントとなる2つの特徴とは?

注目馬たち

今年の出走馬の中ではまずアルバタックスに注目してみたい。過去にミッキードリーム、ショウリュウムーンと好成績を残しているキングカメハメハ産駒だ。

母がフジキセキ×アリダーという配合でパッと見ダート馬に出てもおかしくないのだが3代母タックスベイヤーズのナスルーラ3×4が強く出ているのか大飛びで芝向きの馬となった。ジワジワと加速する馬で、下級条件だが過去の中京での走りが好内容だった。その時と同じ武豊騎手騎乗で、週末の晴れ予報もこの馬にとってはプラスだろう。

オツウはエアグルーヴ一族を輩出したパロクサイド(5代母)牝系で、パロクサイドはナスルーラやハイペリオンなどホーンビーム(トニービンの母父)と脈絡し直線の長いコースで本領を発揮することが多い。

本馬の父ハーツクライの母父はトニービンで、ホーンビームとパロクサイドが脈絡するから本馬の準オープン勝ちが直線の長い東京1600mだったことは納得できる。②のミッキードリームと同じホーンビームの増幅で、中京1600mの適性は高そうだ。

オリービンは父がサンデーサイレンス×ノーザンテーストという組み合わせで母がヌレイエフやヴェイグリーノーブルなどを持ちハイペリオンの本数が多いということでフラガラッハと血統構成が似ている。昨年の中京記念も10番人気で5着と走っていて適性が高いことは確かだ。

【次のページヘ】レッドアリオンとカレンブラックヒルの評価は?

おすすめの記事