カテゴリー:回顧

ヌーヴォレコルトは次走が最大の狙い目?ヴィクトリアマイルの敗因を紐解く

(C) Yusuke Tsutaya

GI戦線で馬券に絡み続け、前走の中山記念で牡馬を一蹴したヌーヴォレコルト(牝4)。5月17日に行われたヴィクトリアマイル(GI/芝1600m)では1番人気に支持された。

しかし、前にいったストレイトガール(牝6)やケイアイエレガント(牝6)を捉えることができず、6着に敗れ去った。

なぜヌーヴォレコルトはキャリアで初めて掲示板を外すことになったのか? 敗因に迫っていこう。


想定された不安

ヌーヴォレコルトにはレース前から不安要素がいくつかあった。詳しくは以下の記事を読んでいただきたい。

ヌーヴォレコルトがヴィクトリアマイルで危険視される理由とは?

上記の記事をまとめると……

・1番人気の期待値が低いハーツクライ産駒
・器用さはあるが絶対的な決め手がないこと

以上の不安がモロに的中したレースとなった。彼女は予想通り単勝2.2倍という圧倒的な1番人気に支持された。人気に支持されたことで明らかに“受け身”になってしまったわけだ。さらに詳しくは次章で書くが、決め手の無さが結果に直結してしまった。

4コーナーを回った時点でヌーヴォレコルトは勝ち馬のストレイトガールと1馬身差しかなかったが、ゴール板では0.6秒差をつけられている。決め手のない彼女にとって、決め手を求められる展開となったことは辛かった。


最大の敗因はスピード決着

ヴィクトリアマイルはスピード競馬になった。

勝ったストレイトガールはスプリンターズステークスや高松宮記念、そして香港スプリントで3着以内に入った経験を持つスプリンターだ。さらに2着のケイアイエレガント、3着のミナレットも1400m以下のレースで好走した実績を持っている。

さらに各馬の上がりを見てみると、1位のディアデラマドレはなんと32秒8の末脚を使っている。2位のスマートレイアーは32秒9、3位のストレイトガールは33秒フラットだった。

つまり、スプリンターが台頭するようなスピードレースなったわけだ。

ヌーヴォレコルトは桜花賞3着の実績を持っている。しかし、渋った馬場の中山記念で牡馬を一蹴したように、本質的にはスタミナ型の中距離馬だ。オークスを制し、秋華賞やエリザベス女王杯で連対を確保していることからも明らかだろう。(秋華賞やエリザベス女王杯で“ちょい負け”しているあたりが、いかにもスタミナ型らしい)

スタミナ型の中距離馬にとって、「スピードが求められるマイル戦」という舞台設定は酷だった。彼女の上がりタイム「33秒5」は、キャリア最速である。よく頑張ったし能力の高さは示した。しかし、いかんせ適正が全く合わなかった。

それがヌーヴォレコルトに対する正当な評価ではないだろうか?

【次のページヘ】次走が最大の狙い目!? その理由とは?

ページ:

1

2

ストレイトガールがヴィクトリアマイルを勝てた4つの理由とは?

(C) Yusuke Tsutaya

悲願のGI初制覇で“春の女王”に――。

5月17日に行われたヴィクトリアマイル(GI/芝1600m)をストレイトガール(牝6)が制した。実に6度目の挑戦でGIを初めて射止めたフジキセキ産駒は、どうして勝つことができたのか?

5番人気ながら頂点に輝いた彼女が勝てた理由を探っていこう。


理由① 断然の実績

まず単純に実績が断然だった。今回、上位人気だった馬たちの実績を振り替えてみると……

ヌーヴォレコルト
オークス1着
秋華賞、エリザベス女王杯2着
桜花賞3着

ディアデラマドレ
エリザベス女王杯3着

レッドリヴェール
阪神ジュベナイルフィリーズ1着
桜花賞2着

カフェブリリアント
阪神牝馬ステークス1着

上位人気3頭はGI実績を持っていた。しかし、どれも牝馬限定戦だった。カフェブリリアントに至ってはGI出走歴がなく、重賞実績はGIIのみ。

一方、ストレイトガールは……


ストレイトガール
スプリンターズステークス2着
高松宮記念、香港スプリント、ヴィクトリアマイル3着

ご覧のとおり、勝利実績こそなかったが、牡馬相手のGIで馬券に絡んでいた。その上でヴィクトリアマイルで3着になっている。牡馬混合のGIで馬券に絡める力を持っていて、ヴィクトリアマイルへの適性もあった。実績がスプリントレースに偏っていたことから5番人気にとどまったが、実績を考えると“過小評価”だったというわけだ。

理由② 府中マイル血統

ヴィクトリアマイル3着の実績があったように、府中のマイル戦で強調できる血統だった。

父のフジキセキはヴィクトリアマイルの覇者エイジアンウインズやNHKマイルカップの覇者ダノンシャンティを輩出している。特にエイジアンウインズは“女傑”ウオッカを破ったほど。能力の高さは断然ウオッカが上だったことを考えると(相手の状態が悪かったにせよ)いかに適正の高さで上回ったかが分かる。

また母父のタイキシャトルも府中のマイルGI安田記念の覇者だ。つまり、“府中マイル血統”の血が騒いだわけである。

【次のページへ】残り2つの勝因は機能性と枠順?

ページ:

1

2

ラングレーが新潟大賞典で負けた理由とは?“ジリ貧”に厳しい展開が原因か

(C)minafl

ラングレーは5月10日に行われた新潟大賞典(GIII/芝2000m)に出走し、3番人気に支持されながら5着に敗れた。リアルスティールの半兄はなぜ、重賞に手が届かなかったのか?

今回はその敗因を探っていく。


敗因① ハンデ戦ならではの斤量設定

ラングレーは前走の小倉大賞典でカレンブラックヒルと0.7秒差の7着に敗れていた。ただし、雨により馬場が渋ったことが明確な敗因として挙げられるため、今回も人気に支持された。

その上で5着に敗退した理由を探っていくとなれば、まずは「斤量」が挙げられる。

今回、ラングレーが背負った斤量は55キロだった。昨年の覇者であるユールシンギング、や今回の勝ち馬ダコールが57キロ、さらに重賞で馬券圏内に何度も好走しているデウスウルトが同じ55キロだった。

同じオープン馬で前走OPの福島民報杯で3着だったマイネルディーンが54キロだったことを考えると、1600万条件を勝ち上がったばかりのラングレーの55キロは多少見込まれたと言えるのではないだろうか?

敗因② 極端な枠順

ラングレーは1枠1番に入った。この最内枠というのがネックになったとも考えられる。

新潟芝2000mはコース形態上、1枠が不利になりやすい。他の競馬場に比べてコーナーが急のため、内の馬はコーナリングに苦労し、体力を消耗してしまう。開催が進むと荒れた場所を通らなければならなくなることもデメリットとして挙げられる。

実際、2010年以降、新潟芝2000mで1、2枠に入った5番人気以内の有力馬の成績は……


1枠(1−0−0−5)
2枠(0−0−1−5)

ご覧のとおり、人気に支持されながら、馬券圏内に届いていない。ラングレーも“魔の1枠”の餌食になってしまったのかもしれない。

次のページ→敗因の3つ目は瞬発力不足?

ページ:

1

2

グランシルクがNHKマイルカップで1番人気を裏切った“ワケ”とは?


ステイゴールド産駒のグランシルク(牡3)は、5月10日に行われた3歳マイル王決定戦のNHKマイルカップ(GI/芝1600m)で1番人気に支持されたが、5着に敗れてしまった。勝ったのは3番人気のクロフネ産駒クラリティスカイだった。

なぜ、1番人気に応えることができなかったのか? その敗因に迫ることで、次回の“買い時”を見つけていこう。


敗因① そもそも1番人気は過剰人気だった

まず、これに尽きる。

グランシルクは前走のニュージーランドトロフィーで鮮烈な末脚を使ったことで人気を集めた。

しかし、鮮烈に見えた末脚は実は“漁夫の利”によって生み出されたものだった。前半からペースが流れたことで先行勢は総崩れ。上位は4角16番手だったグランシルクを筆頭に、後方に待機していた馬ばかりだった。

1着 ヤマカツエース 4角8番手
2着 グランシルク 4角16番手
3着 アルマワイオリ 4角10番手
4着 ナイトフォックス 4角6番手
5着 ネオルミエール 4角14番手

1番人気というのは、やや過剰人気だったといえるだろう。

敗因② 前走気持ちのいい競馬をした“余波”

前述のとおり、グランシルクはニュージーランドトロフィーで最後方から競馬をした。最後方からスムーズに外に出し、直線では不利を受けることなく、自慢の末脚を発揮した。最後まで他の馬に邪魔されることはなかった。さぞ、気持ちよく走ったことだろう。

一方で今回は1枠2番からスタート。好位につけられたのは良かったが、前走と違って道中でかなり揉まれた。直線でも窮屈になる場面があったため、伸び切れなかった。このように、前走スムーズな競馬をした馬がストレスを受けると案外伸びない、というケースは多々ある。


例えばペルーサが思い出される。“出遅れの帝王”は天皇賞秋やジャパンカップで出遅れながら鮮烈な末脚を使うことから、「出遅れなければGIを勝てる」と言われていた。しかし、はじめてまともにゲートを出た2010年の有馬記念では終始先行しながら、3番人気4着と人気を裏切る結果に終わっていた。「前走出遅れたから、出遅れなければ勝てる」という考えは、必ずしも正しくないわけだ。

グランシルクにも前走気持ちのいい競馬をした“余波”があったと考えて不思議はない。

次のページヘ→3つ目の敗因は「ギアチェンジがきかなかった?」

ページ:

1

2

クラリティスカイ、NHKマイルカップ制覇の背景にある3つの勝因とは?

(C)slime

クラリティスカイが5月10日に行われた3歳マイル王決定戦のNHKマイルカップ(GI/芝1600m)を制した。鞍上の横山典弘騎手とともに栄冠を勝ち取ることができた理由とは何だったのだろうか?

“3歳マイル王の理由”に迫っていく。


勝因① 現世代1800mのレコードホルダー

単純な話でクラリティスカイの戦績を振り返るとマイル王にふさわしい力を示していた。

特に注目したいのは未勝利戦だ。阪神芝外回り1800mという本格派のコースを1分46秒8という破格の時計で走破していた。2歳の未勝利で46秒台というのは尋常ではない。ちなみにこの時計は現3歳世代が2歳時に記録した1800mの最速タイムだ。

その後、ごまかしの効かない阪神芝外回り1600mの朝日杯フューチュリティステークスで3着と馬券に絡んだ。明け3歳となってからは距離適性の問題がありながら、皐月賞で5着になっている。適正距離のマイルに戻って力を発揮したのは“必然”といえるかもしれない。

勝因② コース適性の高さ

未勝利とともに注目したいのが、キャリア4戦目となったいちょうステークスだ。NHKマイルカップと同じコースで行われた新設重賞で、クラリティスカイはレコードを記録していた。

今回と同じように先行して好位につけると、直線で抜けだして2馬身差の圧勝劇を演じた。ここで“試走”を終えていたわけだ。

次のページヘ→3つ目の勝因は血統背景?

ページ:

1

2

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る