カテゴリー:騎手コラム

武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?

(C)minafl

武豊騎手と社台グループ――。

2000年代前半に全盛期を迎え、数々のGIを勝った両者は一時期、関係が薄れていた。ちまたでは「確執」や「絶縁」と表現されるほど関係が冷え込んでいた。実際、GIや重賞で活躍するレベルの馬が武豊騎手に回ることは極端に少なくなった。

ただし、ここ最近、武豊騎手の復調により両者の関係は徐々に回復している。そのことはデータや騎乗馬の質を見ても、明らかだ。

今回は日本の競馬界を語る上で欠かすことのできない両者の“現在地”を探っていこう。


そもそもなぜ関係が冷え込んだのか?

現在地を探る前に両者の関係性が冷え込んだ原因を振り返ってみよう。

理由は諸説あるが、主な原因と見られているのが以下だ。

1.“アドマイヤムーン事件”

2.武豊騎手の故障と不調

事の発端は2007年。社台系の超大物個人馬主・近藤利一氏の所有馬アドマイヤムーンの騎乗方法を巡って、近藤氏が「乗れないな」と武豊騎手を批判したとされる。


以降、武豊騎手は近藤氏所有の馬に一切乗らなくなった。(※騎乗騎手がランダムで決まるワールドスーパージョッキーズシリーズで一度だけ騎乗しているが、これはオーナーの意向が反映されないため、参考外)

超大物馬主との“絶縁”は社台グループとの関係にも少なくない影響を与えたと考えられる。

さらに武豊騎手は2010年3月の毎日杯でザタイキに騎乗した際、落馬事故によって長期戦線離脱を余儀なくされた。復帰後も本来の騎乗を取り戻せず、大舞台で人気に応えられないレースが相次いだ。

これにより、徐々に騎乗依頼が減っていったと考えられている。

【次のページヘ】武豊騎手の復活と騎乗依頼数の増加を探る!

ページ:

1

2 3

爆発力の戸崎圭太と安定感の福永祐一?騎手固め打ちランキング2015上半期を発表

(C)masakin0712

早くも2015年も半分が過ぎて今週から函館開催がスタートする。

いよいよ、本格的な夏競馬が始まる。ローカル開催になると馬のレベルが下がり、騎手の手綱さばき一つで順位が変わってくるケースが多々あるため、騎手に注目したいところだ。

今回はそんな騎手たちの“固め打ち”に注目。よく「一つ勝つと乗ってくる」とか「あの騎手の固め打ちには注意!」という言葉を聞くが、実際にはどうなのだろうか?1月から5月までの集計から、ランキングを作成してみた。

固め打ちの定義

まず固め打ちの定義について。固め打ちとは……

固め打ちとは野球、競馬における用語の一つ。野球におけるものはマルチヒット(※1試合2本以上ヒットを打つこと)。競馬においては短期間に多くの勝利を収めること。(Wikipediaより)

である。ここでは「1日に3勝以上」を固め打ちと定義し、ランク付けしていく。

騎手固め打ちランキングベスト10/2015上半期

1位 戸崎圭太 8回 ※うち5勝3回 4勝2回
1位 福永祐一 8回 ※うち4勝1回
3位 浜中俊 6回 ※うち4勝2回
4位 蛯名正義 5回 ※うち5勝1回 4勝1回
4位 川田将雅 5回 ※うち4勝3回
6位 岩田康誠 4回 ※うち5勝1回
6位 北村宏司 4回
6位 クリストフ・ルメール 4回
6位 クリスチャン・デムーロ 4回

ということで1位には戸崎騎手と福永騎手が輝いた。リーディング上位争いを繰り広げているため、固め打ちが多いのは当然なのだが、特に戸崎騎手は1日5勝を3回、4勝を2回と、固め打ちが目立つ。

注目されるのが北村騎手。騎乗停止によって乗れない日もありリーディングでは20位ながら、4度の固め打ちを記録している。また、川田騎手も5回のうち3回が4勝と、勢いに乗ると手がつけられない傾向が見て取れる。

この2人が午前中に勝った時は、注目してみると面白いかもしれない。


一方、福永騎手は3勝以上が8回あるにもかかわらず、4勝以上挙げたのは1回のみ。

これに関連して、各騎手がどれだけコンスタントに勝ち星を挙げているのか調べてみた。リーディング上位5名が1勝もできなかった日が何日あるか、集計してみると……

戸崎騎手 未勝利17日
福永騎手 未勝利8日
浜中騎手 未勝利17日
岩田騎手 未勝利17日
武豊騎手 未勝利17日

いかがだろうか? 福永騎手が突出して未勝利日が少ないことが分かる。

騎乗馬の質に違いがあるとはいえ、これだけのトップジョッキーになると人気薄ばかりに乗る日というのはそうそうない。となると、福永騎手がいかに高いアベレージで勝っているかが分かる。

爆発的な騎乗をしないながらも、コンスタントに勝ち鞍を重ねていく。そんな福永騎手を象徴するような成績と言えるのではないだろうか。他の騎手は多かれ少なかれ波がある中、安定した騎乗を続けているあたりが、有力馬から声がかかり続ける理由かもしれない。

さて、このランキングが半年後にどのような結果になっているのか。また、集計してみたい。

【関連記事】
池添謙一騎手を追え!オルフェーヴルの相棒は最も買える穴ジョッキー?
丹内祐次騎手が覚醒か?背景にあるマイネル軍団と騎乗技術
横山典弘騎手の“ポツン騎乗”は本当に多いのか?天才の気まぐれの真相
乗り遅れると損するよ?柴山雄一という“2015年で一番買える騎手”
福永祐一騎手はダービージョッキーになれるのか?苦戦の歴史を紐解く


池添謙一騎手を追え!オルフェーヴルの相棒は最も買える穴ジョッキー?

(C)masakin0712

池添謙一騎手はオルフェーヴルやドリームジャーニー、デュランダルといった名馬に騎乗し、大一番で勝負強さを発揮してきた。

もっとも、もともとは2002年の桜花賞で13番人気アローキャリーに騎乗し、まさかの勝利で観客を唖然とさせたように“穴男”の一面も持っている。

そんな穴派の競馬ファンから支持を集めた穴男が、2015年絶好調なのだ。その足跡を振り返ってみよう。


5番人気以下の池添騎手に要注意

まずデータを示そう。池添騎手が「2015年に5番人気以下の馬に騎乗した際の成績」だ。(※データは5月末時点)

騎乗回数:154回
着度数:10-10-12-122
勝率:6.5%
連対率:13.0%
複勝率:20.8 %
単勝回収率:138%
複勝回収率:141%

5番人気以下の馬に騎乗して高い回収率を記録している騎手は他にもたくさんいる。

しかし、それらは騎乗回数が極端に少ないか、ホームラン級のレースによって回収率が上がっているケースがほとんど。100回騎乗して99回負けたとしても、1度単勝200倍の馬で勝てば、その騎手の単勝回収率は200%となる。

一方、勝率は1%にとどまる。もう一度穴を開ける可能性は低く、馬券を買う側からすると、参考にならないデータといえる。

だが、池添騎手の場合、勝率、複勝率ともに高い数字を記録している。コンスタントに穴を開けていることを示し、馬券を買う側からすると“狙いやすい騎手”といえるのだ。


【次のページヘ】本当にマグレじゃないの?

ページ:

1

2

福永祐一騎手はダービージョッキーになれるのか?苦戦の歴史を紐解く

(C)Minafl

福永祐一騎手がダービージョッキーへの挑戦権を得た。

5月31日に東京競馬場で行われる第82回東京優駿・日本ダービー(GI/芝2400m)にリアルスティールとともに臨むのだ。リアルスティールは共同通信杯を制し、皐月賞で2着になった世代屈指の有力馬だ。当日は皐月賞馬ドゥラメンテに次ぐ2番人気に支持されることが確実視されている。

果たして福永騎手は“悲願”を達成できるのか。彼の挑戦の歴史と、可能性について探っていこう。


ほろ苦すぎるダービーデビュー

福永騎手は今日、トップジョッキーのひとりとして評価されている。有力馬を任されることも少なくない。ただし、いまだにダービーを勝てていない。

福永騎手の苦悩の歴史は、1998年に幕を開けた。そしてこの騎乗が後の苦悩を予見するものだった。デビュー以来、コンビを組み続けたキングヘイローに騎乗すると、皐月賞で2着になったこともあって2番人気に支持された。

しかし、福永騎手は愛馬を抑えることができず、デビューから一度もやったことがなかった逃げの手を打つことに。結果、2番人気ながら14着と大敗してしまった。彼自身、後に「失敗だった」と認めるほど、想定外の騎乗をしてしまったのだ。

以降、ダービーでは1番人気1頭を含め、5番人気以内の有力馬6頭に騎乗したが、最高成績は2着(2回)。トップジョッキーでありながら、皐月賞を含めて春の牡馬クラシックは無冠となっている。

●詳細→福永祐一騎手、春の牡馬クラシックで2着6回…届きそうで届かない“あと一歩の歴史”

苦戦の理由

福永騎手が牡馬のクラシックで勝てないのは、騎乗スタイルがオーソドックスすぎる点にある。上記したリンク先から引用しよう。


実績のとおり、平場では最も買える騎手の1人だ。ソツのない騎乗をするため、才能のある馬を普通に勝たせることはできる。だから、多くの陣営が福永騎手に騎乗を依頼する。

ただし、「ソツのない」というのは必ずしも褒め言葉ではない。例えば「無難」と言い換えることができる。この「無難な騎乗」は平場ではいいかもしれないが、重賞レベルになると足元をすくわれるケースが多い。

特にGIはすべての騎手が勝ちたいと思っている。そういった環境で80点の騎乗をしても、100点の騎乗をしたジョッキーに勝利をかっさらわれてしまうのだ。

なお、皐月賞では100点に近い騎乗をしたが、ドゥラメンテの反則級の末脚に屈した。いい騎乗をしても、それを上回る何かに邪魔されて栄冠を取り逃してきたわけだ。

再び苦戦を強いられる?

今回はワールドエースやエピファネイアの時と同じくらい、チャンスがあると捉えていい。騎乗馬の質としては期待が持てる。

ただし、福永騎手自身がダービーを苦手にしている点は気になる。例えば皐月賞と比較してみよう。

皐月賞は勝っていないものの(0−4−2−8)と比較的いい成績を残している。2着が4回、3着が2回の他にも5着が3回あり、掲示板率は64%だ。

一方、ダービーは大敗することが多く、掲示板率は33%程度。アサクサキングスに騎乗して2着になった年は完全な“展開利”だったことを考えると、「福永騎手だから好走できた」というのはエピファネイアくらいしかいない。

今年も簡単な挑戦でないことは確かなのだ。

呪縛を打ち破れるか

もっとも、連敗記録というのはいつか止まるもの。今の福永騎手の技術と騎乗馬の質であれば、ダービーを勝っても不思議ではない。


幸い、今年はダービーを狙えるパートナーとともに参戦する。

キングヘイローに騎乗してから17年、福永騎手がどんな騎乗をするのか、注目したい。

【関連記事】
福永騎手、春の牡馬クラシックで2着6回…届きそうで届かない“あと一歩の歴史”
ミッキークイーンに続け!ダービー別路線組の動向〜青葉賞、京都新聞杯など〜
日本ダービー血統考察!買えるのはドゥラメンテ?リアルスティール?
ダービーでこそ! サトノクラウンが皐月賞惨敗から巻き返す3つの根拠
日本ダービーに関する記事一覧はこちらから


丹内祐次騎手が覚醒か?背景にあるマイネル軍団と騎乗技術

(C) karasi gj

キャリア12年目、同期にいるのは川田優雅騎手、藤岡佑介騎手、吉田隼人騎手、津村明秀騎手。川田騎手を筆頭にGIや重賞戦線で活躍する同級生が多い中、丹内祐次騎手はお世辞にも目立った存在とは言えなかった。

実際、タイトルとはほとんど縁がなく、重賞は1勝のみ。

しかし、そんな丹内騎手が今、熱い。昨年からコンスタントに穴馬を馬券圏内に連れてくるようになり、今年は遂にマーチステークスで重賞初制覇を達成した。

もう一度言う。今、丹内騎手が熱い。その理由に迫っていこう。


明らかな成績アップ

まずは視覚的に丹内騎手の変化を見ていこう。以下は2014年と15年の成績の比較である。

2014年(22−21−18−360)
勝率5% 複勝率14%

2015年(10−14−10−155)
勝率5% 複勝率18%

※5月15日現在

数字を見ると一目瞭然だ。複勝率が4%も向上している。明らかに昨年を上回る勢いなのだ。


重賞での活躍も増えている。マーチステークスで重賞初制覇を飾り、京都金杯ではマイネルメリエンダ(7番人気3着)を、小倉大賞典ではコスモソーンパーク(6番人気2着)を馬券圏内に持ってきた。

ではなぜ、丹内騎手は飛躍を遂げることができたのだろうか?

【次のページヘ】“あの軍団”との深い関係とは?丹内騎手の“買い時”って?

ページ:

1

2

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る