アストラエンブレムの血統や将来性は?素質馬のパフォーマンスは重賞級か
(C)Y.Noda

パフォーマンスの評価

アストラエンブレムは新馬戦で負けている。ただし、この新馬戦の内容が秀逸だった。

ロスカボスが勝った新馬戦は前半から13秒台のラップを連覇する超スローペースだった。

13.2-12.4-13.2-13.6-13.4-12.5-11.2-11.5

そんな中、アストラエンブレムは後方から競馬を進めた。直線では差しきれなかったものの、34.5秒の末脚を使って前を行ったロスカボスを追い詰めている。

これだけスローペースになると、並の馬なら前に詰め寄れずに後方で入着する。にもかかわらず、アストラエンブレムは9頭立ての8番手から2着まで上がってきた。秀逸なエンジンを搭載していないとできない芸当だったと考えられる。

2戦目となった未勝利でも後方から前の馬たちをごぼう抜きしている。しかも記録した上がりタイムは2位に0.7秒差をつける32.6秒という圧倒的な数字だった。

新馬戦の内容も合わせて重賞級の力を持っていると判断していいだろう。

今後、2歳重賞や朝日杯フューチュリティステークスが目標になっていくはず。その将来が期待されるところだ。

【関連記事】
シルバーステートの血統や将来性は?重賞級な理由とGI馬になりきれないワケ
ワントゥワンの血統や将来性は?ハープスターと同配合の素質馬の課題
スマートオリオンの血統や将来性は?中京記念1着馬を徹底検証
武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?
彼女欲しけりゃペルーサになれ!稀代の愛され馬から学ぶ4つのモテテク

おすすめの記事