吉田豊騎手の人気馬を侮るな!フリー転身が刺激に?驚異の好走率に着目せよ

人気馬騎乗時の驚異の好走率

今年、吉田豊騎手が1、2番人気の人気馬に騎乗した時の成績は……

(20−9−4−14)
勝率43%
複勝率70%
単勝回収値144
複勝回収値104

ご覧のとおり、驚異的な成績を残している。

特に厩舎に所属していた1、2月と3月以降を比較すると……

1、2月
(2−5−0−4)
勝率18%
複勝率63%
単勝回収値60
複勝回収値90

3月以降
(18−4−4−10)
勝率50%
複勝率72%
単勝回収値169
複勝回収値108

1、2月が勝率18%だったのに対し、3月以降はなんと50%に向上している。明らかに勝ち切るようになっているわけだ。(当然、好走率も秀逸)

特にダートでの成績はよく、1、2番人気だと複勝率は79%に跳ね上がる。(誤差の範囲だが、3月以降は同81%)

フリーへの転身が、吉田豊騎手にとって(環境的な意味でも自身のメンタル的な意味でも)刺激になっていることを示唆する数字である。

まとめ

今年で40歳となり、現役の中でも“古株”となってきた。通常、歳を重ねるとなかなか劇的な変化を期待するのは難しい。フィジカル的な衰えが出てくるし、よほど優秀な成績を残していない限り、若手に騎乗馬を奪われることが多いからだ。

そんな中、吉田豊騎手は気を吐いている。

今年は8月12日時点で38勝を挙げていて、昨年の41勝を上回ることは間違いないだろう。2010年以来となる70勝台も夢ではなくなってきた。

“西のユタカ”も今年は好調を維持しているが、“東のユタカ”にも注目してみてはいかがだろうか。

【関連記事】
藤田伸二騎手の苦境!成績低迷の原因と現在地とは?チラつく引退
武豊復活の根拠とは?強い馬を勝たせる技術は全盛期と遜色なし?
池添謙一騎手を追え!オルフェーヴルの相棒は最も買える穴ジョッキー?
横山典弘騎手の“ポツン騎乗”は本当に多いのか?天才の気まぐれの真相
乗り遅れると損するよ?柴山雄一という“2015年で一番買える騎手”

ページ:
1

2



井原俊之

井原俊之

投稿者プロフィール

某競馬ブログの中の人。主に騎手に関する考察を得意としています。好きな騎手は岩田騎手、小牧騎手、柴山騎手などの地方移籍組。ここでは勢いのある騎手や不遇だけど本当はうまいジョッキーを紹介していきます

この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る