(C)masakin0712

ウォーエンブレムが種牡馬を引退し、生まれ故郷のアメリカに戻ることが分かった。『Racing Post』が報じている。功労馬飼養施設のオールドフレンズファームでオジジアン、シルヴァーチャームらとともに余生を過ごす。

現役時代はアメリカで2冠馬となり、2002年のエクリプス賞で最優秀3歳牡馬に選ばれた。GI3勝の実績を引っさげて現役を引退すると、サンデーサイレンス系牝馬との交配を想定して社台グループが購入。日本での種牡馬入りが決まった。

しかし、種付けは苦労の連続となった。

性機能障害がないにもかかわらず、特定の牝馬(栗毛で無地の小柄な牝馬)にしか興味を示さなかったため、1年目の種付け等数は7頭にとどまることに。その後、試行錯誤を重ねて種付け数は増加したものの、近年は再び交配を拒むようになっていた。これ以上、種牡馬を続けるのは困難だと判断され、引退の決断が下されたと見られる。

ただし、種牡馬としては優秀で決して数の多くない産駒の中からブラックエンブレム(秋華賞馬)やローブティサージュ(阪神JF1着)といったGI馬を輩出。勝ちあがり率も高かった。

【関連記事】
反撃の狼煙!ハービンジャー産駒が3歳夏に躍進する3つの理由とは?
ハービンジャーは失敗種牡馬なのか?伸び悩む産駒たちと今後への期待
種牡馬スウィフトカレントの可能性を探る!幻のクラシックホースが!?
“隠れダート馬”ハーツクライ産駒が熱い!芝種牡馬なのに砂が得意!?
影の最強種牡馬ブラックタイド!ディープインパクトの兄は脇役じゃない

おすすめの記事