ヴィクトリアマイル2017の予想データ分析…3つの好走血統と不振種牡馬

(C) Yusuke Tsutaya

今週は東京競馬場で春の古馬牝馬最強馬決定戦のヴィクトリアマイル(GI/芝1600m)が行われる。

開催に際し、どのような血統の馬がいい成績を残しているのか、同コースでどのような血統の馬が台頭しているのか、過去のデータをもとに見ていくことにしよう。

なお、好走血統は過去10年、コース種牡馬成績は2014年以降(精度を高めるために1、2番人気の人気馬、および単勝100倍以上の人気薄、新馬戦、長期休み明けなどの不確定要素が多いレース=血統意外の要因で決着した可能性が高いレースは、集計から除外)を参考に考察していく。

過去10年好走馬血統

着順 種牡馬 母父馬
フジキセキ タイキシャトル
ディープインパクト Gold Away
ディープインパクト フレンチデピュティ
フジキセキ タイキシャトル
キングカメハメハ A.P. Indy
スズカマンボ ウォーニング
ディープインパクト Machiavellian
スズカマンボ グラスワンダー
フジキセキ タイキシャトル
ディープインパクト Machiavellian
クロフネ サンデーサイレンス
テレグノシス サンデーサイレンス
クロフネ サンデーサイレンス
ディープインパクト Bertolini
ディープインパクト Marju
キングカメハメハ Salt Lake
スペシャルウィーク Caerleon
キングカメハメハ Tejano Run
スペシャルウィーク Caerleon
アグネスタキオン A.P. Indy
タニノギムレット Alzao
タニノギムレット ルション
クロフネ サンデーサイレンス
フレンチデピュティ ヘクタープロテクター
フジキセキ デインヒル
タニノギムレット ルション
アドマイヤベガ Topsider
フジキセキ ドクターデヴィアス
ロイヤルタッチ ミナガワマンナ
サンデーサイレンス Danzig

集計期間:2007. 5.13 ~ 2016. 5.15

解説・分析:注目血統は?

特にここ数年の特徴として挙げられるのが、

・ディープインパクト産駒
・スプリント血統
・米国型ノーザンダンサー系

この3つがポイントになってくるだろう。ディープインパクト産駒は2012年以来、過去5年中4年で好走馬が出ている。2015年がほとんど“事故”だったことを考慮すると、ほとんどすべての年で馬券に絡んでくる、と判断していい。今年も注目していく必要があるだろう。

ただし、GI馬のヴィルシーナが大穴を開けた以外は比較的に人気サイドが好走する傾向にあるため、あまり人気のない馬を狙いすぎるのは得策ではないかもしれない。

次にスプリント血統に注目したい。

フジキセキ キンシャサノキセキなど優秀なスプリンターを輩出

タイキシャトル スプリントGI馬

キングカメハメハ スプリント王ロードカナロアを輩出

クロフネ スリープレスナイトなど優秀なスプリンターを輩出

多くの馬がスプリントGIに関連する血を持っていたことが分かる。スプリンターズステークスを勝ったストレイトガールが2連覇を含めて3年連続で好走していることからも、スプリント適性が重要であることが分かるだろう。

最後に、米国型ノーザンダンサー系にも注目しておきたい。ヴァイスリージェントやストームバードの血を持つ馬も台頭する傾向にある。特に2009年のブラボーデイジーや2012年のホエールキャプチャなど、二桁人気の人気薄を連れてくることも稀にあるため、頭に入れておきたいところだ。

コース種牡馬別集計

種牡馬 着別度数
ダイワメジャー 6- 4- 8- 52/ 70
ディープインパクト 4- 13- 6- 93/116
キングカメハメハ 4- 3- 2- 58/ 67
メイショウサムソン 4- 3- 2- 15/ 24
ステイゴールド 3- 1- 10- 36/ 50
ブラックタイド 2- 1- 2- 14/ 19
マンハッタンカフェ 1- 1- 3- 30/ 35
デュランダル 0- 1- 0- 9/ 10
オンファイア 0- 0- 0- 4/ 4
種牡馬 勝率 複勝率 単回値 複回値
ダイワメジャー 8.6% 25.7% 88 90
ディープインパクト 3.4% 19.8% 42 59
キングカメハメハ 6.0% 13.4% 86 43
メイショウサムソン 16.7% 37.5% 555 170
ステイゴールド 6.0% 28.0% 141 135
ブラックタイド 10.5% 26.3% 161 78
マンハッタンカフェ 2.9% 14.3% 27 41
デュランダル 0.0% 10.0% 0 44
オンファイア 0.0% 0.0% 0 0

集計期間:2014. 2. 1 ~ 2017. 5. 7

解説・分析:注目種牡馬は?

もっとも成績がいいのは意外なことにメイショウサムソンだ。府中はマイルに限らず、メイショウサムソン産駒が穴を開けるのはよくあることである。ただし、重賞、ましてやGIになるとメイショウサムソン産駒の期待値は落ちる(上位条件では活躍できない)ため、判断が難しいところだ。

他に指摘するとするなら、キングカメハメハやマンハッタンカフェの成績が悪いことだ。キングカメハメハ産駒は、2015年にケイアイエレガントが大穴を開けている。しかし、この年はスローペースの前残りという“事故”が起こったことで知られている。通常の年と同じ扱いで考えていいか、微妙なところだろう。

マンハッタンカフェに関してはもっと深刻で、ほとんど人気馬しか走っていない。ルージュバックは人気の一角に指示されるだろうが、舞台適性はさほど高くないと言えそうだ。

なお、以下が今回出走するメンバーの血統だ。考察を参考に、どの馬が当てはまるのか考えてみよう。

出走馬血統

アスカビレン
ブラックタイド
系統 サンデー系
スウェプトレジーナ
母父 スウェプトオーヴァーボード
系統 ミスプロ系
アットザシーサイド
キングカメハメハ
系統 キングM系
ルミナスハーバー
母父 アグネスタキオン
系統 サンデー系
アドマイヤリード
ステイゴールド
系統 サンデー系
ベルアリュール2
母父 Numerous
系統 ミスプロ系
ウキヨノカゼ
オンファイア
系統 サンデー系
アドマイヤダッシュ
母父 フサイチコンコルド
系統 ニジンスキー系
オートクレール
デュランダル
系統 サンデー系
ジョイアサーティン
母父 フォーティナイナー
系統 ミスプロ系
クイーンズリング
マンハッタンカフェ
系統 サンデー系
アクアリング
母父 Anabaa
系統 ダンジグ系
クリノラホール
ダイワメジャー
系統 サンデー系
クリノビャクダン
母父 クロフネ
系統 ヴァイス系
ジュールポレール
ディープインパクト
系統 ディープ系
サマーナイトシティ
母父 エリシオ
系統 Fキング系
スマートレイアー
ディープインパクト
系統 ディープ系
スノースタイル
母父 ホワイトマズル
系統 リファール系
ソルヴェイグ
ダイワメジャー
系統 サンデー系
アスドゥクール
母父 ジャングルポケット
系統 グレイS系
デンコウアンジュ
メイショウサムソン
系統 サドラーズ系
デンコウラッキー
母父 マリエンバード
系統 ニジンスキー系
ヒルノマテーラ
マンハッタンカフェ
系統 サンデー系
コンサーンナッカ
母父 Concern
系統
フロンテアクイーン
メイショウサムソン
系統 サドラーズ系
ブルーボックスボウ
母父 サンデーサイレンス
系統 サンデー系
ミッキークイーン
ディープインパクト
系統 ディープ系
ミュージカルウェイ
母父 Gold Away
系統 ヌレイエフ系
リーサルウェポン
ディープインパクト
系統 ディープ系
クイックコマンド
母父 Gold Legend
系統 ボールドL系
ルージュバック
マンハッタンカフェ
系統 サンデー系
ジンジャーパンチ
母父 Awesome Again
系統 ヴァイス系
レッツゴードンキ
キングカメハメハ
系統 キングM系
マルトク
母父 マーベラスサンデー
系統 サンデー系


この著者の最新の記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る