芝で活躍していた馬がダートに転向するという事はよくありますが、中でもこのドリームバレンチノは成功例なのではないかと思います。

芝G1でも馬券に絡むような馬が、ダート初挑戦でいきなり交流G1であるJBCスプリントに登録してきた時は、「芝とダートは別物だよ!」と思われたからなのか、JRAから参加する馬の中で最低の5番人気でした。が、結果は2着。

その後は芝に戻る事無く、ずっとダートで走り続け、2度目の挑戦となった去年のJBCスプリントで勝利し、ついにG1馬になりました。

元々芝馬だからなのか足抜けの良い馬場が向くようで、良馬場よりも重や不良馬場の方が着順が上がるように思えます。

今週の日曜日、プロキオンSに出走となりますが、金曜日の時点での中京ダートコースは重馬場発表。ここからどれだけ乾くかによって着順が大きく変わりそうです。そんなドリームバレンチノに注目しつつ、レースを観たいと思います。

おすすめの記事