ゴールデンバローズ1強に待った!ユニコーンSの伏兵たちの勝算を探る!

(C) Yusuke Tsutaya

ユニコーンステークス(2015年)の人気馬は?勢力図と予想オッズを展望

この記事にあるように、ドバイで力を示したゴールデンバローズが中心になるであろう今年のユニコーンステークス。しかし他の出走馬も、ただ指をくわえているだけではありません。

ここでは過去のユニコーンステークスでも好走馬の多い「直近のダート・オープン戦連対馬」5頭をチェックしてみたいと思います。

同舞台を経験し前進なるか

アキトクレッセント
(青竜ステークス3着、昇竜ステークス1着)

デビュー戦、2戦目こそ芝で4着だったものの、ダートに切り替えてからは5戦3勝。

父ウォーエンブレムは芝のGⅠ馬を輩出していますが、ケンタッキーダービー(米GⅠ)などを勝った現役時代の実績からするとダートで活躍できる素質も持ち合わせています。父の性質がストレートに反映されていると考えられます。

500万下→昇竜ステークスと連勝し、クラスの壁を感じさせない力を見せているのもポイント。前走でユニコーンステークスと同じ東京ダート1600mを経験しているのも強みでしょう。

父と同じ軌跡でダート王へ

アルタイル
(青竜ステークス2着、昇竜ステークス2着)

現在までに8戦を消化していますが、「ダート」「左回り」に限定すると6戦で2勝2着3回の連対率83%。オープンでも2戦連続2着と安定感があります。

父カネヒキリもユニコーンステークスで初重賞制覇し、ダートの頂点へ駆け上がって行きましたから、産駒にも期待がかかります。

【次のページヘ】カフジテイクやノンコノユメの可能性は?

ページ:

1

2


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る