ユニコーンステークス2017の予想分析、結果発表!好走率6割超のデータ該当馬は?


(C)MAZIMICKEY

今週は東京競馬場でユニコーンステークス(ユニコーンS/GIII/ダート1600m)が行われる。

開催に際し、競馬TIMES編集部では予想の参考になりそうなデータをいくつかピックアップした。では、人気、血統、枠順、ローテーションなどから導き出したデータに合致するのはどの馬なのか?

5つの消しフィルターを通したとき、残る馬を探っていくことにしよう。


消しデータまとめ

今回、ピックアップしたデータは以下だ。

ポイント1 極端な人気薄は消し!
ポイント2 前走上がり6位以下は消し!
ポイント3 差し馬は消し!
ポイント4 前走条件クラスは消し!
ポイント5 前走芝は消し!

※詳細は過去の記事を参照

一つずつ、見ていくことにしよう。

ポイント1 極端な人気薄は?

3歳のダート馬たちは出走できるレースが限られ、有力馬の多くはユニコーンステークスに歩みを進めてくる。

才能が集まるレースということは、強い馬が勝つ可能性が高いということ。よって、波乱は起こりにくい。


馬名
シゲルコング15
ハルクンノテソーロ 6
ブルベアバブーン14
リエノテソーロ1
サヴィ 5
ラユロット 9
アンティノウス 4
サンライズノヴァ2
シゲルベンガルトラ 8
サンオークランド10
タガノカトレア11
テイエムヒッタマゲ13
ウォーターマーズ 7
トロピカルスパート16
サンライズソア3
トラネコ12

人気薄は……

シゲルコング
ブルベアバブーン
サンオークランド
タガノカトレア
テイエムヒッタマゲ
トロピカルスパート
トラネコ

この馬たちがまずは消える。

ポイント2 前走上がり6位以下は?

東京コースといえば直線が長い。よって、芝並みの瞬発力が求められる。

よって、直線の短いコースでコーナーでセーフティリードを作り、惰性で粘り込んできたような馬はここでは通用しない。

馬名上がり順
シゲルコング
ハルクンノテソーロ1
ブルベアバブーン3
リエノテソーロ1
サヴィ1
ラユロット1
アンティノウス2
サンライズノヴァ6
シゲルベンガルトラ9
サンオークランド2
タガノカトレア11
テイエムヒッタマゲ8
ウォーターマーズ1
トロピカルスパート5
サンライズソア2
トラネコ1

前走上がり6位以下なのは……

サンライズノヴァ
シゲルベンガルトラ
タガノカトレア
テイエムヒッタマゲ

ここで人気の一角サンライズノヴァが消える。

ポイント3 差し馬は?

瞬発力が問われるということは差し馬に有利……と考えがちだ。しかし、そこはやはりダート戦。基本的には前々で競馬を進められる自在性があったほうが好ましい。

馬名前走脚質
シゲルコング
ハルクンノテソーロ
ブルベアバブーン
リエノテソーロ
サヴィ
ラユロット
アンティノウス
サンライズノヴァ
シゲルベンガルトラ
サンオークランド
タガノカトレア
テイエムヒッタマゲ
ウォーターマーズ
トロピカルスパート
サンライズソア
トラネコ

差す競馬をしていたのは……


シゲルコング
ハルクンノテソーロ
ブルベアバブーン
リエノテソーロ
サヴィ
ラユロット
ウォーターマーズ
トロピカルスパート
トラネコ

ここでリエノテソーロは消える。

ポイント4 前走条件クラスは?

ユニコーンSは実力が問われるレースだ。力がある馬はほとんどの場合、これまでの過程でOP以上のクラスで走っている。よって、前走で条件戦を使っている馬は評価を下げたほうがいい。

馬名レース
シゲルコング兵庫CG2
ハルクンノテソーロ青竜S
ブルベアバブーン鳳雛S
リエノテソーロNHKマG1
サヴィ500万下*
ラユロット500万下*
アンティノウス500万下*
サンライズノヴァ鳳雛S
シゲルベンガルトラ青竜S
サンオークランド500万下*
タガノカトレア端午S
テイエムヒッタマゲ毎日杯G3
ウォーターマーズ鳳雛S
トロピカルスパート青竜S
サンライズソア青竜S
トラネコ500万下*

前走条件クラスだった馬は……

サヴィ
ラユロット
アンティノウス
サンオークランド
トラネコ

サヴィやアンティノウスといった穴人気馬はここで消える。

ポイント5 前走芝は?

ユニコーンSはいわば、中央競馬における3歳ダート路線の頂上決戦だ。

そんな中に芝しか走ったことのない馬が混じったとしても、勝負にならない。

馬名馬場
シゲルコング
ハルクンノテソーロ
ブルベアバブーン
リエノテソーロ
サヴィ
ラユロット
アンティノウス
サンライズノヴァ
シゲルベンガルトラ
サンオークランド
タガノカトレア
テイエムヒッタマゲ
ウォーターマーズ
トロピカルスパート
サンライズソア
トラネコ

前走芝だったのは……

リエノテソーロ
テイエムヒッタマゲ


1番人気のリエノテソーロが消える。ただし、リエノテソーロは全日本2歳優駿の勝ち馬だけに、“準クリア”として扱ってもいいかもしれない。

残った激走馬候補とは?

さて、ではいくつかの消しフィルターをくぐり抜け、ここまで残った馬はいるのだろうか? それは……

サンライズソア

今回の激走馬候補は1頭。

馬券の軸にするもよし、相手に加えるもよし。どんな扱いにするにせよ、気にかけてみるのがいいのではないだろうか。


この著者の最新の記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る