天皇賞春2017!予想・出走予定馬と過去の傾向は?データ、血統、人気、枠順


(C)Horse Race Photo Studio

今週は京都競馬場で春の古馬最強馬決定戦の天皇賞春(GI/芝外回り3200m)が開催される。

キタサンブラックとサトノダイヤモンドの一騎打ちが予想される中、どんなレースが展開されるのか? 台頭する可能性を秘めた伏兵とは?

出走馬のおさらいとともに、予想のポイント(過去の傾向、データ、血統、人気、枠順など)を考察していこう。


出走予定馬・登録馬

2017年 4月30日(日) 3回京都4日目 19頭 [仮想出馬表]
【11R】  第155回天皇賞(春)
4歳以上・オープン・G1(定量)(国際)(指定) 芝3200m・外 (C)

馬名性齢斤量
アドマイヤデウス牡658
アルバート牡658
カレンミロティックセ958
キタサンブラック牡558
ゴールドアクター牡658
サトノダイヤモンド牡458
シャケトラ牡458
シュヴァルグラン牡558
スピリッツミノル牡558
タマモベストプレイ牡758
ディーマジェスティ牡458
トーセンバジル牡558
トウシンモンステラ牡758
ファタモルガーナセ958
プロレタリアト牝6 56
ヤマカツライデン牡558
ラブラドライトセ858
レインボーライン牡458
ワンアンドオンリー牡658

中心メンバーは何といってもキタサンブラックとサトノダイヤモンドだ。昨年の有馬記念でも熱戦を繰り広げた両馬が再び激突する。

さらに日経賞を制した上がり馬シャケトラ、長距離で実績のあるシュヴァルグランらが人気の中心になりそう。あとは有馬記念馬ゴールドアクターや皐月賞馬ディーマジェスティなど、豪華なメンバーが揃っている。

血統傾向

着順種牡馬母父馬
ブラックタイドサクラバクシンオー
ハーツクライA.P. Indy
ハーツクライMachiavellian
ステイゴールドメジロマックイーン
ハーツクライアレミロード
ハーツクライA.P. Indy
ステイゴールドDanehill
ハーツクライStorm Bird
マーベラスサンデーダンシングブレーヴ
ステイゴールドDanehill
ディープインパクトLycius
Cadeaux GenereuxPeintre Celebre
ミスキャストブライアンズタイム
ジャングルポケットノーザンテースト
ハーツクライStorm Bird

集計期間:2012. 4.29 ~ 2016. 5. 1

ステイゴールドやハーツクライ、ジャングルポケットといったJRA屈指のスタミナを誇る種牡馬の産駒が躍動している。

あるいは凱旋門賞馬のダンシングブレーヴ、3冠馬を生み出したブライアンズタイムなどの血も見逃せない。


この中に入るとキタサンブラックの血統は到底合うように見えず、いかに異質かお分かりいただけるのではないか。

データ考察

人気別集計

人気勝率複勝率単回値複回値
1番人気0.0%10.0%014
2番人気50.0%70.0%257173
3番人気10.0%60.0%58200
4番人気10.0%40.0%115117
5番人気0.0%20.0%082
6番人気0.0%10.0%0154
7番人気10.0%20.0%169118
8番人気0.0%0.0%00
9番人気0.0%0.0%00
10番人気0.0%10.0%061
11番人気0.0%10.0%0142
12番人気10.0%20.0%465234
13番人気0.0%10.0%0139
14番人気10.0%10.0%1596372
15番人気0.0%0.0%00
16番人気0.0%11.1%0317
17番人気0.0%0.0%00
18番人気0.0%0.0%00

集計期間:2007. 4.29 ~ 2016. 5. 1

二桁人気馬の台頭が目立つ。長距離GI、普段走ることがない距離のため、適性がモロに出てくる。よって、普段は中距離で力を発揮しきれないような馬が突如激走するようなことが起こり得るわけだ。

馬体重別集計

馬体重勝率複勝率単回値複回値
~399kg
400~419kg
420~439kg0.0%100.0%0330
440~459kg0.0%14.3%0125
460~479kg4.8%14.3%5484
480~499kg7.7%13.5%134122
500~519kg7.0%20.9%392164
520~539kg10.0%20.0%4539
540~0.0%33.3%090

集計期間:2007. 4.29 ~ 2016. 5. 1

あまり明確な傾向は見られない。もっとも、率でいえば500キロ以上の馬が好成績を収めている。

枠番別集計

枠番勝率複勝率単回値複回値
1枠26.3%36.8%1221359
2枠0.0%21.1%0261
3枠10.0%15.0%5399
4枠5.0%10.0%5727
5枠0.0%5.0%010
6枠5.0%25.0%2973
7枠0.0%11.1%091
8枠3.6%17.9%2087

集計期間:2007. 4.29 ~ 2016. 5. 1

ここは明確な差が出ている。やはり長距離GIだけに、少しでもロスを避けられるのがベスト。よって、内枠から穴馬が出やすい結果となっている。

馬番別集計

馬番勝率複勝率単回値複回値
1番30.0%40.0%1687480
2番20.0%30.0%634203
3番0.0%20.0%0184
4番0.0%20.0%0313
5番0.0%0.0%00
6番20.0%30.0%107199
7番10.0%10.0%11531
8番0.0%20.0%044
9番0.0%0.0%00
10番0.0%0.0%00
11番0.0%10.0%035
12番10.0%40.0%59111
13番0.0%20.0%0168
14番10.0%20.0%5882
15番0.0%11.1%033
16番0.0%33.3%0235
17番0.0%0.0%00
18番0.0%0.0%00

集計期間:2007. 4.29 ~ 2016. 5. 1

こちらも同様。特に一枠の好走率が40%と、驚異的な成績となっている。

脚質上り別集計

脚質上り勝率複勝率単回値複回値
平地・逃げ16.7%16.7%1367324
平地・先行8.3%38.9%158311
平地・中団5.2%16.9%5272
平地・後方0.0%0.0%00
平地・マクリ33.3%33.3%15386
3F 1位27.3%45.5%162230
3F 2位0.0%54.5%0215
3F 3位6.7%26.7%112172
3F ~5位15.8%42.1%292348
3F 6位~2.6%6.0%15158

集計期間:2007. 4.29 ~ 2016. 5. 1


逃げ、先行馬の成績が極めていい。中団以降になると、どうしても不利があったり、外外を回してロスが大きくなったりしてしまうケースが目立つためだ。

基本的には前々につけられそうな馬をチョイスするのがよさそうだ。

間隔別集計

間隔勝率複勝率単回値複回値
連闘
2週
3週0.0%4.2%0119
4週12.5%37.5%107162
5~ 9週5.5%15.6%214116
10~25週6.7%20.0%39100
半年以上0.0%0.0%00
初出走他
不明・他
明け2戦5.4%17.6%3698
明け3戦5.6%11.1%3230
明け4戦12.5%12.5%5732
明け5戦0.0%0.0%00
明け6~6.0%22.0%446226

集計期間:2007. 4.29 ~ 2016. 5. 1

ここはあまり明確な傾向はなし。強いて言えば、間隔の空いていない馬は微妙だろう。

前走脚質別集計

前走脚質勝率複勝率単回値複回値
平地・逃げ8.3%25.0%37163
平地・先行10.7%23.2%343188
平地・中団4.2%15.3%9671
平地・後方0.0%3.8%056
平地・マクリ0.0%33.3%073
3F 1位11.4%31.4%64104
3F 2位6.9%13.8%175101
3F 3位0.0%15.0%051
3F ~5位7.4%11.1%7949
3F 6位~3.4%13.8%295180

集計期間:2007. 4.29 ~ 2016. 5. 1

こちらもやはり逃げ、先行馬の成績がいい。注目すべきなのは、上がり6位以下だった馬も普通に巻き返してくるということだ。

前走クラス別集計

前走クラス勝率複勝率単回値複回値
同クラス6.1%17.8%163118
昇級戦0.0%0.0%00
降級戦
新馬
未勝利
500万下
1000万下
1600万下0.0%0.0%00
OPEN特別0.0%5.0%0143
G30.0%8.3%052
G27.7%20.8%204122
G10.0%0.0%00

集計期間:2007. 4.29 ~ 2016. 5. 1

実力が問われる淀の3200mということで、昇級馬は基本的に厳しい。重賞を使ってきた馬を選ぶのが無難といえる。

前走距離別集計

前走距離勝率複勝率単回値複回値
同距離
±200以内4.6%13.8%261119
±400以内4.6%13.8%261119
±600以内4.6%13.8%261119
今回延長6.1%17.7%162123
今回短縮0.0%11.1%070
500m以上延長6.5%19.4%88121
500m以上短縮

集計期間:2007. 4.29 ~ 2016. 5. 1

前走レース名別集計

前走レース名勝率複勝率単回値複回値
日経賞G25.8%17.3%123105
産経大阪G216.7%44.4%143130
阪神大賞G25.5%14.5%309130
京都記念G220.0%40.0%118176
ダイヤモHG30.0%11.1%070
大阪―ハH0.0%5.6%0158
DWCG10.0%50.0%0770
サンシH16000.0%0.0%00
中日新聞HG30.0%0.0%00
香ヴァG10.0%0.0%00
湾岸S16000.0%0.0%00
名古屋城16000.0%0.0%00
福島民報0.0%0.0%00
天皇賞秋G10.0%0.0%00
御堂筋S16000.0%0.0%00
ライト0.0%0.0%00
エイプリ0.0%0.0%00

集計期間:2007. 4.29 ~ 2016. 5. 1


大阪杯組の成績が圧倒的にいい。一方、近年は阪神大賞典組が不振傾向にある。

ただし、今年は大阪杯がGIに昇格してローテーションの選び方、レースにおける消耗度が変わったため、そのことも考慮した予想にしたほうがよさそうだ。


この著者の最新の記事

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る