帝王賞(2015年)出走予定馬と枠順が確定!ホッコータルマエは1枠1番

(C)arima0208
(C)arima0208

6月24日に大井競馬場で開催される第38回帝王賞(GI/ダ2000m)の枠順が確定した。

ドバイワールドカップ以来の出走となるホッコータルマエは1枠1番、枠年の覇者ワンダーアキュートは5枠6番、同コースで行われたジャパンダートダービーを勝った実績を持つクリソライトは5枠5番に入った。

なお、今年のフェブラリーステークスで2着となったインカンテーションは骨折が判明したため、出走を回避している。

スポンサーリンク

1―1 ホッコータルマエ(牡6│幸英明│栗東│西浦勝一)
2―2 トーセンアレス(牡8│今野忠成│浦和│小久保智)
3―3 リワードレブロン(牡7│永森大智│高知│雑賀正光)
4―4 ジョーメテオ(牡9│的場文男│浦和│小久保智)
5―5 クリソライト(牡5│武豊│栗東│音無秀孝)
5―6 ワンダーアキュート(牡9│和田竜二│栗東│佐藤正雄)
6―7 ユーロビート(セ6│吉原寛人│大井│渡辺和雄)
6―8 クリノスターオー(牡5│岩田康誠│栗東│高橋義忠)
7―9 ハッピースプリント(牡4│宮崎光行│大井│森下淳平)
7―10 ニホンピロアワーズ(牡8│酒井学│栗東│大橋勇樹)
8―11 タッチデュール(牝6│佐藤友則│笠松│山中輝久)
8―12 サイモンロード(セ7│丸野勝虎│愛知│角田輝也)

【関連記事】
インカンテーションが骨折で帝王賞を回避…充実一途の5歳馬が戦線離脱
インカンテーションの血統や今後の展望は?平安ステークスの覇者を徹底分析
エピファネイアの故障やハープスターの引退…キャロットファームに吹く逆風
リーガルプレゼンスが重度の骨折で引退!デビュー2連勝の素質馬だったが…
恋する乙女必見!競馬ファンの男を8.6秒以内で確実に落とす3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


この著者の最新の記事

関連記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 150620
    見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る