丹内祐次騎手が覚醒か?背景にあるマイネル軍団と騎乗技術

(C) karasi gj

キャリア12年目、同期にいるのは川田優雅騎手、藤岡佑介騎手、吉田隼人騎手、津村明秀騎手。川田騎手を筆頭にGIや重賞戦線で活躍する同級生が多い中、丹内祐次騎手はお世辞にも目立った存在とは言えなかった。

実際、タイトルとはほとんど縁がなく、重賞は1勝のみ。

しかし、そんな丹内騎手が今、熱い。昨年からコンスタントに穴馬を馬券圏内に連れてくるようになり、今年は遂にマーチステークスで重賞初制覇を達成した。

もう一度言う。今、丹内騎手が熱い。その理由に迫っていこう。

明らかな成績アップ

まずは視覚的に丹内騎手の変化を見ていこう。以下は2014年と15年の成績の比較である。

2014年(22−21−18−360)
勝率5% 複勝率14%

2015年(10−14−10−155)
勝率5% 複勝率18%

※5月15日現在

数字を見ると一目瞭然だ。複勝率が4%も向上している。明らかに昨年を上回る勢いなのだ。

重賞での活躍も増えている。マーチステークスで重賞初制覇を飾り、京都金杯ではマイネルメリエンダ(7番人気3着)を、小倉大賞典ではコスモソーンパーク(6番人気2着)を馬券圏内に持ってきた。

ではなぜ、丹内騎手は飛躍を遂げることができたのだろうか?

【次のページヘ】“あの軍団”との深い関係とは?丹内騎手の“買い時”って?

ページ:

1

2


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る