データで見る武豊復活の根拠とは?強い馬を勝たせる技術は全盛期と遜色なし?

(C)Y.Noda

武豊騎手は2015年7月19日終了時点で60勝を挙げて全国リーディング4位につけている。

全盛期に比べると「4位」という成績は物足りない響きかもしれない。ただし、ある側面から見ると現在の武豊騎手が全盛期並みの成績を残していることが分かる。

2010年の毎日杯で大けがを負い、一時は引退もささやかれるほど勝ち星に恵まれなかったところから確実に復調している。


強い馬を勝たせる武豊

武豊騎手といえば、「強い馬を勝たせる技術」に長けている。

よく「穴馬で馬券にならない=下手」という“暴論”があるが、強い馬と穴馬では求められる騎乗技術が異なる。武豊騎手の場合、デビューから強い馬に乗り続けてきたため、強い馬を勝たせる技術に長けている。

それは元ジョッキーの安藤勝己氏も認めるところだ。以前、番組で「能力のある馬に乗せたら抜群。強い馬に乗って勝つのは案外難しいんですけど、スタートや位置取りをミスしないし、3、4コーナーでいつの間にかちゃんと動ける位置にいて、スムーズに出してくる。強い馬を勝たせる技術は抜けている」と語っている。

よって、武豊騎手が復調したかどうかは「強い馬を勝たせているかどうか」で判断できる。

【次のページヘ】1番人気の武豊の成績はなんと……!?

ページ:

1

2


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る