武豊騎手、エイシンヒカリがよれたのは「ボクの意思。思い通り動いてくれた」

(C) Yusuke Tsutaya
(C) Yusuke Tsutaya

武豊騎手は、6月14日に東京競馬場で開催されたエプソムカップ(GIII/芝1800m)で逃げ切り勝ちを収めたエイシンヒカリ(牡4)について振り返った。自身のブログにつづっている。

武豊騎手とエイシンヒカリはスタートから先頭に立つと、サトノアラジンやフルーキーといった人気馬をおさえ、重賞初制覇を達成。秋へ向けて司会が広がる形となった。

このレースについて武豊騎手は、「期待のエイシンヒカリに騎乗してエプソムカップを優勝。大逃げを打つのではないかとか、どこかにスッ飛んで行くのではないかとか、様々な意味合いで注目されていましたが、至って普通の競馬をしての勝利でした」と回顧。さらに、「最後に外に少しだけよれたように見えたかもしれませんが、あれは内から伸びてきたサトノアラジンと馬体を併せたくなかったボクの意思。むしろ、思い通りに動いてくれたと評価しています」と明かした。

ただし、「とはいえ、秋にG1のメンバーと戦うとすれば、もうひと皮むけてほしいとも思いました。それができる馬だと思うからこそ、少し辛口で振り返りました」と、期待する馬だからこその“注文”をつけている。

【関連記事】
エイシンヒカリが秋のGI戦線へ!路線は天皇賞秋やマイルチャンピオンシップか
武豊騎手とエイシンヒカリに“欅の向こう側に置き忘れた夢の続き”を見よう
エイシンヒカリの血統と次走への展望は?エプソムカップの覇者を徹底分析
エイシンヒカリと武豊騎手が刻んだ芸術的なラップとは?動き出した“夢の続き”
遂に本格化!良血馬サトノアラジンの未来に期待する4つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


この著者の最新の記事

関連記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 150620
    見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る