武豊騎手と社台グループの現在地とは?確執や絶縁説はオカルトだった?

(C)minafl

ページ:
1

2

3

武豊騎手の復活と騎乗依頼数の増加

しかし、武豊騎手の復調によって徐々に“雪解け”が進んでいる。ここ最近は社台グループからの騎乗依頼が確実に増えているのだ。

例えば以下の馬主たちからの騎乗数を集計してみよう。(生産牧場で集計すると、馬主が個人の場合、オーナーの意向が優先されるケースがある。このため、社台系馬主を対象に集計するのが好ましいと判断する)

・社台レースホース
・サンデーレーシング
・キャロットファーム
・吉田一族(吉田照哉、勝己氏ら)

年・年月 着別度数
2015年 9- 6- 2- 24/ 41
2014年 9- 11- 6- 25/ 51
2013年 9- 4- 5- 26/ 44
2012年 3- 7- 3- 26/ 39
2011年 3- 6- 7- 31/ 47
2010年 11- 9- 5- 31/ 56
2009年 22- 15- 16- 60/113
2008年 29- 17- 8- 46/100
2007年 29- 16- 13- 48/106
2006年 30- 21- 16- 53/120
2005年 44- 18- 10- 55/127

集計期間:2005. 1. 5 ~ 2015. 6.28

武豊騎手のJRAにおける年間最多勝は2005年の212勝だ。この時期を全盛期とすると、社台グループからいかに多くの騎乗依頼を受けていたか分かる。

しかし、2010年以降は如実に減っている。特に故障から復帰したにもかかわらず、11年、12年は40頭程度と全盛期の約1/3に減り、勝利数もわずか3勝となった。

ただし、ダービーを勝って復調を果たした13年は勝率20%と、故障前と遜色ない結果を残している。この成績が評価されたのか、今年15年は上半期終了時点で40頭超と、10年以降で最多となるペースで騎乗している。

09年以来の騎乗数となることは確実で、100頭の大台も夢ではないペースとなった。

有力馬への騎乗依頼

さらに騎乗馬を見ても両者の関係が回復していることが伺える。例えば今年の春のクラシックにおける騎乗馬を見てみると……

桜花賞
レオパルディナ
馬主:キャロットファーム

皐月賞
騎乗馬なし

オークス
マキシマムドパリ
生産:社台ファーム

日本ダービー
ポルトドートウィユ
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム

ご覧のとおり、4レース中3レースで社台グループが関連する馬に騎乗していた。

騎乗馬がなかった皐月賞にしても、当初はポルトドートウィユで参戦する予定だった。若葉ステークスで結果が出なかったことにより回避が決まったが、本来なら皐月賞も同馬で乗っていたことになる。

(事実上)春のクラシックのすべてで社台グループ関連馬に騎乗したのは、故障後初めてのことである。

さらに6月から始まった2歳戦ではポルトドートウィユの弟でエアグルーヴを母母に持つ超良血馬ポルトフォイユに騎乗。兄で結果を出したことが大きかったとはいえ、これだけの良血馬が新馬戦から回ってくるケースはここ数年、ほとんどなかった。

武豊騎手と社台グループの関係は確実に回復してきているのだ。

【次のページヘ】そもそも武豊騎手と社台に確執はあったのか?

ページ:
1

2

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る