宝塚記念は内回り適性の高い馬を狙え!血統が歴代好走馬に似ている馬とは?

(C)arima0208

ページ:

1

2

宝塚記念は阪神内回り2200mで行われる。古馬の中長距離戦線の5つのビッグレース(天皇賞(春)、宝塚記念、天皇賞(秋)、ジャパンカップ、有馬記念)の中で内回りで行われるのは宝塚記念と有馬記念だけだ。そのため、東京競馬場で行われる天皇賞(秋)やジャパンカップとは求められる適性が異なる。逆に有馬記念とは適性が近い。

よって、今回狙うべき馬は、「内回りでパフォーマンスを上げる馬」だ。

スポンサーリンク

歴代好走馬の血統構成

過去5年、内回りでパフォーマンスを上げ好走した人気薄の馬は以下の通り。

2010年1着 ナカヤマフェスタ(8番人気)
2011年1着 アーネストリー(6番人気)
2013年2着 ダノンバラード(5番人気)
2014年3着 ヴィルシーナ(8番人気)

内回りは外回りと比べて、パワーや器用さや粘り強さが求められる。この4頭は血統的にその要素を持っていた。

ナカヤマフェスタは父が内回りを得意とするステイゴールドで、母父タイトスポットはヒズマジェスティ×リファールというスタミナと粘りの塊のような馬で、母母父のデインヒル(父ダンチヒ)はわかりやすく言うと、「芝を掴んで走る」ようなコーナリングが抜群に上手い馬だった。

アーネストリーは父がロベルト系のシルヴァーホーク×ダンチヒのグラスワンダーで、ロベルトもダンチヒと同様に「馬場を掴んで走る」ような馬で実際にグラスワンダー自身も宝塚記念と有馬記念を制している。また母父トニービンの母は粘り強さのあるハイペリオン2×5のクロスを持ち、母母父ノーザンテーストも同じくハイペリオン4×3のクロスを持っているのでアーネストリーの母レットルダムールは実に粘り強さのある馬だった。それは自身の3勝が全て小回りコースだったことが証明している。アーネストリーの宝塚記念制覇は血統通りだった。

ダノンバラードとヴィルシーナはともにヘイローのクロスを持つ(ダノンは3×3、ヴィルシーナは3×4)。ヘイローは器用なスピードが武器なので内回りで器用に立ち回れる馬に出ることが多い。内回り2000mで行われていた「ラジオNIKKEI杯2歳ステークス」を制したロジユニヴァースやダノンバラードやアダムスピークやワンアンドオンリーは全てヘイローのクロスを持っている。

この点を踏まえて、内回りでパフォーマンスを上げそうで、かつ人気薄が予想される馬を挙げてみたい。

【次のページヘ】内回りでパフォーマンス上げる馬とは?

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

人気記事

Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

注目記事

  1. マーブルケーキ
    重賞出走やグッズ販売などで妹のブチコばかりが注目されていますが、全姉の初代ブチ馬(?)マーブルケーキ…
  2. ペルーサ巴賞
    通常、ゆったりしたローテーションでレースに出てくることが多いペルーサが、6月14日のエプソムカップか…
  3. ゴールドシップ
    日曜日はいよいよ宝塚記念! 三連覇がかかっているゴールドシップには、日本中の競馬ファンの注目が…
  4. 見た目で注目を集めているブチ柄白毛のブチコが、日曜日の東京メインレース「ユニコーンステークス」に出走…
  5. アメリカンファラオ
    6月6日(土)ニューヨーク州にあるベルモントパーク競馬場で行われるベルモントステークスで、アメリカの…

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る