タグ:リオンディーズ

リオンディーズの血統や将来性は?新馬戦快勝のエピファネイアの弟は大物か?

(C)T.T

11月22日に東京競馬場で行われた新馬戦(芝内回り2000m)は、キングカメハメハ産駒のリオンディーズが豪快に差し切り、デビュー勝ちを果たした。

内回りの大外枠という有利とはいえない枠順からスタートしたリオンディーズだったが、道中5、6番手で競馬を進めると、直線で一気にスパート。他馬を置き去りにして2着のピースマインドに1馬身半差をつけて勝った。

リオンディーズの血統背景や将来性はどんなものなのだろうか? 徹底分析を行っていこう。

血統評価は?

リオンディーズは父キングカメハメハ、母シーザリオ、その父スペシャルウィークという血統。

シーザリオは日米のオークス馬となった歴史的な名牝。繁殖牝馬としては2014年の世界レーティングで2位となったエピファネイアを出している。

母父のスペシャルウィークはシーザリオの他にブエナビスタを輩出していて、産駒は牡馬より牝馬の活躍が目立つ。こういったタイプの種牡馬は母父になって力を出す傾向にある。実際、エピファネイアをはじめとしてクラリティスカイやヴェルデグリーン、ユールシンギングといった重賞ウィナーの母父として有名だ。

「リーディングサイアーのキングカメハメハ×超大物を輩出した名牝×母父も優秀」という、走ることを宿命付けられた血統をしているというわけだ。

【次のページヘ】新馬戦の評価は?

ページ:

1

2

【POG2015-2016】エルブシャフトら有力馬を紹介!ノーザンファーム早来・森下厩舎編

(C)arima0208

ダービーで1年が終わり、ダービーで新しい1年が始まる。2015年は5月31日に終りと始まりの日を迎えました。今週末から新たな1年が始まります。

競馬界でこの季節といえば、新馬戦とPOG(ペーパーオーナーゲーム)ですね。

好評を頂いているPOG(ペーパーオーナーゲーム)有力馬紹介。前回に引き続きノーザンファーム早来の森下厩舎の有力2歳馬をご紹介します。

【POG2015-2016】有力馬は?ノーザンファーム早来・横手厩舎編

森下厩舎編

★エルブシャフト 牡
父 ディープインパクト(サンデーサイレンス系)
母 ビワハイジ
母父 Caerleon(ニジンスキー系)
兄弟 ブエナビスタ(G1を6勝)、アドマイヤジャパン(京成杯)、アドマイヤオーラ(弥生賞・シンザン記念・京都記念)、トーセンレーヴ(エプソムカップ)、ジョワドヴィーヴル(阪神JF)、サングレアル(フローラS)他
馬主 サンデーレーシング
栗東 角居勝彦厩舎
募集価格 1億5000万円

兄弟馬が軒並み走っている社台ブランドの良血ビワハイジから3頭目のディープ産駒。牡馬では初めてのクラブ所有馬で、募集価格も高くPOGでの注目度も高い。馬体はそれほど大きくないが、脚元はしっかりしていて能力の高さを覗かせています。

小柄な馬体のせいか可愛らしさがあり、人気は間違いなく上位でしょう。偉大な両親・兄弟がいる血統背景は申し分なく、将来のスターホースが約束されています。

評価 ★★

★リオンディーズ 牡
父 キングカメハメハ(ミスタープロスペクター系)
母 シーザリオ
母父 スペシャルウィーク(サンデーサイレンス系)
兄弟 エピファネイア(ジャパンカップ・菊花賞・神戸新聞杯・ラジオNIKKEI杯2歳S)他
馬主 キャロットファーム
栗東 角居勝彦厩舎(予定)
募集価格 1億2000万円

日米オークスを制覇したシーザリオの3頭目のキングカメハメハ産駒。シンボリクリスエス産駒の半兄エピファネイアは実績十分だが、キングカメハメハ産駒は未知な部分があります(1戦1勝で引退した馬と未出走馬の2頭)。黒鹿毛で完成度の高そうな馬体はどちらかというと母に似ています。

1つ気になる点は気性の問題です。兄も同じく気性に問題を抱えています。それが良い方に出ればトップクラスで活躍できるでしょうが、どうでしょうか。兄を超える存在になれる期待の1頭ですね。

評価 ★★

★サトノケンシロウ 牡
父 ディープインパクト(サンデーサイレンス系)
母 マジックストーム
母父 Storm Cat(ストームバード系)
兄弟 ラキシス(13戦5勝・エリザベス女王杯)、サトノアラジン(13戦5勝)、エスケープマジック(20戦5勝)
市場取引価格 2億1600万円(セレクトセール)

近年注目度の高いディープ(サンデー系)×ストームバード系の黄金配合。兄弟馬の他にキズナ(ダービー)、リアルスティール(共同通信杯)、エイシンヒカリ(7戦6勝)、アユサン(桜花賞)、ラングレー、ディープジュエリー、ヒラボクディープと多数輩出しています。

ただ全兄、全姉とも古馬になってから活躍しているため、POG期間中に走るか疑問符がつきます。距離は不問で、東京の芝2400mはいかにも合いそうな配合ですね。

評価 ★

★テオドール 牡
父 ハービンジャー(ダンジグ系)
母 アンブロワーズ
母父 フレンチデピュティ(ヴァイスリージェント系)
兄弟 コナブリュワーズ(16戦4勝・父キングカメハメハ)他
馬主 サンデーレーシング
美浦 国枝栄厩舎
募集価格 4000万円

函館2歳S勝ちのアンブロワーズを母に持つハービンジャー産駒で、初めての牡馬です。全姉ギャラリストが1戦0勝ですが、馬体をみてもこの馬は体がしっかりしているので、早い時期からの活躍が見込めるでしょう。

曽祖母バレークイーンはフサイチコンコルド(ダービー)やアンライバルド(皐月賞)といった活躍馬を輩出しているので、POG向きの1頭といえます。

評価 ★

★アルカサル 牡
父 ドリームジャーニー(サンデーサイレンス系)
母 アビラ
母父 Rock of Gibraltar(ダンジグ系)
兄弟 ジェベルムーサ(12戦5勝・父アグネスタキオン)他
馬主 サンデーレーシング
美浦 大竹正博厩舎
募集価格 3000万円

新種牡馬ドリームジャーニー産駒で、青鹿毛の雄大な馬体をしています。半兄同様の大型馬ですが、全体的にシャープで重苦しい印象は受けません。半兄はダートで活躍していますが、この馬は芝でもやれそうな雰囲気を醸し出しています。父同様、早い時期からの活躍が期待できるのではないでしょうか。

評価 ★

次回はノーザンファーム早来の日下厩舎を紹介します。

【関連記事】
【POG2015-2016】有力馬は?ノーザンファーム早来・横手厩舎編
アルバートドックの血統や将来性は?白百合ステークスの覇者を徹底分析
サトノクラウンの血統や距離適正は?日本ダービー3着馬を徹底分析
サトノクラウンがダービーで巻き返せた要因とは?上がり最速馬の将来性
ドゥラメンテの血統や菊花賞への適正は?日本ダービーの覇者を徹底分析


Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております 写真家一覧 ※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る