タグ:ラブリーデイ

ジャパンカップでラブリーデイに死角はあるのか?凡走の可能性を紐解く

(C)arima0208

充実期を迎えたラブリーデイ(牡5)がジャパンカップに参戦する。

今年に入ってから充実に一途をたどっている。3000m以上の長距離戦だった阪神大賞典と天皇賞春こそ、馬券に絡めなかったが、中距離路線では6戦6勝。宝塚記念と天皇賞秋を勝ったことで中距離路線では「現役最強馬」の名声を得ている。

そんなほぼ完璧なキャリアを歩んでいるラブリーデイに死角はあるのだろうか?

ラブリーデイの強み

まずはどうしてラブリーデイがこれほど安定したキャリアを歩んでいるのか、振り返っていこう。

ラブリーデイの最大の強みは抜群のレースセンスにある。

今まで25レースを経験しているが、うち21レースで4角5番手以内につけている。4角10番手以下だったのはわずか2回しかない。

・スタートのうまさ
・どんなレースでもいいポジションを取れるセンス

現代競馬で安定して走るために必要な要素を持ち合わせているというわけだ。

池江泰寿調教師は「折り合っているように見えて折り合っていない時があった」とコメントすることもあったが、今年に入って問題をクリアし、競走馬としての完成度が増した。

天皇賞秋でも好スタートから4番手という絶好の位置につけ、直線で後続を引き寄せる余裕を見せた。着差以上の完勝劇だったのは、レースを見た方なら誰もが感じたことではないだろうか。

あのレースを見せられると、「ジャパンカップでも」と思わずにいられなかったはず。

では、そんなラブリーデイに死角はあるのだろうか?

【次のページヘ】ラブリーデイの不安要素とは?

ページ:

1

2

ラブリーデイの血統や勝因は?天皇賞秋1着馬を徹底分析

(C) Yusuke Tsutaya

11月1日に東京競馬場で行われた天皇賞秋(芝2000m)でキングカメハメハ産駒のラブリーデイ(牡5)が秋古馬3冠の1冠目を手にした。

1番人気に支持されたラブリーデイはスタートから好位につけると、抜群の手応えで直線へ。ライバルたちを引き寄せて満を持して追い出すと、直線半ばでセーフティーリードをつけて他を圧倒。着差以上の力をつけてGI2勝目を挙げた。

ラブリーデイの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。

血統評価は?

ラブリーデイは父キングカメハメハ、母ポップコーンジャズ、その父ダンスインザダークという血統。

血統の詳細に関しては鳴尾記念の際に書いた記事から抜粋する。

ラブリーデイの母系を遡ると、5代母ペルースポートから多くの活躍馬が輩出されていて、ある特徴を見出すことができる。それは小回り(内回り)中距離重賞への適性の高さだ。

以下は一族の内回り中距離重賞好走例 ※1人気以下の着順は除外 ※2中京は改修前、朝日チャレンジCは当時内回り2000m

インティライミ 06年中日新聞杯2着、07年金鯱賞3着、07年朝日チャレンジC1着、08年宝塚記念11人気3着
スマートギア 10年金鯱賞3着、12年小倉大賞典10人気2着
ワンモアチャッター 05年小倉記念2着、05年朝日チャレンジC1着、08年中京記念14人気4着
アロマティコ 12年秋華賞3着、14年クイーンS2着
サンバレンティン 06年福島記念1着、07年七夕賞1着
フォルテベリーニ 06年福島記念2着、07年中京記念3着
オーバーザウォール 98年福島記念1着
スピークリーズン 89年函館記念1着

ご覧の通り、直線の短い小回り、内回りコースの重賞に非常に高い適性を持つ母系なのだ。

上記したようにラブリーデイの母系は本質的に小回り向きと言える。

そんな中、直線が長い天皇賞秋を圧勝したということは、個体としての能力が他を圧倒していたと考える以外にない。

今年は3000m以上のレースを除くと6戦6勝。完全に本格化し、中距離路線のエースに成長を遂げたといっていいはずだ。

【次のページヘ】ラブリーデイの勝因と強みとは?

ページ:

1

2

ラブリーデイが宝塚記念を勝てた5つの理由とは?現代競馬で最も重要な能力は…

(C) Ogiyoshisan

春のグランプリは驚きの結末が待っていた。

6月28日に阪神競馬場で行われた宝塚記念(GI/芝内回り2200m)を制したのは6番人気のキングカメハメハ産駒ラブリーデイ(牡5)だった。1番人気のゴールドシップは15着に、ラキシスは8着に沈んだ。

ラブリーデイは伏兵の1頭という立場に過ぎなかった。そんな馬がなぜ強豪が集う春の大一番で勝つことができたのか? 徹底的に分析していこう。

理由① 抜群の小回り適正

まずは適正の高さが挙げられる。ラブリーデイのキャリアを振り返ると、小回りで抜群の成績を残しているのだ。

重賞4勝のうち、3勝(宝塚記念、鳴尾記念、中山金杯)が小回り。直線が長いコースよりコーナリングで他馬にうまく差をつけて押し切るのが得意というわけだ。

なお、ただ単に馬キャラが小回り向きというわけではない。小回りを得意とする背景には血統的な“裏付け”がある。以下の記事より抜粋してお伝えしよう。

詳細→ラブリーデイの血統や将来性は?鳴尾記念上位馬を徹底分析

ラブリーデイの母系を遡ると、5代母ペルースポートから多くの活躍馬が輩出されていて、ある特徴を見出すことができる。それは小回り(内回り)中距離重賞への適性の高さだ。

以下は一族の内回り中距離重賞好走例 ※1人気以下の着順は除外 ※2中京は改修前、朝日チャレンジCは当時内回り2000m

インティライミ 06年中日新聞杯2着、07年金鯱賞3着、07年朝日チャレンジC1着、08年宝塚記念11人気3着
スマートギア 10年金鯱賞3着、12年小倉大賞典10人気2着
ワンモアチャッター 05年小倉記念2着、05年朝日チャレンジC1着、08年中京記念14人気4着
アロマティコ 12年秋華賞3着、14年クイーンS2着
サンバレンティン 06年福島記念1着、07年七夕賞1着
フォルテベリーニ 06年福島記念2着、07年中京記念3着
オーバーザウォール 98年福島記念1着
スピークリーズン 89年函館記念1着

ご覧の通り、直線の短い小回り、内回りコースの重賞に非常に高い適性を持つ母系なのだ。

以上。このように小回り適性の高さが春の大一番で生きたと考えられる。

理由② 抜群の機動力

小回り適性の高さと類似して挙げられるのが、機動力だ。

ラブリーデイのキャリアを振り返ると、ほとんどのレースで「4コーナー5番手以内」につけていることが分かる。この機動力……言い換えるとレースセンスの高さが安定した競走成績に結びついている。

・どんなレースでも安定して前につけられる
→現代競馬はスローペースになりやすいため、前に行くことが絶対的に有利

・コーナーを好位で回れる
→距離ロスを防げる

・不利を受けにくい
→後方から競馬を進めると前が詰まるなど不利を受けやすい

などなど、メリットを挙げればキリがない。抜群の機動力がラブリーデイの強さの秘訣といえるわけだ。

【次のページヘ】絶好の展開と血統から導く勝因って?

ページ:

1

2

ラブリーデイやマジェスティハーツの血統や将来性は?鳴尾記念上位馬を徹底分析

(C)Ogiyoshisan

6月6日に阪神競馬場で行われた鳴尾記念(GIII/芝内回り2000m)は、2番人気のラブリーデイが早めに抜け出して完勝を収めた。今年に入って早くも重賞3勝目。2着には、最後方から追い込んだマジェスティハーツが入った。

この2頭の血統背景や将来性はどんなものなのだろうか? 徹底分析を行っていこう。

ラブリーデイの血統評価は?

ラブリーデイは父キングカメハメハ、母ポップコーンジャズ、その父ダンスインザダークという血統。キングカメハメハ産駒は出走5頭目にして早くも鳴尾記念3勝目(12月開催時も含む)となった。

前2走では結果を残せなかったラブリーデイだが、キングカメハメハ産駒は3000m超のGIで(0-1-0-12)と距離が原因だったことは明白だった。得意の中距離に戻って存分に実力を発揮した形だ。

ラブリーデイの母系を遡ると、5代母ペルースポートから多くの活躍馬が輩出されていて、ある特徴を見出すことができる。それは小回り(内回り)中距離重賞への適性の高さだ。

以下は一族の内回り中距離重賞好走例 ※1人気以下の着順は除外 ※2中京は改修前、朝日チャレンジCは当時内回り2000m

インティライミ 06年中日新聞杯2着、07年金鯱賞3着、07年朝日チャレンジC1着、08年宝塚記念11人気3着
スマートギア 10年金鯱賞3着、12年小倉大賞典10人気2着
ワンモアチャッター 05年小倉記念2着、05年朝日チャレンジC1着、08年中京記念14人気4着
アロマティコ 12年秋華賞3着、14年クイーンS2着
サンバレンティン 06年福島記念1着、07年七夕賞1着
フォルテベリーニ 06年福島記念2着、07年中京記念3着
オーバーザウォール 98年福島記念1着
スピークリーズン 89年函館記念1着

ご覧の通り、直線の短い小回り、内回りコースの重賞に非常に高い適性を持つ母系なのだ。ラブリーデイ自身も、京都記念を勝っているが本質的には3歳時の小倉記念、レコード勝ちした今年の中山金杯、そして今回の鳴尾記念のように、内回りで機動力を活かす競馬が合うのではないだろうか。となれば当然、宝塚記念でも勝負になる。

繰り返しになるが天皇賞・春は明らかに距離が長く、決してGIで力負けしているわけではない。ただし、馬場は綺麗に越したことはなく、重い馬場になった場合は割引が必要だ。

【次のページヘ】マジェスティハーツの血統評価は?

ページ:

1

2

鳴尾記念(2015年)の人気馬は?予想オッズと出走予定馬の勢力図を展望

(C)arima0208

宝塚記念の前哨戦である鳴尾記念(GIII/芝2000m)が6月6日に行われる。

主役は連覇を狙うエアソミュールだ。ここ4走で着外なしと安定感を誇る。中山金杯と京都記念を制し、今年になって充実ぶりを示すラブリーデイ、昨年のマイルチャンピオンシップ3着のグランデッツアも参戦。少頭数ながらハイレベルな戦いが予想される。

予想される人気と、出走を予定している主な有力馬を見ていこう。

人気予想

1番人気 エアソミュール
2番人気 ラブリーデイ
3番人気 グランデッツァ
4番人気 トウケイヘイロー
5番人気 レッドデイヴィス

中穴人気…アズマシャトル、ダノンジェラート、メイショウナルトなど

※独自のアルゴリズムを用いて集計しています

勢力図を予想

エアソミュール(牡6)

昨年のこのレースを制し、毎日王冠でもスピルバーグを破った。GI馬が6頭揃った前走の産経大阪杯では不良馬場の影響もあってか3着に敗れたが、強豪相手にも実力が劣らないことを示した。GIIIのここなら力上位は明らかで、連覇は十分期待できる。

ラブリーデイ(牡5)

今年に入って中山金杯、京都記念と重賞を連勝。前走の天皇賞春、前々走の阪神大賞典では着外に沈んだが、敗因は距離が長すぎたことと相手関係が強力だったことだとはっきりしている。今回、得意の2000mに舞台が戻るのは大きな好材料で、ここなら勝負になりそうだ。

グランデッツア(牡6)

昨年のマイルチャンピオンシップ3着馬は安田記念ではなくこちらに登録。元々スプリングステークスを制した素質馬で、故障に泣かされた時期もあったが、近年は順調で、着実に実力をつけてきている。前走の都大路ステークスではエイシンヒカリの2着と調子も悪くなく、久々の重賞勝利を狙う。

トウケイヘイロー(牡6)

左前繋部浅屈腱炎のため休養していた同馬がこのレースで復帰する。一昨年にはこのレースを制してから重賞を3連勝した。久々の出走となるが調教でも良いタイムが出ていて体調面に不安はなさそうだ。武豊騎手とのコンビ再結成で復活の勝利を目指す。

他には、古豪レッドデイヴィス、2000mで2勝を挙げているアズマシャトル辺りも圏内か。

【関連記事】
ドゥラメンテの凱旋門賞遠征に「NO」!2冠馬のベストローテとは?
怪物ドゥラメンテが2冠達成!ダービーを勝てた3つの勝因と将来性とは?
リアルスティールがダービー馬の栄光に届かなかった理由とは?敗因を探る
サトノクラウンがダービーで巻き返せた要因とは?上がり最速馬の将来性
堀厩舎旋風!ドゥラメンテを管理する敏腕調教師の“狙い目”とは?


Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る