タグ:マーベラスサンデー

(C)Y.Noda

秋への飛躍を占うエプソムカップ(GIII/東京芝1800m)。

武豊騎手はエイシンヒカリに騎乗する。前走の都大路ステークスでは初コンビながら鮮やかな逃げ切り勝ちを収めた。このレースで初の重賞タイトルを狙う。

そんな武豊騎手とエプソムカップの歴史を振り返ってみよう。

飛躍を遂げたあの名馬とともに

武豊騎手は8回騎乗して1勝を挙げている。

エプソムカップを制したのは1996年のことだ。この年は、自身が全レースで手綱を取ったマーベラスサンデーに騎乗した。マーベラスサンデーは重賞初挑戦にもかかわらず、1番人気に支持された。レースでは中団の外めを進み直線で外に持ち出すと、鋭く伸びて残り200mで先頭に立ち、ユウセンショウの猛追を振り切り1着でゴール板を駆け抜けた。

しかしそれ以降は勝ち星に恵まれず、2008年と2009年はいずれもヒカルオオゾラに騎乗し、僅かな差で2着に敗れている。

マーベラスサンデーと同様にここを勝って秋の飛躍へとつなげられるよう、天才がいかにエイシンヒカリを導くのか、注目だ。

武豊騎手│エプソムカップ全成績

馬名 性齢 人気 着順
メイショウカンパク 牡5 10
ヒカルオオゾラ 牡5 1
ヒカルオオゾラ 牡4 1
インマイアイズ 牡6 13 14
サイレントディール 牡5 1
イシノミューズ 牝6 11
マーベラスサンデー 牡4 1
メイショウレグナム 牡5 6 10

集計期間:1993. 6.12 ~ 2012. 6.10

【関連記事】
武豊騎手情報が満載!武豊に関するコラムなどコンテンツまとめ
エプソムカップ(2015年)の注目血統は?予想の役に立つ人気馬2頭の取捨方法
サトノアラジンの血統や将来性は?エプソムカップでエイシンヒカリと対戦へ
エイシンヒカリの血統・将来性は?都大路ステークスの覇者を徹底分析
エイシンヒカリと武豊騎手が刻んだ芸術的なラップとは?動き出した“夢の続き”


Facebookもチェック!

カテゴリー

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております 写真家一覧 ※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです
ページ上部へ戻る