タグ:マンハッタンカフェ産駒

ミッキークイーンとルージュバックの敗因とは?ヴィクトリアマイルで惨敗した3つの理由

(C)Ko-Mei

直線で爆発的な末脚を披露することはできなかった。

5月14日に東京競馬場で行われたヴィクトリアマイル(GI/芝1600m)で、6番人気のステイゴールド産駒アドマイヤリード(牝4)が、11番人気のデンコウアンジュ(牝4)を押さえて勝利した。一方、ミッキークイーン(牝5)やルージュバック(牝5)といった人気馬は馬群に沈んだ。

なぜ圧倒的一番人気に支持されたミッキークイーンは敗れたのか? 敗因は何だったのか? 振り返っていくことにしよう。

レース映像・動画

映像はこちらから(※JRA公式サイト→レース結果のページでご覧いただけます)

結果・着順

2017年 5月14日(日) 2回東京8日 天候 : 曇  馬場状態 : 稍重
【11R】 第12回ヴィクトリアマイル
4歳以上・オープン・G1(定量) (牝)(国際)(指定) 芝 1600m 17頭立

馬名S 性齢
5 アドマイヤリード 牝4 6
10 デンコウアンジュ 牝4 11
3 ジュールポレール 牝4 7
2 スマートレイアー 牝7 4
4 ソルヴェイグ 牝4 9
8 クイーンズリング 牝5 5
11 ミッキークイーン 牝5 1
15 フロンテアクイーン 牝4 12
12 ウキヨノカゼ 牝7 8
10 7 ルージュバック 牝5 2
11 14 レッツゴードンキ 牝5 3
12 1 アットザシーサイド 牝4 13
13 6 アスカビレン 牝5 10
14 13 ヒルノマテーラ 牝6 17
15 16 クリノラホール 牝4 16
16 17 リーサルウェポン 牝6 15
17 9 オートクレール 牝6 14

LAP 12.6-11.2-11.8-12.3-12.2-11.1-10.8-11.9
通過 35.6-47.9-60.1-71.2
上り 70.1-58.3-46.0-33.8
平均 1F:11.74 / 3F:35.21

敗因分析

まずはレース回顧をご覧でない方は、こちらを見てから先に進んでいただきたい。

アドマイヤリードの勝因、レッツゴードンキの敗因は?ヴィクトリアマイル2017結果・動画

まとめると、今回のヴィクトリアマイルの本質は……

・残り3ハロンまでの位置取り
・やや重の中で上がりを使える能力

この2点だった。そういう意味で、ミッキークイーンはこの2つの要素に全く当てはまっていなかったのだ。

敗因1 消極的すぎたレースプラン

浜中俊騎手はレース後、こう振り返っている。

「ゲートは上手に出てくれて、出たなりで競馬はできた。いつも反応は鈍い方だけど、今日は手前を3回くらい替えて走っていた。最後もデンコウアンジュが横から来たところで抵抗できなかった」

まずこの「出たなりの競馬」という点が消極的すぎたように思える。ヴィクトリアマイルは牝馬限定戦で、毎年のようにスローペースになっている。しかも今年のメンバーを見渡しても、スローペースになることは濃厚だった。少なくともハイペースになるようなことはなかっただろう。

そうならば、少なくともポジション取りをもう少し気にしたほうがよかったはずだ。3コーナーでは悪い位置取りではなかったが、4コーナーではズルズル下がってポジションを悪くしてしまった。

先行するような競馬を経験したことはないとはいえ、今回の位置取りが失敗だったことは間違いないだろう。

敗因2 瞬発力レースはもう向かない?

次に、瞬発力勝負になったこともミッキークイーンに味方しなかった。

ミッキークイーンは圧倒的な瞬発力を持っている……とイメージしがちだ。しかし、実際にはそこまで瞬発力に優れた馬ではない。

戦績を見れば明らかだろう。能力で押し切ることができた2、3歳のときは上がり1位を使っているが、古馬になってからは2回しか1位を使っていない。他にすべて3位以下である。
馬グループ戦歴(1頭)

レース名 馬場状態 上り3F 上り3F順
ヴィクトG1 33.8 7
阪神牝馬G2 34.0 1
有馬記念G1 35.8 7
エリザベG1 33.6 4
ヴィクトG1 33.6 4
阪神牝馬G2 33.3 1
JCG1 34.2 6
秋華賞G1 34.6 4
ローズSG2 33.8 1
優駿牝馬G1 34.0 1
忘れな草 34.0 3
クイーンG3 33.8 1
未勝利* 36.1 1
新馬・牝 33.7 1

集計期間:2014.12. 7 ~ 2017. 5.14

ちなみにこの戦績はジェンティルドンナと非常によく似ている。

レース名 馬場状態 上り3F 上り3F順
有馬記念G1 34.1 8
JCG1 35.5 8
天皇賞秋G1 34.4 8
宝塚記念G1 36.2 8
京都記念G2 34.6 8
JCG1 33.9 6
天皇賞秋G1 35.8 3
宝塚記念G1 35.9 4
JCG1 32.8 2
秋華賞G1 33.1 3
ローズSG2 33.2 3
優駿牝馬G1 34.2 1
桜花賞G1 34.3 1
チューリG3 34.7 3
シンザンG3 34.7 4
未勝利* 34.1 1
新馬 36.7 2

集計期間:2011.11.19 ~ 2014.12.28

ご覧のように、ジェンティルドンナも同世代の馬たちと戦っていたときは常に1〜3位だったが、古馬になってからはほとんど上がり上位を使っていない。しかし、絶対的なセンスと能力で勝ちを重ねていた。

ミッキークイーンも同じで、今は瞬発力だけの競馬を求められると辛い。だが、おそらくジェンティルドンナのように、もう少し先行するなど、能力を活かそうとする競馬をした方が力を発揮できる可能性が高いといえる。

今回のヴィクトリアマイルではミッキークイーンが持つ能力を発揮しきれなかったのだ。

敗因3 ディープ産駒の差し馬は…

これは敗因とは少しズレるが、そもそもディープインパクト産駒の差し馬というのは取りこぼしが多い。(差し馬に取りこぼしが多いのはディープインパクト産駒に限らないが)

ディープインパクト産駒完全攻略!スター種牡馬の仔が走る5つの法則とは?

ここで述べられているが、基本的に先行馬の方が期待値が高い。差し馬は色々なリスクがあるため、凡走する可能性が高いといえるのだ。

先に出したジェンティルドンナはもともと差し馬だったが、徐々に先行馬にシフトしていった。一方のミッキークイーンは差す競馬を続け、取りこぼしも多い。

今回の凡走は、差し馬にならいつでも起こり得るものだった。そういう意味で、今回のレースを教訓にもっと積極的なレースを展開してくれることを望む。なにも先行する競馬ができないわけではないはずなのだから。

ルージュバックの敗因は?

なお、人気で敗れたルージュバックにも同じことが言える。位置取りが悪すぎたし、爆発的な末脚を望むことはもう難しいだろう。

戸崎圭太騎手はレース後「追走は楽だったけど、後方からになってしまった。外に出せずに中を突く形になって、伸びがひと息だった」と振り返っているが、あのような位置取りになるくらいなら、無理にでも追走しなければ厳しかったわけだ。

まとめ

今回のように、人気の差し馬が負けて伏兵が台頭する、というのは競馬ではよくあることだ。

ミッキークイーンもルージュバックも、差し馬とはいえ、圧倒的な爆発力を持っているわけではない。というより、現代の競馬で差して安定した成績を残せる馬など、本当に一握りである。

だからこそ、2頭と陣営、騎手にはもっと積極的な競馬をしていくことが求められるのではないか。今は競馬ファンの目がシビヤになっている。先行して力勝負で負けたのなら納得がいくが、差して展開が向かずに届かない……というのはどうしてももどかしさが残る。

2頭とも能力は高いのだから、今の殻を打ち破るようなレースをしてくれることを期待したいところだ。


プラチナムバレットの血統や次走、将来性は?京都新聞杯の覇者を分析

(C)Koji Takahashi

5月6日に京都競馬場で行われた日本ダービートライアルの京都新聞杯(GII/芝外回り2200m)で、2番人気のマンハッタンカフェ産駒プラチナムバレット(牡3)が、1番人気のサトノクロニクル(牡3)を押さえて勝利した。3番人気のインヴィクタ(牡3)は7着に終わった。

プラチナムバレットの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。

プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者〜

マンハッタンカフェ
スノースタイル
母の父 ホワイトマズル
母の母 シャルムダンサー
性別
馬齢 3 歳
生年月日 2014年5月19日
毛色 芦毛
馬主 (株)ノルマンディーサラブレッドレーシング
調教師 河内洋(栗東)
生産牧場 岡田スタツド
産地 新ひだか町
馬名意味 プラチナの弾丸

血統評価は?

プラチナムバレットは父マンハッタンカフェ、母父ホワイトマズルという血統だ。

何といってもスマートレイアーの半弟として知られている。姉は古馬になってから先行する競馬をして結果を出すようになったが、若い頃は後方一気しかできない不器用な馬として知られていた。

一方のプラチナムバレットは前からの競馬も後ろからの競馬もできる。このあたりはマンハッタンカフェ産駒らしい器用さ、と表現していいのではないだろうか。

ただし、近親の活躍馬はスマートレイアーくらい。同馬にしてもGIを勝つには今のところ至っていないため、スケール感という意味でやや心もとないところだ。父がディープインパクトからマンハッタンカフェに変わったことで器用さは得られたが、一方でスケール感という意味ではダウンしているはず。そういった意味でも、大舞台で勝つためにはどれだけ器用さを生かしていくか、という点がカギになってきそうだ。

ポジティブなポイントを挙げるとするなら、マンハッタンカフェは母父ノーザンダンサー系との相性がいい。活躍馬を上から並べていくと……

ヒルノダムール
ガルボ
クイーンズリング
ショウナンマイティ
レッドディザイア
グレープブランデー
ジョーカプチーノ
フミノイマージン
マンハッタンスカイ
ルージュバック

この中で母父がノーザンダンサー系ではない、というのはグレープブランデーとマンハッタンスカイのみだ。グレープブランデーはダート馬だし、マンハッタンスカイは長く活躍した一方で大舞台では振るわなかったため、例外と考えていい。

そうなると、成功したほとんどのマンハッタンカフェ産駒は母系に色濃くノーザンダンサーの血を持っていたことになる。そういう意味では、プラチナムバレットも活躍馬になれる資格は持ち合わせているのではないか。

次走は?

次走は当然、日本ダービー……と書きたいところだったが、残念なことにレース後、骨折が判明した。

京都新聞杯(GII)に優勝したプラチナムバレット号(牡3歳 栗東・河内 洋厩舎)は、右橈骨遠位端骨折が判明しましたのでお知らせいたします。なお、休養期間は未定です。(JRAより)

復帰が待たれるところだ。


イモータルはなぜサウジアラビアRCで負けたのか?敗因は血統にあり?

(C)Ko−Mei

10月10日に東京競馬場で行われたサウジアラビアロイヤルカップ(芝1600m)でマンハッタンカフェ産駒のイモータル(牡2)はブレイブスマッシュに敗れて重賞制覇を逃した。

なぜ単勝2倍という圧倒的な1番人気に応えられなかったのだろうか?

その背景には“血統的要因”があったと考えられる。

敗因は血統面か

はじめに断っておくと、イモータルは才能を秘めている。

イモータルの重賞制覇は時間の問題?血統と新馬戦で見せた大器の片鱗とは?

この記事に書いてあるように、重賞で勝つのは時間の問題だろう。事実、サウジアラビアRCでも人気を裏切ったとはいえ、僅差の2着だったのだから。

では、そんな才能を秘めたイモータルはなぜ勝てなかったのか? その最大の要因は血統だと考えられる。

イモータルはマンハッタンカフェを父に持っている。このマンハッタンカフェこそ、ある種の“足枷”になっているのだ。

マンハッタンカフェは現役時代、菊花賞、有馬記念、そして天皇賞春を勝っている。ここから考えられる同馬の特徴は……

・晩成型
・中長距離が得意

というものだ。クラシックホースとはいえ、春の皐月賞、ダービーに間に合わないような血統だった。距離適性を見ても2000m以上を得意としている。よって、今回イモータルが挑んだ「2歳マイル重賞」というのは明らかに適正外だったわけだ。

事実、マンハッタンカフェ産駒の成績を振り返ると納得できるのではないだろうか?

【次のページヘ】マンハッタンカフェ産駒の“真実”とは?

ページ:

1

2

クインズミラーグロの血統や将来性は?紫苑ステークス1着馬を徹底検証


9月12日に中山競馬場で紫苑ステークス(OP/芝2000m)が開催され、8番人気のマツリダゴッホ産駒クインズミラーグロが差しきり勝ちを収めた。

道中、中団に待機すると、最後の直線で末脚を伸ばして1着でゴール板を駆け抜けた。

クインズミラーグロの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。

血統評価は?

クインズミラーグロは父マンハッタンカフェ、母ジャストトゥートゥー、その父In Excessという血統。

現3歳世代はマンハッタンカフェ産駒が“当たり年”。ルージュバックがオークスで2着になった他、アースライズ、クイーンズリング、シングウィズジョイなど、活躍馬が数多く出ている。

※参照→マンハッタンカフェ産駒はオークスで勝てるのか?GI馬の共通点を紐解く

クインズミラーグロはルージュバックらに続き、クラシック制覇へ名乗りを上げたことになる。

母のジャストトゥートゥーは米国産馬。繁殖牝馬としてはJRAで4勝を挙げたケイアイヘルメスを輩出している。ただし、近親に重賞戦線で活躍している馬が少なく、スケール感としては微妙といえる。

次は当然、秋華賞へ歩みを進めるはずだが、果たして好走の可能性はあるのだろうか? 次のページで探っていくことにしよう。

【次のページヘ】秋華賞での激走の可能性は?

ページ:

1

2

イモータルの重賞制覇は時間の問題?血統と新馬戦で見せた大器の片鱗とは?

(C)Ko−Mei

8月9日に新潟競馬場で行われた2歳の新馬戦(芝外回り1800m)でマンハッタンカフェ産駒のイモータル(牡2)が快勝した。

1番人気に支持されると、スタートから先行して絶好位を確保。直線では後続を突き放す一方で、2着のドゥスールに5馬身差をつけてゴール板を駆け抜けた。

イモータルの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。

血統評価は?

イモータルは父マンハッタンカフェ、母ショアー、その父アカテナンゴという血統。

ショアーは繁殖牝馬としてエックスマーク(父ディープインパクト)を出している。また、ショウナンバーズ(父Tiger Hill)とアドマイヤシーマ(父ディープインパクト)も勝ち上がって複数勝利を挙げている。繁殖牝馬としてとても優秀であることが分かる。

アカテナンゴは3年連続でドイツ年度代表馬に輝いた実績を持つ。今やドイツ血統は世界中から注目される系統だ。日本ではダービー馬エイシンフラッシュの母父Platiniが有名だろうか。

Platiniはドイツの種牡馬リーディングに6度も輝いた名サイアー。その父Surumuはアカテナンゴの父でもある。可能性を秘めた血統と言えそうだ。

エックスマークは父ディープインパクトながらあまり瞬発力のない馬となっている。イモータルは父がマンハッタンカフェに変わっているため、どのような変化があるか注目される。

【次のページヘ】イモータルが重賞級な理由とは?

ページ:

1

2

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る