タグ:ハービンジャー産駒

モズカッチャンの血統や次走、将来性は?フローラS馬になれた理由


4月23日に東京競馬場で行われたフローラステークス(GII/芝2000m)は、12番人気のハービンジャー産駒モズカッチャン(牝3)が粘るヤマカツグレース(牝3)をおさえて重賞初制覇を果たした。

モズカッチャンの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。


プロフィール〜血統・誕生日・馬主・調教師・生産者

ハービンジャー
サイトディーラー
母の父キングカメハメハ
母の母ベストブート
性別
馬齢3 歳
生年月日2014年2月27日
毛色黒鹿毛
馬主(株)キャピタル・システム
調教師鮫島一歩(栗東)
生産牧場目黒牧場
産地日高町
馬名意味冠名+人名愛称

血統評価は?

モズカッチャンは快挙を成し遂げた。

基本的にハービンジャー産駒というのは重賞で期待値が高くない。ディープインパクトやキングカメハメハ産駒に比べると、能力に加えて一瞬の切れ味が足りないため、どうしても決め手不足で負けてしまうのだ。

事実、今までハービンジャー産駒の牝馬が重賞を勝ったことは一度もなかった。

レース名馬名人気着順
桜花賞G1ディアドラ14
フラワーG3エバープリンセス12
フラワーG3サンティール5
フィリーG2ヤマカツグレース11
京成杯G3サンティール12
愛知杯HG3カゼルタ12
フェアリG3キュイキュイ613
阪神ジュG1サトノアリシア7
ファンタG3ディアドラ3
ファンタG3ヤマカツグレース2
アルテミG3サトノアリシア4
紫苑SG3ギモーヴ813
新潟2歳G3モーヴサファイア1
クイーンG3テルメディカラカラ5
優駿牝馬G1ジェラシー10
フラワーG3ウインクルサルーテ14
フラワーG3ギモーヴ4
京都2歳G3ウインクルサルーテ10
アルテミG3ウインクルサルーテ11
ローズSG2サンクボヌール9
ローズSG2テルメディカラカラ1310
フローラG2サダムブルーハワイ1412
フラワーG3カゼルタ810
チューリG3ロカ3
クイーンG3ロカ1
クイーンG3カービングパス710
フェアリG3カービングパス1
阪神ジュG1ロカ1
京都2歳G3フローレスダンサー4
アルテミG3フローレスダンサー5

集計期間:2014.11. 1 ~ 2017. 4. 9

しかし、この負の連鎖がようやく終わった。

ただし、今回の場合は血統云々よりも位置取りの関係が大きかった。

フローラS2017結果・動画│モズカッチャンの勝因、ホウオウパフュームの敗因は?


上記に詳細が記されているが、かなりのスローペースだったため、枠順や位置取りの要素が大きかったのだ。

血統的には近親にステファノスやゴールドティアラ、ゴールデンハインドなどがいて、スケール的に全く劣るわけではないが、この重賞制覇はある意味で足かせになるかもしれない。

試金石は次やその次のレースになるだろう。

次走は?

オークスへの優先出走権を獲得したため、今後は当然ながらオークスへ進むことになるはずだ。

ただし、前述の通り、ハービンジャー産駒、特に牝馬は重賞における実績がほとんどない。しかも今回はかなり恵まれた上での勝利だったわけで、オークスで厳しい戦いを強いられることは間違いないだろう。

なお、ハービンジャー牝馬の重賞成績は……

種牡馬勝率複勝率単回値複回値
ハービンジャー0.0%10.0%051

集計期間:2014. 9. 6 ~ 2017. 4.16

ご覧の通り。馬券的な期待値も、決して高いわけだ。


アラバスターの血統や将来性は?母にレーヴディソールを持つ素質馬の問題点とは?

(C)阪神サラブレッドクラブ

8月16日に札幌競馬場で行われた新馬戦(芝1800m)でハービンジャー産駒のアラバスター(牡2)がデビュー勝ちを収めた。

道中、好位につけると4コーナーで早めに捲って先頭に。そのまま押し切り、後続に1馬身半差をつけてゴール板を駆け抜けた。

アラバスターの血統や将来性はどういったものなのだろうか? 徹底的に検証していこう。


血統評価は?

アラバスターは父ハービンジャー、母レーヴディソール、母父アグネスタキオンという血統。

レーヴディソールはデビューから3連勝で阪神ジュベナイルフィリーズを制した名牝だ。チューリップ賞を勝って「桜花賞当確」と言われながら故障で戦線離脱したのはいまだ記憶に新しいところだろう。

その母レーヴドスカーは繁殖牝馬として大変優秀で、産駒にハズレがない。各馬の戦績を見てみると……

ナイアガラ
すみれステークス1着

レーヴダムール
阪神JF3着

アプレザンレーヴ
日本ダービー5着
青葉賞1着


レーヴドリアン
菊花賞4着
きさらぎ賞2着
京都新聞杯3着

レーヴディソール
阪神JF、チューリップ賞、デイリー杯2歳ステークス1着

レーヴデトワール
桜花賞5着
紫苑ステークス1着

レーヴミストラル
青葉賞1着

重賞ウィナー4頭にGI、重賞好走馬が多数。最低でもオープン特別で勝っている。血統レベルの高さは折り紙つきといったところだ。

デビュー戦の内容はどうこう言えるような秀逸なものではなかったが、成長を期待していい才能ある若駒ではないだろうか。

【次のページヘ】アラバスターが抱える課題とは?

ページ:

1

2

反撃の狼煙!ハービンジャー産駒が3歳夏に躍進する3つの理由とは?


社台グループが購入した大物輸入種牡馬として注目を集めたハービンジャー。

凱旋門賞(仏GI/ロンシャン芝2400m)と並び、欧州で最も権威と歴史のある芝の中距離レースであるキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス(英GI/アスコット芝2400m)をレコードで勝ったという実績を引っさげ、満を持して日本にやってきた。

初年度からエアグルーヴ、ダイワスカーレット、シーザリオといった社台グループが誇る超名牝たちが種付けられた。

しかし、2歳時に勝ち上がる産駒こそ多かったものの、“2勝目の壁”に直面してしまった。勝ち切れない産駒が目立ち、春のクラシックに駒を進められたのはベルーフただ1頭……。巷では早くも“失格の烙印”を押す声も出始めたほどだ。


事実として繁殖牝馬の質を分析して期待値の高さを算出すると、失格の烙印をおされても仕方のない成績だったことは否めない。

ただし、ここに来てハービンジャー産駒が息を吹き返しつつある。6月に入り、勝ち上がる産駒が相次いでいるのだ。

果たしてハービンジャー産駒たちは父の偉大さを証明できるのか? その是非を探っていこう。

3歳馬の6月以降の成績

まずは6月以降の3歳馬たちの成績を見てみよう。

6月以降の芝のレースにおける勝ち鞍を見てみると、ハービンジャーはステイゴールドの11勝に次ぐ8勝を挙げている。ディープインパクト(4勝)やハーツクライ(5勝)といったクラシックホースたちを抑えて2位につけているのだ。


3歳の春には“複数勝利の壁”に苦しめられたが、スワーヴジョージやマッサビエルが3勝目を、ポトマックリバーが2勝目を挙げ、菊花賞への道筋を示した。

徐々に明るい材料が見えてきているわけだ。

【次のページへ】3歳夏になって躍動し始める理由って?

ページ:

1

2

ダービー馬ワンアンドオンリーは古馬GIで勝てない?宝塚記念惨敗の真相を暴く

(C)sleep

全く見せ場のないダービー馬に、将来への不安を感じざるを得なかった。

6月28日に阪神競馬場で行われた宝塚記念(GI/芝内回り2200m)で4番人気に支持された昨年のダービー馬ワンアンドオンリー(牡4)は、全く見せ場なく11着と惨敗した。

秋の不信を経てドバイシーマクラシックで反撃の狼煙を上げたものの、国内ではまたしても見せ場のないレースに終わった。果たしてワンアンドオンリーは復活できるのか? そのキャリアを振り返ると、“厳しい現実”が見えてくる。


早熟なのか?

昨秋の惨敗や宝塚記念での凡走を受けて巷では「ワンアンドオンリーは早熟」という声が聞かれるようになった。

確かに母系を見ると早熟血統に見えなくもない。近親の皐月賞馬ノーリーズンは神戸新聞杯2着を最後に一度も馬券に絡むことはできなかった。母父タイキシャトル、母母父ダンジグ、母母母乳ミスタープロスペクターはどちらかといえば仕上がりが速いタイプだ。

ただし、父はあのハーツクライである。競走馬時代は4歳の秋に本格化し、有馬記念でディープインパクトを撃破。種牡馬としても同じく古馬になってから本格化して世界ナンバーワンに上り詰めたジャスタウェイを輩出している。成長力に溢れる血統であるため、単なる早熟血統と片付けてしまうのが適切だとは考えづらい。

そうなると、他の理由を探ってみたくなる。

【次のページヘ】原因は昨秋のローテーションにあり?

ページ:

1

2

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る