タグ:トーセンビクトリー

(C) Arappa

6月11日に阪神競馬場で行われたマーメイドステークス(GIII/芝内回り2000m)で、3番人気のキングカメハメハ産駒マキシマムドパリ(牝5)が、2番人気のクインズミラーグロを押さえて勝利した。1番人気のトーセンビクトリーは9着だった。

勝ち馬の勝因、敗れた馬たちの敗因は何だったのか? 振り返っていくことにしよう。


結果・着順

2017年 6月11日(日) 3回阪神4日 天候 : 晴  馬場状態 : 良
【11R】 第22回マーメイドS
3歳以上・オープン・G3(ハンデ) (牝)(国際)(特指) 芝・内 2000m 12頭立

馬名性齢
10マキシマムドパリ牝53
4クインズミラーグロ牝52
1アースライズ牝56
6キンショーユキヒメ牝49
11ビッシュ牝44
9ハツガツオ牝612
2バンゴール牝55
3プリメラアスール牝57
5トーセンビクトリー牝51
107リーサルウェポン牝610
118ローズウィスパー牝48
1212ショウナンバーキン牝711

LAP 12.7-11.2-12.1-12.4-12.2-12.2-11.7-11.2-11.3-12.5
通過 36.0-48.4-60.6-72.8  上り 71.1-58.9-46.7-35.0  平均 1F:11.95 / 3F:35.85

払い戻し

単勝  10 \570
複勝  10 \190 / 4 \160 / 1 \250
枠連  4-7 \1200 (3)
馬連  04-10 \1270 (2)
ワイド 04-10 \450 (1)/ 01-10 \790 (9)/ 01-04 \600 (5)
馬単  10-04 \2600 (5)
3連複 01-04-10 \2870 (3/220)
3連単 10-04-01 \14720 (15/1320)

レース分析

まずはレースラップを見てみよう。

12.7-11.2-12.1-12.4-12.2-12.2-11.7-11.2-11.3-12.5

プリメラアスールがハナを切り、ショウナンバーキンやトーセンビクトリーが追走する展開に。牝馬限定戦らしい超スローペースにこそならなかったが、高速だった阪神の馬場状態を考えると、1000m通過60秒6は遅い部類に入る。

実際、残り4ハロンからペースがどんどん上がっていき、4コーナーではほとんどの騎手が手を動かしていた。仕掛ける位置が速かった分、最後の一ハロンでは失速。持続的に脚を使え、最後の200mで我慢できる底力のある馬が上位に来たわけだ。


出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 マキシマムドパリ

4番手で競馬を進めたが、3、4コーナーで仕掛けると、直線の入り口で先頭に。そのままクインズミラーグロやアースライズの追走を押さえて押し切ってみせた。まさに完勝といった内容。重い斤量を背負いながらこれだけのパフォーマンスを披露したのは、素直に実力と判断していいだろう。

2着 クインズミラーグロ

マキシマムドパリの直後を追走していたが、勝負どころで離されてしまった。最後までその差は詰まらず。やや窮屈な競馬になったとはいえ、そこまで大きな不利があったわけではないため、完敗といった内容だ。

もともと競馬がうまいタイプではないため、人気になったときは常に取りこぼしに注意したいところ。

3着 アースライズ

最内枠を生かして3着を確保した。フラワーカップ、愛知杯で馬券に絡み、秋華賞で5着になっているように、コーナー4回の中距離がベスト。今後も同じような条件で。

4着 キンショーユキヒメ

この馬もコーナー4回の条件が合う。メイショウサムソン産駒らしく、タフな条件が得意。

5着 ビッシュ

理想的なレース展開だったが、伸びきれず。馬体重420キロ程度と、かなり馬体が小さい中で55キロを背負ったことは厳しかった。ただし、馬体重が小さい場合、色々な不利を受けたり、成長力に欠けたりすることがある。

人気ほどの信頼性はないタイプ。

6着 ハツガツオ

低斤量を生かしてここまできたが……。

7着 バンゴール

絶好の展開だったが、力負け。

8着 プリメラアスール

このペースであればもう少し粘りたかった。


9着 トーセンビクトリー

勝負どころで前が開かず。前が開けたときには大勢が決していたため、武豊騎手も本気で追っていなかった。なお、それでも伸びが鈍かったのは56キロの影響があったのかもしれない。

10着 リーサルウェポン

力負け。

11着 ローズウィスパー

直線で不利。見直し可能。

12着 ショウナンバーキン

力負け。


トーセンビクトリーと武豊騎手は秋華賞よりローズSで買い!?血統馬の未来予想図

(C)Y.Noda

9月20日に阪神競馬場で行われるローズステークス(GII/芝1800m)に1頭の良血馬が挑もうとしている。

トーセンビクトリー(牝3)が今回の主役だ。父はダービー馬キングカメハメハ、母はエリザベス女王杯の覇者トゥザヴィクトリーという超良血馬は、8月に小倉で1000万条件を突破。武豊騎手を鞍上に“夏の上がり馬”として、満を持して秋のクラシック戦線に殴りこむ。

果たして、トーセンビクトリーは秋に飛躍を果たせるのだろうか?


血統背景は超一流

まずトーセンビクトリーの強みはなんといっても血統的な背景が優れているという点だろう。父はキングカメハメハ、母はトゥザヴィクトリー、兄弟には重賞5勝のトゥザヴィクトリーや皐月賞2着のトゥザワールドがいる。

近親を見ても活躍馬がズラリ。デニムアンドルビー(ジャパンカップ、宝塚記念2着)、メドウラーク(OP馬)、プロフィット(札幌2歳S2着)など、現役で活躍している馬も多い。

器は間違いなく重賞級と評価することができる。

トゥザワールドは3歳春から活躍したが、トゥザグローリーは3歳秋から力をつけてカシオペアSを勝ち、中日新聞杯で重賞初制覇を達成。迎えた有馬記念では14番人気の低評価を覆して3着に激走してみせた。

母のトゥザヴィクトリーにしても3歳春は重賞に手が届かず、古馬になってから重賞、さらにGI勝ちを果たしたという背景を持っている。

この時期に成長が期待される血統だけに、ローズSでも期待されるところだ。


【次のページヘ】秋華賞よりローズSで買いたいタイプ?

ページ:

1

2

Facebookもチェック!

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る