タグ:トーセンビクトリー

(C)MAZIMICKEY

ここでも4歳馬の勢いは止まらず–。

1月21日、中山競馬場でAJCC(G2/芝 2200m)が行われ、ダンビュライトが優勝した。2着は1番人気を背負ったミッキースワロー、3着に逃げたマイネルミラノが残った。

3番人気に推されたゴールドアクターは、まさかの最下位11着に終わった。勝者、敗者をわけた”分岐点”はどこにあったのだろうか? 振り返っていくことにしよう。


結果・着順

2018年 1月21日(日) 1回中山7日 天候 : 晴  馬場状態 : 良
【11R】 第59回アメリカジョッキーCC
4歳以上・オープン・G2(別定) (国際)[指定] 芝 2200m 11頭立

馬名性齢
ダンビュライト牡42
ミッキースワロー牡41
マイネルミラノ牡88
ディサイファ牡99
トーセンビクトリー牝66
ショウナンバッハ牡75
レジェンドセラー牡44
トミケンスラーヴァ牡87
シホウ牡710
10マイネルディーン牡911
11ゴールドアクター牡73

LAP 12.8-11.2-12.3-12.5-12.5-12.0-12.2-11.8-11.8-12.1-12.1
通過 36.3-48.8-61.3-73.3  上り 72.0-60.0-47.8-36.0  平均 1F:12.12 / 3F:36.35

払い戻し

単勝  7 \390
複勝  7 \140 / 3 \120 / 9 \680
枠連  3-6 \450 (1)
馬連  03-07 \460 (1)
ワイド 03-07 \220 (1)/ 07-09 \2060 (19)/ 03-09 \1730 (16)
馬単  07-03 \1120 (3)
3連複 03-07-09 \6440 (17/165)
3連単 07-03-09 \24620 (78/990)

レース分析

レースラップは以下の通りである。

12.8-11.2-12.3-12.5-12.5-12.0-12.2-11.8-11.8-12.1-12.1(36.3-36.0)

前半1000mの通過は61.3秒、600-1000mはそれぞれ12.3-12.5-12.5と緩いペースでレースが進んだ。マイネルミラノの楽逃げとなったが、少し離されてながらも逃げ馬を目標にした道中進んだダンビュライトに流れが向いた。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 ダンビュライト

スタートを決めて一時は先頭に立ったが、1角に入ったところで外からマイネルミラノがハナを主張した。内のトミケンスラーヴァに半馬身遅れる形で後続を離し逃げ馬に続いた。

1000m通過付近でトミケンスラーヴァが位置を下げ、最終的には逃げるマイネルミラノ、これを目標に3馬身差で続くダンビュライト、7-8馬身以上遅れて進むその他という体勢に落ち着いた。

4角でも先頭からは数馬身離されていたが、M. デムーロ騎手に促されると徐々にその差を詰めた。直線でマイネルミラノを交わすと後続の追随を許さず見事優勝した。

今後は大阪杯を目指す可能性についても言及されており、放牧を挟んでさらなる成長が見込める将来有望な馬である。

2着 ミッキースワロー

やや出遅れ気味のスタートでレースに入った。1角では後ろから2番目あたりに位置を取って進んだ。1000m通過付近でも後方3番手と横山典弘騎手の指示のもとゆったりと構えた。

残り1000mを過ぎたあたりからじわじわと位置を上げていき、ショウナンバッハと併せるような形で前を懸命に追って行った。

4角では3番手にまで登り詰め、楽なレースを展開した2頭に迫った。早めに仕掛けた分か、以前重賞で見せた程の切れる末脚は残っておらず、マイネルミラノを交わすのが精一杯だった。

休み明けだったこともあり、仕上げも今ひとつだった。そんな中、あの位置から2着に来たことは、地力の強さを認めざるを得ない。叩いて次走、あの切れる末脚炸裂に期待が膨らむ。

3着 マイネルミラノ

まずまずのスタートからいつも通りハナを主張する形で出て行った。しかし、ダンビュライトやトミケンスラーヴァも出足が良く、楽にハナに立つことはできなかった。1角過ぎには先頭に立ったもののここで少し消耗もあったか。

その後は特に競り掛けてくる馬もおらず、2番手のダンビュライトを4馬身ほど離して3角に入った。4角で促されたダンビュライトに差を詰められ、直線に入ったところではピッタリ後ろにつけられた。


よく粘ったものの、最後は勝ち馬のダンビュライト、後方から追い込んだミッキースワローに交わされて3着入選となった。

明けて8歳となったマイネルミラノだが、得意の展開に持っていくことができれば重賞でもまだまだ通用する力を残している。これからも楽しませてくれそうだ。

4着 ディサイファ

天皇賞・秋、JCとG1を戦っての臨戦となった。G1で結果を残せなかったことから9番人気と評価は決して高いものではなかったが、4着と惜しい競馬に終わった。

マイネルミラノとともに明けて9歳のディサイファだが、彼らの奮闘に心躍らせるファンも少なくないのではないか。古豪の復活も楽しみである。

5着 トーセンビクトリー

中団でレースを進めた。田辺騎手は、早めに仕掛けたミッキースワローからワンテンポ遅れてトーセンビクトリーを促した。前は捕らえられなかったが、上がり最速で5着に入った。

牝馬限定の重賞で再度力を発揮してくれるのではないか。

11着 ゴールドアクター

昨年の宝塚記念以来の出走となった。結果は最下位の11着に終わった。グランプリホースながら、ピークはすぎてしまったか。武豊騎手は前脚と後脚のバランスの悪さについて言及しており、怪我がないことを祈る。


(C) Arappa

6月11日に阪神競馬場で行われたマーメイドステークス(GIII/芝内回り2000m)で、3番人気のキングカメハメハ産駒マキシマムドパリ(牝5)が、2番人気のクインズミラーグロを押さえて勝利した。1番人気のトーセンビクトリーは9着だった。

勝ち馬の勝因、敗れた馬たちの敗因は何だったのか? 振り返っていくことにしよう。


結果・着順

2017年 6月11日(日) 3回阪神4日 天候 : 晴  馬場状態 : 良
【11R】 第22回マーメイドS
3歳以上・オープン・G3(ハンデ) (牝)(国際)(特指) 芝・内 2000m 12頭立

馬名性齢
10マキシマムドパリ牝53
4クインズミラーグロ牝52
1アースライズ牝56
6キンショーユキヒメ牝49
11ビッシュ牝44
9ハツガツオ牝612
2バンゴール牝55
3プリメラアスール牝57
5トーセンビクトリー牝51
107リーサルウェポン牝610
118ローズウィスパー牝48
1212ショウナンバーキン牝711

LAP 12.7-11.2-12.1-12.4-12.2-12.2-11.7-11.2-11.3-12.5
通過 36.0-48.4-60.6-72.8  上り 71.1-58.9-46.7-35.0  平均 1F:11.95 / 3F:35.85

払い戻し

単勝  10 \570
複勝  10 \190 / 4 \160 / 1 \250
枠連  4-7 \1200 (3)
馬連  04-10 \1270 (2)
ワイド 04-10 \450 (1)/ 01-10 \790 (9)/ 01-04 \600 (5)
馬単  10-04 \2600 (5)
3連複 01-04-10 \2870 (3/220)
3連単 10-04-01 \14720 (15/1320)

レース分析

まずはレースラップを見てみよう。

12.7-11.2-12.1-12.4-12.2-12.2-11.7-11.2-11.3-12.5

プリメラアスールがハナを切り、ショウナンバーキンやトーセンビクトリーが追走する展開に。牝馬限定戦らしい超スローペースにこそならなかったが、高速だった阪神の馬場状態を考えると、1000m通過60秒6は遅い部類に入る。

実際、残り4ハロンからペースがどんどん上がっていき、4コーナーではほとんどの騎手が手を動かしていた。仕掛ける位置が速かった分、最後の一ハロンでは失速。持続的に脚を使え、最後の200mで我慢できる底力のある馬が上位に来たわけだ。

出走馬勝因、敗因、次走への展望

1着 マキシマムドパリ

4番手で競馬を進めたが、3、4コーナーで仕掛けると、直線の入り口で先頭に。そのままクインズミラーグロやアースライズの追走を押さえて押し切ってみせた。まさに完勝といった内容。重い斤量を背負いながらこれだけのパフォーマンスを披露したのは、素直に実力と判断していいだろう。

2着 クインズミラーグロ

マキシマムドパリの直後を追走していたが、勝負どころで離されてしまった。最後までその差は詰まらず。やや窮屈な競馬になったとはいえ、そこまで大きな不利があったわけではないため、完敗といった内容だ。

もともと競馬がうまいタイプではないため、人気になったときは常に取りこぼしに注意したいところ。

3着 アースライズ

最内枠を生かして3着を確保した。フラワーカップ、愛知杯で馬券に絡み、秋華賞で5着になっているように、コーナー4回の中距離がベスト。今後も同じような条件で。

4着 キンショーユキヒメ

この馬もコーナー4回の条件が合う。メイショウサムソン産駒らしく、タフな条件が得意。

5着 ビッシュ

理想的なレース展開だったが、伸びきれず。馬体重420キロ程度と、かなり馬体が小さい中で55キロを背負ったことは厳しかった。ただし、馬体重が小さい場合、色々な不利を受けたり、成長力に欠けたりすることがある。

人気ほどの信頼性はないタイプ。

6着 ハツガツオ

低斤量を生かしてここまできたが……。

7着 バンゴール

絶好の展開だったが、力負け。

8着 プリメラアスール

このペースであればもう少し粘りたかった。


9着 トーセンビクトリー

勝負どころで前が開かず。前が開けたときには大勢が決していたため、武豊騎手も本気で追っていなかった。なお、それでも伸びが鈍かったのは56キロの影響があったのかもしれない。

10着 リーサルウェポン

力負け。

11着 ローズウィスパー

直線で不利。見直し可能。

12着 ショウナンバーキン

力負け。


トーセンビクトリーと武豊騎手は秋華賞よりローズSで買い!?血統馬の未来予想図

(C)Y.Noda

9月20日に阪神競馬場で行われるローズステークス(GII/芝1800m)に1頭の良血馬が挑もうとしている。

トーセンビクトリー(牝3)が今回の主役だ。父はダービー馬キングカメハメハ、母はエリザベス女王杯の覇者トゥザヴィクトリーという超良血馬は、8月に小倉で1000万条件を突破。武豊騎手を鞍上に“夏の上がり馬”として、満を持して秋のクラシック戦線に殴りこむ。

果たして、トーセンビクトリーは秋に飛躍を果たせるのだろうか?


血統背景は超一流

まずトーセンビクトリーの強みはなんといっても血統的な背景が優れているという点だろう。父はキングカメハメハ、母はトゥザヴィクトリー、兄弟には重賞5勝のトゥザヴィクトリーや皐月賞2着のトゥザワールドがいる。

近親を見ても活躍馬がズラリ。デニムアンドルビー(ジャパンカップ、宝塚記念2着)、メドウラーク(OP馬)、プロフィット(札幌2歳S2着)など、現役で活躍している馬も多い。

器は間違いなく重賞級と評価することができる。

トゥザワールドは3歳春から活躍したが、トゥザグローリーは3歳秋から力をつけてカシオペアSを勝ち、中日新聞杯で重賞初制覇を達成。迎えた有馬記念では14番人気の低評価を覆して3着に激走してみせた。

母のトゥザヴィクトリーにしても3歳春は重賞に手が届かず、古馬になってから重賞、さらにGI勝ちを果たしたという背景を持っている。

この時期に成長が期待される血統だけに、ローズSでも期待されるところだ。

【次のページヘ】秋華賞よりローズSで買いたいタイプ?

ページ:

1

2

競馬TIMESについて

keiba_times_atoz1

投稿・執筆者募集

093524

公式Twitter&FB

Twitter_logo_blue FB-f-Logo__blue_72

カテゴリー

アーカイブ

写真提供

競馬TIMESでは以下の写真家の方々にご協力いただいております

写真家一覧

※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです

ページ上部へ戻る